つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

ラッキー

番外編ですが、

このClass1はラッキー続きでした。

 

レギュラーの授業は8:00〜17:00。

それ以外の任意の授業も含めれば、7:00〜19:00という日程が続き、

座学だけではなく時には1時間近くも中腰でのスキルを行ったり、

感情的に敏感になったりするので滞在中の物理的な環境が整っていることはとても重要です。

 

今年度からまた新しい滞在先になったので、

まずはプライベートスペースの確保を優先して、

1LDKのお部屋を予約しました。

 

チェックイン後に案内された部屋は、

3LDKタイプのお部屋。

 

英語が不自由なので予約センターにうまく私の要望が伝わらなかったのか?

 

 

(加えて、そのお部屋は前の滞在者がチェックアウト後そのままだった・・・)

 

そう思って、

フロントにとんぼ返り。

 

すると、

私が予約していたタイプの部屋がホテルの手違いで用意できなかったから、

3LDKタイプの部屋にアップグレードした、と(もちろん、料金は1LDKタイプで)。

 

f:id:tsubakidoh:20171018205423j:plain

これに始まり、

 

食料の買い出しでホテルのシャトルを頼んだ時も、

あまりの私の英語のできなさにシャトルの運ちゃんは親切に気にかけてくれるし、

 

だいたい、

ホテル到着直後で方向がよくわからない(滞在先はゴルフ場が3つ併設された巨大な敷地に大量のヴィラがあり、その中の一部のエリアの1棟に部屋はあった。)状況でフロントへの行き方さえ分からないまま外に出た時も、車で来ていた同級生にたまたま会ったのでスムーズにフロントまで行けたし、

 

アップグレードされたお部屋は他の同じタイプのお部屋よりも設備や景観も良く(角部屋、すべての部屋にバスタブ、目の前がゴルフ場)、雰囲気も良かったみたいですし。

 

帰りにホテルから空港まではUberを使うつもりでいたら、

たまたま誘われて出かけた同級生との夕食でオーランド空港の混雑ぶりを教えてもらい、その場でUberの予約を解除、同じ時間帯に空港へ行く同級生がこれまた、たまたま同席していたのでシャトルを予約してもらい、飛行機を逃さずにすみました。

 

実際にはオーランド空港は昨年度のジャクソンビル空港よりも大きい分、

セキュリティーが効率的に分けられていて(手荷物がTASロック付きのスーツケースか否かで振り分けられる)空いているゲートを通過できたし。

 

今思いつくだけでもなかなかの幸運ぶりで、

本当はもっとたくさん、

「ラッキー・・・」

と思うことがありました。

 

最後、日本国内での乗り継ぎもアップグレードされていてゆったり。

f:id:tsubakidoh:20171018205340j:plain

普通にアメリカ往復が何事もなくできるだけでも「守られている」のに、

その上にここまでラッキーが続くとありがたいわ〜としみじみ思います。