つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

突然、死の恐怖に襲われたら。

変な話なのですが、

 

先日、急に

 

「死ぬかも」

 

と真剣に感じてしまって、しばらく怖くて怖くて。

 

何があったというわけではないのですが、

急に「そう」感じてしまったのです。

 

「そうか、わたしは死ぬのが怖かったんだ」

 

と自分の感じようを確認しました。

 

あまりにもその感覚が長引くので、

ホメオパシーのレメディー・アコナイト(Acon.)200Cを摂りました。

 

アコナイトの現物質は洋種トリカブト

かつては暗殺に多く用いられた猛毒。

継子を殺すために使われたことから「継母の毒」の異名を持ちます。

戦国武将の伊達政宗が母親から盛られた毒もトリカブト・・・この場合は実母が盛っているのですが。

 

AllenのKeynoteには以下のような記述があります。

 

自分の病気は死に至るものだと判明するだろうと確信している;死ぬ日を予告する」

 

もうね、まさにこれ。

 

摂って数時間して気持ちは落ち着きましたが、

やはり不安で、

夜は電気をつけたまま、傍にレメディーきっとを抱えて寝る始末。

 

翌日にはなんともなくなっていて、そのかわりにお腹の具合が良くない。

レメディーが反応したのかもしれません。