つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

馴染む

Year3の3回目スクーリングが終わり、日本に到着したところです。 年度の始めから、自分がYear3であることにひどく抵抗していました。 Year3は神聖なるものの存在するレベルにアクセスし始めます。 宿題で問われる内容にもそれは現れていて、 神聖なスペース…

乗れるものなら

明後日、Year3の3回目スクーリングのために日本を離れます。 1/2のスーパームーンからの、 ブルームーンで、 皆既月食のブラッドムーンで、 私の周囲では、 昨年末からこの立春までの過ごし方についてのアドバイスを色々と耳にしました。 スマホのカメラにし…

半分

次のスクーリングまで1週間を切りました・・・まだ何も用意していないけど。 2年生からの編入の私はストレートに行った場合で15回、北米大陸を往復することになります。 それが次のスクーリングで半分終えたことになります。 もう半分なんだ・・・。 で、私…

セッション中に起きていること

遅ればせながら今日が今年最初のヒーリングセッションの日でした。 そして、明日はDLMの締め切り。 今日のセッションが前回のスクーリング以来で初めてでもあったので、 いま、必死に書いています。 セッションに欠かせないホワイトセージ。 前回のスクーリ…

転換

また一人、 知人が光へ帰って行った。 私は活動内容の関係で知人、と行っても相当な人生の先輩年齢の方が多い。 だからこういう機会が比較的早くからあるんだろうな、とは思っていた。 その方とは、 お茶の稽古仲間であり、 謡曲の稽古仲間でもあった。 長く…

だんだん自分

BBSHは表の看板だと 「4年であなたもプロのヒーラーに!」 なのだけれども、 多くの授業時間が心理プロセスに費やされます。 そこでよく出てくるのが、 ハイヤーセルフ ロウワーセルフ マスク これらを行ったり来たりしながら、 自分をみていくのだけれども…

じゃあ、どうしたら?

体はもともと丈夫だ、と言われるし、 病院の検査でも褒められるくらいなのに、 私は長らく原因がわからない身体的不調に悩まされてきました。 体が重い、痛い。 姿勢を保てないくらいに。 それは憑かれだよ、と教えてもらったのは3年ほど前。 それだけなら信…

大晦日のお参り

メインの仕事は30日まで。 大晦日と元日はお休みで、2日からは神社での奏楽が始まります。 普通の二連休な感じですな。 ここ数年の恒例で、 大晦日にはBBSHJの時の同級生と一緒にお伊勢さんへお参りします。 第一回目から「大晦日伊勢お礼参り」というタイ…

それぞれの道だから

クリスマスの頃、 同級生からクラス全員に宛てたメールが届きました。 もう、次のスクーリングには来ない、と。 よくあることです。 でも、辛いな。 その子は空手を習っていたとかで挨拶程度に日本語ができました。 「おはようございます」 とか、ね。 それ…

純粋な動機

損得とか、 見栄とか、 アイデンテティーとか、 そんなのを軽々と乗り越えられる、 それはそれは純粋な動機。 「もっとコミュニケーションをとりたい」 今年度のYear1には中国からの学生さんがいます。 英語はもちろん、日本語もとても堪能。 なんでも、 日…

通称・赤紙

BBSHは単科大学です。 ヒーリングを学ぶ場所で、 いわゆるスピ系ですが、 決して「なんでもあり」じゃないです。 一年生から留年の可能性はあるし、 放校措置もある。 昨年度、それをまざまざと目にしました・・・日本校の時は1年での留年はないって聞いてた…

教科書のこと

今年度から教科書が新しくなりました。BBSHが出来てから35年以上が経過し、内容を見直す必要が出てきたために(おそらくここ数年かけて、少なくとも去年1年間)改定作業が進められていたようです。 これが旧版の教科書。 新しい教科書は生徒ページからPDF形…

飛ばないように

Year3からはヒーリングの内容が人間を超えて神聖なレベルに突入します。 スクール会場のホテルはクリスマスモード全開。 そしてそれを行うのも受け取るのも人間。 今まで以上に、 体にきちんと居ることが大事になのだと、 このClass2で身を以て感じました。 …

必需品

スクーリングに楽器を持っていくのがお決まりとなりつつあります。 最初はスクーリングの間にいじれる(海外に気軽に持ち出せる)楽器が篳篥だったので、昨年度は篳篥を持って行っては朝早くに起きて外で吹いたり、 空いた時間にリードの調整をしたり。 一回…

改めて

締め切りを過ぎること2週間(おいコラ!)、 ようやくDLM(宿題)が終わりました。 書き終わったからちゃっちゃと送信! DLMを書くのに余裕があった時は、 あらかじめ英語に直すことを想定して原稿を書いていたのだけれども、 最近のはもう、あかんって。 …

