つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

また、ここから

BBSHJの突然の閉校後、

同級生たちがこぞってBBSHの卒業生が主催するヒーリングスクールに参加する中で、

へそまがりな私はホメオパシーの方へシフトしました・・・でも必ずBBSHには復学するというつもりで。

 

それまでもホメオパシーのセッションは受けていましたが、

受けるだけでは気が済まなくなるのが私の性分でして、

 

家から比較的近いのと学費が手頃、

という理由で京都のホメオパシースクールに入学しました。

 

私の入学当時のスクール開催会場がこちら↓

f:id:tsubakidoh:20180504231301j:image

京都の岡崎にある国際交流会館。

 

なつかしのこの会場で、

この5月から新しい学びをはじめることにしました。

 

BBSHと並行なのはいろいろと大変、と行かない理由を考えるのは簡単でした。

でも、

ホメオパシースクール時代の同級生が参加することと、

ちょうどBBSHのYear4で提出が必須とされるProject(卒論)のテーマにできるのではないか、と思って参加することにしました。

 

講師はホメオパシー界、とくにクラシカル・ホメオパシーにおいては世界で知らない人はいない巨匠中の巨匠であるジェレミー・シェア・・・とはいえ、その凄さを書ききれない未熟な自分がいますよ・・・。

 

世界の各国で3年間限定のプログラムで開催されるスクールなので、

日本で受けることができるのは今回限り。

しかも会場は京都=頑張れば通える。

 

これを逃すテはない!

 

f:id:tsubakidoh:20180504231418j:plain

蓋を開ければ会場は、またまた国際交流会館。

 

周辺は京都市内中心部に近いながらも、

周辺には南禅寺琵琶湖疏水、瓢亭、無鄰菴がある緑豊かな一帯。

 

f:id:tsubakidoh:20180504231348j:plain

鈍った(鈍るほども知識も経験もないのですが)頭につぎつぎと繰り出される刺激的なアイデアにオーバーヒートしたら、ちょっと外へ目を移して緑でリフレッシュ。

 

f:id:tsubakidoh:20180504231329j:plain

瓢亭。

f:id:tsubakidoh:20180504231407j:plain

無鄰菴へ続く道。

これからの3年間、

 じっくりとホメオパシーに取り組もう。