つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

どんどん便利な時代

2009年にBBSHに入った頃、

先生たちがレクチャーで用いるスライドを学生たちは必死で書き写していました。

 

見るに見かねて先生が、

「スライドを書き写す必要はありません。」

と言っちゃう始末。

 

ノートをとる作業は時に「感じる」ことを阻害するから、

特にキャラクトロロジーのレクチャーでは書くことに気を取られないよに、と。

 

時代は変わって、

いまはスライドをスマホでパシャ!

 

これだけでも便利になったな〜、と思っていたのに、

さらにGoogle先生はこの写真から英文を読み取って翻訳してくれちゃう。

 

ええ時代や〜。

 

もちろん、細かいところは直して読む必要がありますが、

おおよその構造はわかります。

 

かと言って英語学習を怠る理由にはならず、

 

語彙力増強

リスニング力アップ

アウトプットの練習

 

は意識してやっていかないとね〜。

 

復学1年前からアルクヒアリングマラソンのintermediateコースからの本科(?)をやっていました。

intermediateはなんとかこなせたものの、本科はなかなか厳しかったのですが、

最近、またやり直したら、

結構、すっとできるようになっていました。

 

それでも、スクールにいるとダメダメ英語なんだけどね〜。

 

今期朝ドラの十代田八郎役の方、

海外ドラマ・ベルサイユのルイ14世弟役の口元がそっくりよ。

英語の種類はよくわからないけれども、

あのドラマで聞く英語が今の所一番好きです(ドラマの舞台はフランスなのだが〜)。

 

tsubakidoh.hatenablog.com