つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

Class1 ~er

「このクラス(スクーリング)が終わったあとに、すぐ人生の重大な決定をしないでください」

 

Year1の、

最初のスクーリングの最終日に先生が我々に忠告してくれました。

 

当初は、

 

なんじゃらほい?

 

と思っていましたが、

1年、

BBSHのサイクルを経験するとよくわかることです。

 

f:id:tsubakidoh:20161106200212j:plain

 

スクールの教えの大きな柱の1つが、

 

ライフパルス。

 

命あるものは、

拡大→静止→縮小→静止→拡大・・・

のサイクルに支配されます・・・それはBBSHも同じ。

 

良い、悪いではなくて、

そういうきまりになっている。

 

BBSHのスクーリングが終わったあとは、

我々学生はかなり拡大した状態になっています。

 

いずれ、

その状態は縮小の方向に向かいます。

 

しかし、元の状態にもどるわけではありません。

 

螺旋階段をおりていくように、

以前にも見た風景を眺めながらゆっくりと深く下りていく。

 

心理面への影響は時差こそあれ、肉体へのそれとリンクします。

 

だから1年めを終えた後に何人かの親戚は私を認識できませんでした。

 

顔つきが全く変わってしまったのです。

 

そしてこのクラスの後の出勤時、

同僚さまは「私の背が伸びた」とお感じになったそうです。

 

でもそのあと元のサイズ感に戻ったらしいですけど。

 

興味深い感想でした。