つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

土地のフィールド

試験のボーナス問題は先生たちのフルネームを書け、って問題。


・・・それって私には全然、ボーナスじゃない。

 

外国人の名前って難しい。

辞書にもあまり載っていないですし。
f:id:tsubakidoh:20170407192411j:image
冗談ぽく、ホワイトボードに「模範解答」が書き出され、

・・・ARE THE BESTS(=最高)♡

を、

・・・ARE THE BEASTS(=きびしい先生)♡ 

に書き換えるクラスメイト。

 

あんたがTHE BESTやわ。

 

********

 

日本校にいたときと、

今の本校の雰囲気は全然違います。

 

日本校のときはもっとレーザーが縦横無尽に走るような感覚がありました。

 

その違いは何か?

 

ディーン(校長)の違い?

バーバラが表立って出来る、来ない、の差?

 

色々な理由を考えてみて、

今年度4回目のスクーリングで何となくこういうことかな・・・と思いつきました。

 

********

スクールは校長をはじめ多くの先生とTT(スクールの先生になるためのコース)のメンバー、ASBIW(本科4年の上のコース)の メンバー「意図」設定によって場が作られています。

 

ー大勢の個性で作られた場であるー

 

これは私がBBSHをあきらめきれなかった理由のひとつです。

 

話はそれましたが、

そうやって形成される巨大なエネルギーの塊がもたらされることによって、

日本校では日本の土地のエネルギーの性質が際立ったのではないか、

だから、

本校(アメリカ合衆国)ではそのアメリカのよさが強調されていて、

日本にそのエネルギーがもたらされれば、

日本の土地の持つエネルギーの性質の良さが際立つのではないか。

 

ときに窮屈ささえ感じる日本の持つ構造的な性質が、

BBSHJのときは強力な祓えであるかのようにさえ感じられて心地よかったです。

ポジティブな面がより強く強調されたのかな、と。

 

今の時点での仮説です。

 

*******

アメリカを往復するようになってはや半年。

成田からダラスフォートワース空港までの間、

そしてその逆の場合も、

食事の時間以外は機内の照明はほとんどの時間落としてもらってあります。

 

時差が10時間ありますからね。

 

でも、

 

「そろそろアメリカ大陸に近づいて来たね」

「日本の上空付近にきているね」

 

っていうのは体感でわかります。

 

寝ぼけ眼で起きて、

ふと自分の体感に気づきます・・・

 

「?もうアメリカ大陸にさしかかった?」

「そろそろ日本列島がみえてくる?」

 

で、飛行機の個人画面で確認すると、

見事に、

その通りなんです。

 

この画面の状態だとかなり

「日本に戻って来たな〜」

って感じになります。

f:id:tsubakidoh:20170410180746j:image

 

上空はるか彼方にいても、

その国のエネルギー構造は感じられるものなのだな〜、と思いました。

 

この世のものはその体の一部としてエネルギーフィールド(所謂、オーラ)を持つように、

国土もフィールドを持つのだな、

と感じました。

 

World Homeopathy Awareness Week2017

世界ホメオパシー周知週間のまっただ中です。

40カ国でこの期間はホメオパシーのことをもっと知っていただくためのイベントが開催されるそうです。

 

この運動を盛り上げようと、

今年もチラシを作ってくださった方々がありまして、分けていただくことにしました。

片面はかわいいイラスト。

周囲には代表的なレメディーの原物質のイラストが描かれています。

フォントもかわいいですね〜。

f:id:tsubakidoh:20170412212512j:image

 

もう片面はホメオパシーのエッセンスを伝える内容になっています。

急性症状でよく用いるレメディーが対応する症状も書かれていて、

一枚、手元にあると便利なんじゃないかな。
f:id:tsubakidoh:20170412212530j:image

 

世界各国から学生が集まるスクールに所属するようになって感じたのは、

ホメオパシーの認知度の高さ。

 

