つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

ストーリー

久しぶりに神楽をご神前で歌って、

 

神楽に限らず地歌でも何でも、

歌うとき、

歌い込む過程でその歌詞を頼りにストーリーを自分なりに作っているなー、と気づきました。

 

f:id:tsubakidoh:20171124183442j:plain

そう言われれば歌詞がなくても、やっているな。

 

その作業がすんなりできた曲や、

長期間取り組んで徐々にそのストーリーが明確になって行った曲は反応が大きいです。

 

当たり前のことなのだろうけれども、

きょう、

改めてそう思ったのです。

 

”あめつちの 神にぞ祈る 朝凪の 海のごとくに 波たたぬ世を”

 

Dangerousな持ち歌は数多あって、

それらのエゴエゴしさも人間らしくて好きだけれども、

最後はこう言う心持ちに至ることができればいいな、と神楽「浦安の舞」を思い出しつつ。