つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

ホワイトセージ

ホワイトセージもお祓いの定番ですね〜。

 

元々はネイティブアメリカンたちが儀式の時に使った植物で、

多種あるセージの一種です。

 

死んだオルゴンエネルギーを空間から除去するのに使います。

 

セージの煙が死んだオルゴンエネルギーを外に出してくれるので、

お部屋の浄化の時には窓を開けて行います。

 

不燃性の容器に火をつけたセージを置いて浄化したい場所をくるくる歩き回ってもいいですし、

そのまま置いておいてもいいです。

 

容器はなんでもいいのですが、

アバロンという内側が虹色の貝を使うとより良い、とも言われています。

アバロンはいわゆるスピ系ショップで取り扱いがあると思いますが、

京都、横浜、大阪、福岡、名古屋など各地で開催されるミネラルショーに行くと大きさもいろいろ選べてなおかつお安いです。

もちろんセージも大容量で売っていますよ。

私は大概ミネラルショーでこれらを仕入れて来ます。

 

自室で使っているのはアバロンではなく近海で採れたアワビの貝殻です。

近所の魚屋さんにお願いして入手したものです。

 

この↓小さいのはミネラルショーで買って来たものです。

300円くらいでした。
f:id:tsubakidoh:20170817082134j:image

 

直接貝の上にセージを置くとすぐに消えてしまうので、

茶こしの小さいのを逆さまにして少し凹ませたものを使います。
f:id:tsubakidoh:20170817153917j:image

 

空間だけではなく、天然石の浄化にも使われています。

 

いつもお世話になっている天然石のお店では、

購入したものやゴムかえやリメイクしたものをセージでしっかり燻してくれます。

 

この時に炎が上がったり、煙が渦を巻くような様子になると、

その石には「いろいろなもの」が入っているサインだそうですよ。

 

 北米のオーガニックスーパーチェーン・Whole Foodsでもホワイトセージを売っていました。

オーガニック系とはいえ、スーパーでセージが売っていることにとても驚きました。