授業で普通に、補完医療の代表、あるいはエネルギー療法の代表として「ホメオパシー」の名前が出て来ます。

スクールの創始者であるバーバラ・ブレナンも一時期ホメオパシーのプラクティショナーをやっていたし、著書の『光の手』『癒しの光』にもしょっちゅうホメオパシーは登場します(時には「類似療法」「同種療法」の名前で)。

 

日本人以外の学生の話を聞いてみると、

自分自身は使ったことはないけど身内がホメオパシーを使っていたり、ホメオパスだったり。

そういうことはしょっちゅうで、日本との差異に驚きます。

 

今のところは表立ってホメオパスとしての活動はしていませんが、

ひっそりと学びは継続中・・・マテリアメディカを読むのが好きなんです。

 

オルガノン」(ホメオパシーの原理書)で得た視点は今のスクールでも役に立っていますよ。

 

日本でも健康度の維持、向上のための選択肢にホメオパシーがあがる日が来るといいな。

タイムカプセル

Year2で習うヒーリングのうちで有名なのが、

アストラルヒーリングとタイムカプセルヒーリングです。

 

アストラルヒーリングはタイムカプセルヒーリングの前提ですが、

どちらも私にとってはなかなか大変です。

 

f:id:tsubakidoh:20170411181930j:image

今日はClass4が終わって初めてのヒーリングセッションでした。

 

ホメオパシーと違ってクライアント役を買って出てくださる方に困らないのは不思議です。

ホメオパシーのときに卒業のためのセッションのお相手を探すのにとても苦労しましたので、

今の状況はとても有り難いです。

 

この手の業界がまだ日本では未開拓だからかえって偏ったジャッジメントなしに受け容れてもらえているのかな、と思ったり。

 

スクールでの教えの1つのライフパルスってのがあります。

 

全ての物事、事象にパルスがある。

それは「拡大」→「静止」→「縮小」→「静止」・・・

の繰り返し。

 

スクールにもライフパルスがあるし、

今回のような実習のためのヒーリングセッションンにもそれはあります。

 

今回はその体感がシンプルで、

セッションの終わった後、

雑用を済ませて帰宅した後は早速にレポートにとりかかりました。

 

拡大した状態が続いていたのでサクサク進みます。

 

毎回、ほぼ同じ質問に答えるのですが、

前回はこの作業に1週間かかりました。

英訳して提出するまで、なんと一ヶ月も要しました。

 

それが今回は下書き段階が8割方できてしまった。

 

波=waveに乗ることができたかな〜・・・これも評価の対象ですよ!

 

 

 

世界ホメオパシー周知週間2017

ホメオパシーの父、サミュエル・ハーネマンのお誕生日4月10日に合わせて、

明日からの一週間は「世界ホメオパシー周知週間」ですよ。

 

whawj.jimdo.com

 

日本でもより多くの方にホメオパシーを知っていただくことを目的に、昨年からはじまりました。

 

発起人のうちのお一人のホームページです↓

homeopathy-tokyo.jimdo.com

 

英国でホメオパシーを学ばれて、

現在日本各地で講座やセッションをなさっています。

この方にリードしていただいた勉強会に参加したことがあって、

色々、目から鱗でした。

東京方面で開催されている勉強会も非常に魅力的な内容なのですが、

なかなか参加できないです。

 

クラシカルもプラクティカルも、

その他の流派も関係なく、

ホメオパシーでより多くの方に健康になっていただきたい、

 

そういうコンセプトが素晴らしいな、と思います。

 

著書の『ホメオパシーの薬箱』はとっても分かりやすくてかつ実用的です。

CLAMS=ホメオパスが症状をとるときの指針を使った各レメディーの解説が特徴の1つかと。

これを明確に打ち出しているセルフケア本ってあまりないんじゃないかな。

 

CLAMSとは・・・

C= concomitant、付随症状

L= location、部位

A= aetiology、原因

M= modality、好転悪化要因

S= sensation、感覚

これらの頭文字ですよ。

 

www.amazon.co.jp

 

ホメオパシーは療法として確立されて200年ほど経ちます。

これを古いとするか新しいとするかはさておき、

いまでもこの療法によって救われる人たちが世界中にいる、ということは事実です。

 

