つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

セッション中に起きていること

遅ればせながら今日が今年最初のヒーリングセッションの日でした。

 

そして、明日はDLMの締め切り。

 

今日のセッションが前回のスクーリング以来で初めてでもあったので、

いま、必死に書いています。

 

f:id:tsubakidoh:20171105211527j:plain

セッションに欠かせないホワイトセージ。

前回のスクーリングで習ったのは、

「第5レベルのスピリチュアル・サージェリー」。

 

聖なる存在がクライアントさんのその時に必要な「手術」を行う。

ラクティショナーは、ただその管になるよっていう・・・。

 

管、っていうか、

実際にこのリアルな世界でクライアントさんとコンタクトをとっているのは他でもない人間の私。

ヒーリングはいろんな意味でのコンタクト次第だから、

聖なる存在と目の前のクライアントさんの媒介をする感じ・・・かな?

実際にクライアントさんの体に触れているのは、

私というリアルな存在。

そういう状況で聖なる存在がやってきて必要なことを過不足なく行っていく。

f:id:tsubakidoh:20170920214524j:plain

今になってやっと、割と普通に言えるようになったのだけれども、

セッションのモードになっているときはフィールドが見えます。

フィールドとはいわゆる、オーラってやつね。

 もともと見えていたわけではなくて、

だんだん見えるようになってきた。

 

見えりゃあいいってもんではないし、

見える以外の感覚が鋭敏ならその感覚器で受け取る。

 

普段は矯正しているけれども私は目が良くない。

なのにその視覚がこの分野では発達しているってのが興味深い。

 

フィールドが見える、と言っても、

BBSHではフィールドを7つのレベルに分けていて、

そのうちのどれをみているかはわからないことが多いのだけれども・・・。

 

普通の時も見えるし、リラックスしている人ほど見えやすいみたいだから、

ちょっとした仕事の合間の雑談の時にめっちゃ見える時がある。

目が疲れるから知らないふりをしているけどね。

 

セッション中に受け取った情報で、

私の意識に上ってきたものをクライアントさんに伝えると、

「そんなことまでわかるの」

と、ものすごく驚かれます。

 

今までは「普通に観察していたらそれくらいわかるやん」

と思ってあまり言わないようにしていましたが、

それって自分を自分が勝手に判断していたんだわね。

 

同級生とHSP(ハイセンス・パーセプション、超感覚的知覚)の話になった時、

「フィールドは見える時があるけど、色と大きさくらいしかわからなくて、

それがどのレベルかもわからないし、そこに何か情報が見えるわけではない」

と打ち明けてみた。

 

そう、同級生にも言ったことがなかったの。

2年生になる頃にはHSPの強さなんて関係なくなってきたから。

はたから見れば不思議に感じるかもしれないけれども、

先生の皆が皆、サイキックなわけではないし、

サイキックかどうかなんて関係なくなってくる。

 

それでも、私の同級生はみんな本当にHSPが発達しているから、もっと色々見えているのだと思う。

 

だから、だろうな、

こう言ってくれた。

 

「情報はないっていうけど、たくさんそこには情報があるように聞こえるけど?」

 

結局、

「これは取るに足らない」

と捨てているのは私だったんだな。

 

同じパターンが繰り返されてる。

 

だから、

今年からはちょっと勇気を出して、

意識に上ったことは伝えてみる努力をしている。

 

そしてそれらを後押ししてくれるのは、

クライアントさんが感じたことのシェアなんです。