つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による日々の記録です

光と闇の交差点

社中勉強会のためにちょっと昔に習った曲をおさらいしています。

 

そのうちの一曲、「富士太鼓」は、お能に取材した「謡もの」で、

三絃は三下がり、箏は低平調子です・・・大方の曲は高基準なので低調絃は敬遠されがち。

三絃には替手があり、これが加わることで一層、華やかになります。

 

富士太鼓のお話は、と申しますと、

雅楽の太鼓の名手・富士ととその妻子、富士と同じく怜人の浅間が登場。

楽人の地位を求めて都に上ったのち浅間に殺された夫を思うあまり狂乱する妻に、

富士の霊が憑依。「太鼓こそが仇」と太鼓を叩き、舞ったのち恨みは晴れ、太鼓は夫の形見と太鼓を見つめて帰途に着く。

 

というもの・・・カオス。

 

怜人同士のどろどろエピソードは現実にしばしば発生していたし、それを世間は認識していたと思われる設定でもあります。

 

演奏って、結局は「できるかできないか」なのだけれども、

そこにプライド周辺のものがくっつくとややこしくなるわけで。

 

その様子を雅楽の超・有名曲「越天楽」「太平楽」「五常楽」「千秋楽」をおりまぜ描写する。

舞楽アイテム「鳥兜」は富士の形見であり妻を狂乱せしめるきっかけとして登場。

 

このようなお話なので抑揚の激しい曲調になります。

そして謡ものは登場人物が狂乱するほどに華やかになる傾向があり、これが魅力です。

 

本家の謡では富士太鼓以外の狂女ものにも何とも言えない魅力がありますね。

 

この手の演目によって、

人が誰しもが幾許かは持ちあわせる狂気願望は舞台上で安全に達成されるのでしょう。

 

個人的にはこの類の曲は、自分の芸歴上の節目で演奏させてもらったこともあって思い入れが深いです・・・「古道成寺」、「鉄輪」は本当に、好き。

 

・・・というお話をするとしばしば

 

「(要するにそういった)怨霊系の曲は同種の存在を引き寄せる」

 

とか、

 

(そのような曲の話題にさえ触れたく無い)

 

という反応を示される方があります。

 

わからなくも無い反応です。

 

なんせ人第4レベル(アストラル界)どろどろ祭り、

ロウアーセルフの大盤振る舞いなのですから。

 

しかし私はこの世界に惹かれ続けているのよね。

それらは私達人間のとても大切な要素だから。

 

それらを無いものとして光だけを求めるとき、大切な自分の一部を強く否定している。

2024年度5月授業終了

2024年度5月授業が終わりました。

 

我々のライフ・パルスはClass前からじょじょに拡張期に入り、

Class中にそのピークを迎えて、収縮に向かいます。

そして、Class後の今頃は収縮期に入る頃合い。

 

この時期は「とにかく自分に優しく」を心がけることが大切です。

 

自然の中でのんびり過ごしたいところですが、

待ったなしの現実のなかではそれも難しく、

私の場合は野菜苗の植え付けと観葉植物の株分けで代替しました。

 

 

今回のClassでYear2~4の学年で扱うテーマは「オーラル/コミュニケーター型」の防衛システムでした。

Classの始まる前、振り返れば前回のClassが終わった頃から、

自分自身がどっぷりこの防衛システムに嵌っていたように思います。

そして、学生のみなさんも多かれ少なかれ、同じような体験をしているんじゃないかな、

と想像しています。

 

特定の性格構造のエネルギー状態が強まる経験を繰り返して、

その性格構造にまつわる傷は癒えていく。

これはスクールにいる間に経験するの興味深い作用の一つだと感じています。

 

Classは終わったけれどもイベントは目白押し。

直近イベントは、

5月10日(金)20:00〜

「シーズ・オブ・ザ・スピリット 変容のための瞑想会」

 

参加費無料ですのでお気軽に、どうぞ。

 

お申し込みはこちらまで↓

tsubakidoh@gmail.com

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

Teacher Support/Training Meeting

新米Teacher(教師歴3年目くらい)のためのトレーニングを受けました。

どちらかというとサポート要素のほうが大きい内容。

 

フロリダ、カリフォルニア、オックスフォード各校の新米教師がオンラインで集まり、

Teachingの過程で経験した出来事を話し合う。

 

個人的には、フロリダ校時代の同級生3人や、

オックスフォードでのASBIW時代の同級生4人が参加していたので、なんだか同窓会感。

 

フロリダ校時代の同級生の一人はYear2のときから故国にBBSHを作るのがロンギングと言っていた。

オックスフォード時代の同級生たちも自国でのスクール設立のために頑張っていた。

 

しかしいずれも実現していない・・・我が身を顧ざるを得なかった瞬間だった。

この感覚は忘れないでおきたい。

繰り返される問い

犬子が逝ってから約3ヶ月。

 

なにが寂しいかって、

 

何かちょっといいことがあった

美しいものを見た

 

そのような瞬間の感情を伝える相手が減ったと感じること。

 

たとえば、

 

「牡丹の蕾がはち切れそうよ!」

 

などと、

 

日常に厳然と存在していた意味深い間隙を伝える対象が

「ぽか」っとなくなったことを実感するとき。

 

”仮にも一端の「ヒーラー」だから何らかの特別な措置をできた”

 

と期待されるのは重々承知していながらも現実はどうだったかというと、

そうでもないし、そうであったというところ。

 

ひたすら、

「犬子の病と死(そして生)のプロセスに付き合う」

というコミットメントに立ち戻ることの繰り返しのなかで、

外側に原因を求めて自分を失うのではない方法で駆け抜けた。

なにか特別なヒーリングスキルを用いることはなかったけれども、

このプロセス自体がヒーリングだったと断言できるので前出のまわりもった表現となるわけ。

 

ヒーリングとは何か

 

何度もこの問いにかえってくる。

 

下合わせ待ち時間にて

5月26日に予定されている演奏会の下合わせが始まっています。

演目には個人的に好きな「夏の曲」「笹の露」「楓の花」などが含まれ、

また個人の嗜好を越えて古典の名曲・ど真ん中な構成です。

「夏の曲」の手事と「楓の花」は明治期の松阪春栄の手によるものなので「明治新曲」の区分ですが、所属会にとっては超絶・重要な作品。

 

私の出演演目は「越後獅子」

tsubakidoh.hatenablog.com

 

所属社中の枠を越えてのメンバー構成ながら、お互いによく見知った間柄ゆえ、

待ち時間の雑談はたのし。

 

そこで意外な師匠のひとこと。

 

「この子(私)とはナ、曲のはなしやのうて歌詞の話、すんねん。昔からそうやねん。」

 

・・・確かに、歌詞のことをあれこれ言うてるな。

 

理由はいくつか思い当たる。

 

京地歌は音の推移に京言葉のイントネーションが反映されている。

 

しかし私は生粋の「京都人」(もしこのようなカテゴリがあるとすれば)ではないため、

ベースは関西のイントネーションではあっても、

地域柄、美濃と尾張の言葉の影響も大きく、音の推移を真に理解しているとは考えにくい。

 

この点については言っても詮方なきことながら、

伝承に重きを置いている所属会の性質上いかがなものかと思うわけで、

ついつい、「これは何を意味している言葉か」と立ち止まってしまうのは、

その言葉のエッセンスを知ってからでないと習ったように音を発するのが難しい気質のせい。