日本ではトンデモ医療の代表として槍玉にあがることはしばしばで、

ネガティブな評価もまま、目にしますが・・・

 

ちゃんと使ったら色々、助かりまっせ〜。

 

 プラセボ、って仰る方ありますが、

作用は確実にありますよ。

 

そしてその作用はかならずしも健康的な方向へ向かうものばかりではなくて、

使い方をまちがえたら大惨事です、でした。

 

前回のスクーリングで下級生が体調を崩しました。

その下級生のルームメイトのSOSがあって、

持って来ていたAinsworthsのキットを伴い、その生徒のところへ行きました。

 

症状をCLAMSでとり、

レメディーを絞って、

更に確認の質問。

 

私がその下級生の外見や周囲の人の話を参考にしながらレメディーを選んでいる様子を見て驚いていました。

世間で言われているのとは全く違って「まとも」だと。

 

この「まとも」がどういう意味かは分かりませんが・・・。

 

否定をするのも自由だし、

その逆にそれを肯定するのも自由なのですよ。

 

それを選択する自由がその社会にあるか否かってのが大事なのかな、と思います。

 

Class4の性格構造学

BBSHは全学年を通じて、

年間5回のある各々のスクーリングで5つの性格構造を一つずつ学びます。

 

 性格構造学=キャラクトロロジー(←打ち間違えではないですよ)は人間が受肉してから思春期くらいまでの間 に体験した事柄や、それの感じようによって形成される個人個人の様々な特徴をざっくり5つに分類したものです。

スクールその他ではこの「体験した事柄や、それの感じよう」を”傷”と表現していますが、そう言っちゃうとネガティブさが強調される気がしてあまり使いたくありません。

同じタイミングで同じ出来事が起きてもその体験体感は人それぞれ。

各々のその出来事に対する感受性の度合いによって結果は大きく変わりますし、

そこに感受性があるからこそ個として輝くのだと思っているからです。

 

 性格構造学は人をカテゴライズすることが目的 ではなくて、

 あらゆるもの(自分自身、他者、神聖な存在、宇宙)との関係性を癒やすためのツールだと思っています。

 

Class4で扱う性格構造は「サイコパス」。

サイコパス型の性格構造は裏切られた記憶が強く、 人を信じることが難しくなっています。

常に攻撃的で策略をめぐらしている印象があります。

 

目端が利く

とも言うことができて、

癒やしが進んでこの性格構造が良い方向に発揮されれば、

面倒見の良い親分的な存在になるとか。

サイコパス型の強い人は大きなハートをもっているそうです。

人を信じることができない状態が癒えると多くの人に愛を分け与えることができる存在になるとは、これはまさにポラリティーですね~(*^_^*)


f:id:tsubakidoh:20170406163538j:image

今、私の周囲ではスクールでの教えの取り扱いについて色々な意見が上がって来ています。

 

ある人は怒りを感じ、

または悲しみを感じている。

学校に直接訴える人もいる。

 

はっきりと表明する勇気とそれを裏打ちするスクールやスクールでの教え、

場をホールドしてきた先生たちへの敬意と愛、

そしてそれを裏切られたという思いがそこには確かにあります。

 

 
f:id:tsubakidoh:20170406163553j:image

 私はまだそこまでは行けなくて、

ただ起きていることの行方を好奇心をもって見守っているだけ。

 

ホメオパシースクール在学中にも「不信」「裏切り」の感覚をベースにして起きた出来事がありました。

 

ある学生が、

完全にスクールを卒業していない人 が 対価を得てセッションや お話し会、講座をしていると 訴えたのです。

 

それはある話し合いの場で出た、その話し合いとはちょいと テーマの違う訴えだったように思いますが、話し合いの場を一貫していたのはスクール側への不信感でした。
f:id:tsubakidoh:20170406163609j:image

今の展開も以前のホメオパシースクールでの出来事も、今週扱った性格構造の持つ悪循環パターンに似ていて興味深いです。

 

