つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

ASBIW②

こちらの続きです。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

卒業直後はASBIWにいずれ行くにしても、1、2年の休憩期間を設けようと思っていました。

その1年で職探しと新しい生活に慣れてからの進学がよかろう、と。

 

ところが、新しい仕事もサクッと決まって、

おまけに前職の何倍も時間に自由がきくことがわかりました。

新しく覚えなければならないことは山ほどありますし、

私がこの業界でどこまでやっていけるかは未知数です。

 

でも、これならASBIWに行ける、と思いました。

 

それなら1年でも早くに行ってしまった方がいい。

 

BBSHは体力勝負なところが大いにあります。

それは海外渡航だから、という意味だけではなく。

少しでも体力があるうちに行くに越したことはありません。

 

f:id:tsubakidoh:20190705153347j:plain

ところで、BBSHにはフロリダ校の他に、

Year1のみのニューヨーク、バークレー

イギリスのオックスフォード校があります。

 

オックスフォード校は私が復学後に出来ましたが編入はできないことになっていました。

そのために私の PSコースはフロリダ一択だったのですが、

今度はオックスフォードの選択肢も出てきました。

 

これについては全くノーマークだったときに、

ASBIWのことをTTに相談したらば、

 

「オックスフォード校はどう?」

 

と、仰ったのです。

 

オックスフォードのASBIWをリードするのはローリー・キーンだよ、とも。

ローリーは私のBBSHJ1年生のときに2回?日本校に来ていて、

個人的にはバーバラよりも身近に感じていた先生です。

 

これを知って私のオックスフォード熱は一気に高まったのですが、

やはりフロリダ校にも未練が残ります。

 

だってさ、

まだ見知った下級生の子たちもたくさんいるし、

同級生達はほとんどアメリカ在住、フロリダ周辺在住だし。

 

迷った私は色々な形で情報を収集しました・・・どちらが適しているか。

 

飛行機の乗り換え回数、

コスト、

メンター(ことほぎさん紡喜さん)とのセッション、

友人(とは言え、凄腕のカウンセラー)との呑みに至るまで。

 

皆さん一様に、

オックスフォード推し。

 

だいたい、あなたは「フロリダ」って感じじゃない

 

とも・・・私は眩しい太陽とビーチが似合わないのか?

確かに、私は太陽に弱くて(暑いの苦手)カナヅチですよ。

 

よくよく考えれば、私は彼の国に興味を持っていたのでした。

私は緑茶を淹れるのは篳篥を吹くときだけですが、

紅茶を淹れるのは毎朝のルーティーンですしね!

 

あと、ホメオパシー言うたらイギリスやん。

 

そうか、AinsworthsやHeliosの本店にも行けるかもな。

 

f:id:tsubakidoh:20190706184856j:plain

家族は私の性分をよく理解していて、

 

「・・・行くやわ、」

 

と。

 

あと、

今は亡き地元のカリスマ(?)教育者が残してくれた言葉が効いているみたい。

 

「この子が何をやっていくかは自分にはわからないけれども、何か『これ』というものを見つけたらその方向に行かせなさい。」

 

・・・打ち込んでいるか、というと違う気がするが〜、

そして色々と着手しすぎていてエネルギーが拡散気味なのだが〜、

今の進路と在り方に齟齬が全くないです。

こんな感覚は今までなかったぞよ。

 

その地元のカリスマが私をそのように評した頃から変わらないのは、

私が大層ワガママだという点ですね。

 

かなりのピンポイントでないとエキサイトしない。

エキサイトできないことには見向きもしない。

私の狭量なツボは閾値も高いのだよ。

 

そんなこんなで、

BBSHのASBIW in Oxfordに進むことになりました(正確にいうと、Brennann Institute)。

 

・・・ってことは、また宿題の嵐だな!

 

近々、宿題にご協力いただく方の募集を告知いたします〜。

ますます、どういうものか説明するのが難しくて、

ただいま募集告知文言を考え中でございますよ。