つばき洞日記

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

enough

Class1から5週間で再び北アメリカ大陸です。 ワインが安くて美味しいです。 巨大オーガニックスーパー・WHOLEFOODSへもまたまた連れて行っていただき、 ぽいぽいっとお土産やら滞在中の食べ物を買います。 これは先輩さんに頼まれた「CELESTIAL」のハーブテ…

宵々Class2

クラスの1週間って、 ちょっと「祭」みたいなもんなんです。 浄化祭 感情爆発祭 内観祭 英語祭とHug祭(私にとっては) 祭=非日常です。 日常では一個ずつ、ゆっくり進めている「何か」を、 この1週間でぎゅっと焦点をしぼって体験します。 それらがテン…

さて次回

もうはや次のスクーリング(学校ではClassと呼んでいます)は来週の月曜日から。 明後日には出発します。 日本に居ないための準備を色々しています。 職場のこと 犬子のこと その他事務処理 人間とはほんとうにまだるっこしい。 食べ物の心配 着るものの心配…

娯楽

BBSH休学中にホメオパシー(クラシカル)の学校でお世話になり、 なんとかかんとか卒業しました。 卒業はしたもののまだまだ勉強中です。 いちばん、勉強になるのはクライアントさんにお目にかかってケースを受け取ることなのですが、 どういうわけか、 スク…

次へ

DLM(宿題)を提出してスッキリしたので外出。 まずは、三重県立美術館の特別展「石垣定哉展」へ。 地元のお隣町出身の超・有名作家さん。 絵の先生によると、 「とにかく、オーラがすごい!」 らしいです。 うんうん、 作品から出てくるエネルギーの量がと…

締め切りを過ぎること3日、 DLM(宿題)を担当教員に送りました。 今回は日本語で宿題を書きはじめたので、それを英語に直す手間を要しました。 しかし、 この手間のおかげで宿題全体をもう一度見渡すことができて、 それはそれで良かったと思います・・・…

モチベーション

宿題締め切り間近です・・・いや、今日だ。 日本語で書いた設問への答えはできていてもそれを英語に翻訳する必要があって、 目下、その作業中です。 日本語で答えるだけでも「痛い」のに、 それを英語にするときにもういちどその「痛さ」を通り抜けなければ…

向き不向き

Hands on Healingの技術を教える学校に所属していて、 宿題のためのヒーリングセッションにご協力いただける方をおおっぴらに募集しているくせに、 実は、 ヒーリングには不向きの体質です。 拾い癖が激しすぎるそうです。 人の身体に直接触れるのって、 よ…

痛み

友人知人に協力してもらって宿題のためのヒーリングセッションを行ったあとにはレポートを書きます。 カルテのようなものも作りますが、ほとんどは内観。 「そのときあなたはどう感じましたか」 「その出来事はあなたに何を想起させましたか」 「あなたはど…

DLM

絶賛、DLM進行中です。 DLM=ディスタンス・ラーニング・モジュールのことです。 宿題のことを言います。 BBSHでは大体年間に7回、宿題を提出しなければなりません。 そのうち3つめまでは新学期までに提出期限があります。 2年生の今の時点では、 指定され…

Class1音楽

和楽器もろもろを演奏しますが、 普段に楽しみのためにそれら楽器で演奏された音楽をきくことはほとんどありません。 資料として聴くことはありますけどね〜。 ヒーリングセッションのときは、 スクールで販売されているハープの音楽を流しています。 マジョ…

Class1 ~er

「このクラス(スクーリング)が終わったあとに、すぐ人生の重大な決定をしないでください」 Year1の、 最初のスクーリングの最終日に先生が我々に忠告してくれました。 当初は、 なんじゃらほい? と思っていましたが、 1年、 BBSHのサイクルを経験すると…

2016Class1 英語の問題

BBSHJのときは通訳さんがつきました。 その分、授業料は25%増しでしたけどね。 日本人の先生も数名いらっしやいましたが教師陣の大部分は英語圏出身でした。 教科書は日本語版があったので学年団に日本人教師がたくさん含まれていたために全く英語を使わず…

2016 Class1 形あるもの

今回のクラスの間に身近なものをなくしたり壊したりしました。 1つはカイヤナイトのリング。 高価なものではありませんでしたが、ここ数年はいちばん身につけることが多かった指輪です。 ダラスでの飛行機乗り換え時のセキュイティーチェックで、 検査をう…

2016 Class1 食

初回のClass1は他のClassよりも1日長く、 今年度は解剖生理学の授業を別でとる必要があるうえに編入試験も受けなければならなかったために、10泊もすることになりました。 いちばん心配だったのは食事のことです。 少しは食料を持っていくので3食とまで…

2016 Class1 所感 1

早朝のフライトでしたので空港まで父に送ってもらいました。 普段は運転手をしていて写真が撮れないのでここぞとばかりにシャッターをきります。 巨大建造物が好き。 日本的常識の塊みたいな父がようわからん業界の学校に、 それも海外の学校に行かせるとい…

2016Class1 所感 2

なんとかYear2のClass1を終えて帰国しました・・・もはや帰国して5日め。 初めての13時間の時差のせいなのか、 スクールの影響なのか、 朝は普通に起きて動けるけれども18時くらいになると急に眠気に襲われてPCの前で眠落ちすること数回・・・所謂、時差ぼ…

リターン

2009年の9月にBBSHJ(Barbara Brennan School of Healing)という学校に入学しました。 BBSHJはアメリカ合衆国で設立されて30年ほどのヒーリングスクールです。 単科大学としての認可を受けているので指定された授業をとれば大学卒業資格を得ることが出来ま…

タコ

宿題を仕上げるべくたてつづけにヒーリング。 まだまだ「ヒーリングをする人」って看板に慣れません。 日本でもヒーラー、ヒーリング、とその周辺の言葉が浸透してきてはいるけれども、 私の一部が 「おいおい、その怪しいお話はなんですの?」 と眉間に縦じ…

ルール、とか礼儀

自分の外側で起きている問題は実は自分に原因があるので、 外に解決を求めるのは問題解決にはつながらない。 人がある事象をみるときに内側で動くエネルギーは人それぞれで、 なぜ動くのか、 なぜ揺れているのか、 そこを見ていく。 BBSHではそのような作業…

バーバラ

日本ではスピ系に興味のある方なら誰でも知っている、というくらいの有名人がBBSHの設立者バーバラ・ブレナン。 著書は日本語にもなっています。 『光の手』(上・下) Amazon CAPTCHA www.amazon.co.jp 『癒しの光』(上・下) Amazon CAPTCHA 癒しの光―自…