つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

ホメオパシー-クラシカルホメオパシー

モードチェンジ

ここ数日はホメオパシーモードです。 BBSHと同時進行は無謀とは思いつつも、ホメオパシーのポストグラデュエイトコースにも参加しております。 授業は配信されるビデオ視聴で参加することも可能で(いまのところ)、 もっぱら自宅で受講しているのですが、 …

偏見なき

あるとき私が(一応)ホメオパスだと知った同級生は、 「クライアントをとっているの? それとも勉強(=研究)しているの?」 と尋ねた。 ホメオパスのあり方として、 勉強=研究ってのも、像として普通にあるんだな、と少し驚きました。 私のつたないホメ…

原点に戻る

プロジェクト(卒論のようなもの)のテーマを何にするかまだ迷い中。 ホメオパシーとBHSかな〜、 とカラー&サウンドレメディーについて調べ始めたものの、 なんか空振り感が強い。 こういうときは一旦、原点に戻ろう。 ホメオパシーをやっているときの個人的…

ボニングハウゼン先生

先日、入手した『ボーニングハウゼン小論集1』を読んでいて興味深く思ったところをご紹介〜。 C・M・F・ボーニングハウゼンはオランダ貴族階級出身の弁護士です・・・うん、フォンってついてる。 植物学者でもあり、晩年にホメオパシーに出会い、ホメオパシ…