 今の状況もホメオパシースクール時代のその学生の訴えも、

そんなことは本人の裁量に任しときゃいい。

覚悟をもってやっているのだろうから ね、と私は思っていたし思っている。

 

やりたきゃその方法でやればいい。

ただ、その方法は私の好みじゃないなー、ってこと。


f:id:tsubakidoh:20170406163620j:image

スクール が終ってホテルから空港へのシャトルを待っていると、ホテルの人がコーヒーをご馳走してくれました。

早朝4時に有り難い 一杯。

大地に足を

私の周囲の人にファンが多いSOUSOUさん。

 

sousounetshop.jp

私も好きになって、 服はちょいちょい 着ています。

 

ただ、地下足袋には抵抗がありました。

 

 まだ京都に住んでいるときから存在は知っていましたが、一歩引いていましたよ。

 

ある知り合いのSOUSOUファンの方が、

この地下足袋が大地を感じるのに良い!

と仰っていてチャレンジしてみる気になりました。

 

ちょうどセールがあって、

しかも自分足のサイズにあった好み柄のものを手に入れました。

 

スクールのヒーリングで一番重要な、グラウンディングを保つことにこれが素晴らしい助けになりました。
f:id:tsubakidoh:20170404174203j:image

今までは靴を脱いで実習していましたが、それよりもこの地下足袋を履いていたほうがずっと良いです。

服も地下足袋も、スクールの同級生(外国人)にとても評判が良いです。

SOUSOUさん ファンにセラピストさんが多いと記事を読んだことがありますが、この地下足袋を履いてみて納得しました。

Class4ーArt Project

クラスの半ばにArt Project パフォーマンス組のプログラムが発表されました。

 

まだこの時点でどの曲を演奏するか決めれていません。

蘭陵王』の5分バージョンか『陪臚』かまでは絞ってあったのですけど、

どっちも好きすぎて選べない・・・。

 

予めとっておいた自分の笙といつもの龍笛さんの音に合わせて吹くのは初めてで、

しかもそれが大きなスピーカーから流れてくる状況も想像できないし、

マイクを通して吹くのも初めて。

 

それどころか、

パフォーマンスとして篳篥を人前でがっつり吹くのさえも初めてかもしれません。

いつもは神社の祭典や儀式のなかで吹いているのでパフォーマンスとはちょっと違いますから。

海外で演奏することも初めてですよ。

 

そんなんで初めて尽くし。

f:id:tsubakidoh:20170404174242j:image

 

友人たちのパフォーマンスを楽しみます。
f:id:tsubakidoh:20170404174305j:image

 チャクラカラーに合わせて作った三角錐ルービックキューブ(キューブじゃないけど)を時間内で踊りながら組み立てる、とか・・・


f:id:tsubakidoh:20170404174345j:image

くるくるまわることでふわーと持ち上がるスカートで踊る、とか。

これ、すごく重いです。

 

f:id:tsubakidoh:20170404174406j:image

 ギターの演奏。

他にミュージカルあり、

独唱あり、

ダンスあり、

演武あり、

自主制作のビデオあり、と

どれも個性あふれるパフォーマンスでした。

 

作品の展示をする形での提出もあって、

それらを見てもみんな独創的で素晴らしかったです。

 

f:id:tsubakidoh:20170404174426j:image

自分・・・もうこの衣装で出てっただけで8割方、仕事は終わったようなもんですよ、

と開き直ろうとしてみましたが、緊張して前半は息が続かず、

ようやく乗って来たら終わり。

まあ、そんなもんですわ。

 

スピーカーは観客席の方にむかっているので自分には音が届きにくいのと、

自分の吹いている音にかき消されるのとで普段よりかは随分とちぐはぐな合奏になったのも悔しいところです。

それでも笙の音をたよりに大崩れは免れましたが。

改めて、笙の役割の大切さを感じましたよ。

 

f:id:tsubakidoh:20170404191831j:image

向こう正面がクラスメイトたち・・・温かい拍手を送ってくれています。

 

はやくも来年のプランが浮上中。

ギターを演奏する同級生と三味線でコラボ、

近々、楽譜を送ってくれるみたいです。