つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

ぬくぬく

私は暑さに弱いです。

f:id:tsubakidoh:20171105211517j:plain

我慢しなさい、と言われればできます。

でも苦手。

一番影響を受けるのは皮膚。

暑いと炎症が出やすくなるから。

 

正直、

皮膚がどうもなかったらなんぼでも暑いのに耐えるよ。

 

真夏の京都の真ん中で、

夏物とはいえ着物で居られる。

そんな物理的なしんどさなんてどうってことない。

 

冬も薄着。

 

お風呂も長くは浸かれない。

 

でも実はそれは表面的な暑さで、

「冷えのぼせ」

の状態かもしれない、と思ったので試しに、

ベーシックな「冷えとり靴下」を試して見ました。

推奨されている時間お風呂に浸かるようにしたしね。

 

ベーシックな「冷えとり靴下」

ってのは、

絹、ウール、絹・・・の順番で’靴下を履き重ねること。

6枚重ねて効果がで始めるとか。

 

日中はやらない。

 

そこまでこだわるほどではないから。

 

完璧ちゃんだっった昔なら、日中もやっていたかも。

 

今はふんわり、適当に。

 

夜だけ、とかお休みの日だけ、とか。

f:id:tsubakidoh:20171104183923j:plain

エプソムソルトのお風呂であったまった後に靴下を履いて見ると、

なんか、すんごい良かった。

 

これって「愛」だわー

 

ぶっ飛んでるけど、そういう感じだった。

 

温めることはお祓いにも良いらしく、

睡眠の質が上がりました。

 

寒くなってきたので最近は靴下に加えて湯たんぽも投入。

電気毛布は電磁波が半端ないのと、

すごく乾燥するらしいので使いません。

 

お祓い生活に入る前は、

湯船に浸かるのが嫌

やたら薄着(真冬にシャツ一枚とか)

だったので、

温まるのはとても重要なこのとのようです。

 

ちょっと油断するとこれらの要素は、

「まあ、ええか」

って後回しになりがちです。

 

「それは本当にあなたの直感かな?」ってことです。