つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

新年度の準備2〜言っちゃった!

BBSHでは毎回のスクーリングで

 

「ケーススーパービジョン」

 

という授業があります。

 

自分がDLM(宿題)をするために行ったヒーリングについて、

 

疑問に思った点、

気になった点、

クラスで共有したい点をプレゼンテーションする、

 

・・・というのは名目で、

実際の中身は、

 

自分の内側を先生のガイドでグイグイ探って行くってのを、

公衆の面前でやるわけだ(今の私の理解)。

 

蓋を開ければそういう場なのだけれども、

単なるケースのプレゼンと思って意気揚々とその場に上がった人は、

実際のケースの話はほとんどなくて終わって、

 

なんだこりゃ?

 

ってことになるのは「Year1あるある」。

f:id:tsubakidoh:20170920214605j:plain

先日、

遅れに遅れて提出したDLMはコメントとともに返ってきました。

 

その一番最後に、

 

「お互いをよく理解するためにこのケースをプレゼンしませんか?」

 

と書いてありました。

 

ふふふ、

招待状が来ちゃったね・・・

 

でも、

なんとなく予感はあったんです。

 

だから、

「こう来たか」とも思いました。

 

このDLMが返却される直前に、

卒業生の方とお話ししていて、

 

「なんか来るな〜」

 

って予感がね。

 

で、

朝起きたら(時差があるからスクールに関する重要事項を朝イチの寝ぼけ頭で読むことになる)、

このコメントよ?

 

これは、受けてたつしかないでしょ!!

(私の「戦士な傷」が疼いて戦闘モード炸裂)

 

どうせ、

Year4になったらケースのプレゼンは皆がやらにゃならん。

 

それなら今のうちに慣れておくのもいいんじゃないか?

私はとりわけ英語に不慣れなので先生のこの提案は「渡りに舟」だわ。

 

そう思ったので、

 

「やります!」

 

って返事をした。

 

英語に不慣れなのでクラスメイトや先生のサポートは絶対に必要になるから、

それは伝えた。

 

(この「助けて!」って自分から手を伸ばすのが最近のテーマだったんだよね。だから敢えてそこんところは意識的に表現しておいたさ)。

f:id:tsubakidoh:20170828173548j:plain

今の学年は25人ほどいる。

 

それをさらに2つのスモールクラスに分けて、

その中での発表。

 

完全に守られた空間であることは重々わかってはいるけれども、

 

怖いし、

恥ずかしいし、

何が起きるかわからないし。

 

 

それでも、

「やります!」

って宣言できたのは、

去年の1年間で自分がこのグループは信頼できると思うに至ったからだね。

 

入学時から一番楽しみにしていた学年だし、

傍から見ても一番、私に「合っている」学年がYear3なんだって。

 

そこへ来て、

1回目のスクーリングからこの展開。

 

面白すぎる!

 

(でも半分は『どーしよー・・・やるって言っちゃった・・・」ってビビっているんですよ。)