なんかあったの?③ 観音様

続きです。 目下、DLMに取り組んでいるところで、 しかも締め切りはとっくのむかしに切れていると言う・・・ 現実逃避中です、はい。 ここまでのお話はこちらから↓ tsubakidoh.hatenablog.com tsubakidoh.hatenablog.com 氷雨降るなか、 外宮さん、月夜見宮…

なんかあったの?②ハイテンションで

エネルギーヒーリングは受けても行っても、 ちょっとテンションが高くなることがあります。 今回は特にそれが強かったらしいです。 そのYear1の方はこの伊勢参りの間つねづねそうおっしゃっていました。 「ちょっとハイかも」 「やっぱりハイだ」 私も自覚は…

なんかあったの?① ヒーリング練習会からの伊勢

「ヒーリングセッションの練習にお付き合いいただけませんか?」 と、お誘いいただいたのが11月の頭。 関東方面にお住いのYear1の方からです。 なんでも、こちら(近畿地方)まで出て来てくださるという。 日程を調整しているうちに、 伊勢にもお参りしまし…

エクストラで

わたくし、 学生のとき、英語は苦手な方でした。 でも、 苦手だから苦手な人の気持ちがわかる、って理由で家庭教師時代は主に英語を指導していましたよ。 史学科出身なんで日本史も指導できますけど、 苦手な人の気持ちがわからないんだよね。 論述問題の指…

高次元と筋トレ

Year3の最初のスクーリングでいちばん感じたことは、 「筋トレしなきゃ」 です。 高次元領域の突入の学年なのに、 いや、 だからこそ、 「体が資本」 らしいのです。 スキルの実践中でも、 今まで以上に「丹田グラウンディング」ができているか否かをチェッ…

ちょっとずつ

ちょっとずつ進んでいる。 ちょっとずつしか進めない。 パーン!ってワープしちゃうのは人間のやり方として王道じゃない見たい。 むしろ、 面倒なことをやるために人間やっているとしか思えない。

いまじゃない

BBSHJに所属していた7年前、 ギャラリーをやっていた親戚の知り合い、というチャネラーの卵さんに「守護霊様のメッセージ」をチャネってもらったことがあります。 そのチャネラー卵さんの年の頃は私と同じくらいで、 この業界には珍しく男性でした。 半信半…

理由があるから

「必要なことがベストなタイミングで起きる」 しばしば耳にする言葉ですが、 BBSHにいるとより肌身をもって感じます。 (もちろん、必死で努力をする前提。) 普通、授業中に眠ることはよくないこととされますが、 BBSHだと違った解釈がされて驚きます。 私…

性格構造学

「キャラクトロロジー」とスクールでは言います。 受肉〜6歳くらいまで(この期間には個人差があり)の間に個人が体験し、印象に残った出来事によってその人の性格の傾向が左右される、というもの。 「印象に残る」 とは、 ポジティブ、ネガティブ両方の性…

もしよかったら、の話

上手下手は別として、 こうやって文章を書くのはとても楽しいです。 ですから、 この日記も好きで楽しいからやるよ! ってのが第一義なのです。 加えて、 Year3になった今年度(2017~2018)からは、 日本にお住いの方で「BBSHに行きたい!」と思っておられる…

日本人学生のこと~行く理由、行かない理由~

20年ほど前は日本人クラスがあるくらいに、BBSHには日本人が多く通っていました。日本人卒業生の累計は1,000人を越えるそうです。 BBSHの看板は「ヒーラー養成の単科大学」ですが、卒業生の全員とまではいかなくとも大多数がプロのヒーラーになるか、という…

ケースプレゼンテーション

「お互いをよく知るためにケースのプレゼンをしてみませんか?」 という「招待状」が届きました、その後、の話です。 tsubakidoh.hatenablog.com BBSHのスクーリングでは毎回1授業が生徒によるケースのプレゼンに充てられます。Year1からそれは始まり、年間…

ラッキー

番外編ですが、 このClass1はラッキー続きでした。 レギュラーの授業は8:00〜17:00。 それ以外の任意の授業も含めれば、7:00〜19:00という日程が続き、 座学だけではなく時には1時間近くも中腰でのスキルを行ったり、 感情的に敏感になったりするので滞在中…

Year3スタート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクールオブヒーリング)で学んでいることの今の時点でのワタクシ的理解をまとめてみました。

新年度の準備2〜言っちゃった!

BBSHでは毎回のスクーリングで 「ケーススーパービジョン」 という授業があります。 自分がDLM(宿題)をするために行ったヒーリングについて、 疑問に思った点、 気になった点、 クラスで共有したい点をプレゼンテーションする、 ・・・というのは名目で、 …