つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

北米土産ー文房具2ー

 camparimikan.hatenadiary.jp

 

アメリカのドラッグストア・CVSの文房具売り場でノートとボールペンを買ってみたその翌日、

今度はお向かいのPublixの文房具コーナーをチェック。

 

Publixは食料品スーパーチェーンで、

これまたスクーリングのための滞在先の近くにあります。

 

f:id:tsubakidoh:20180212190101j:plain

PANKO=パン粉。便利食材的な扱いか?

いつもは食料の買い出し目的で出かけているので、

文房具までは手が回りませんでした。

 

CVS後にネットでアメリカの文房具についてざっくり調べて、

あの3つ穴のことがわかりました。

 

日本の規格とは全く異なること。

アメリカからの書類を綴じるためにAmazonでもこの規格にあった日本製ファイルを購入できること。

アメリカ人に文房具を貸したら返ってこない場合が多いこと・・・検証済み。

 

こうなると、欲しい。

 

3穴リングファイルは日本で買うと1,000円くらい。

アメリカで買うと色々種類があって500円〜700円くらいが多いです。

 

前日にCVSで見かけた1,300円くらいの3穴専用パンチ(2穴も開けることができるらしいけど)は日本で買うと同じものが4,000円弱。 

 

専用パンチは絶対に欲しい・・・いつ使うかはわからないけど。

 

f:id:tsubakidoh:20180211175636j:plain

Publixでの戦利品。

Publixの方がファイル類が充実していました。

持ち運び用のファイル(緑色)は色々なポケットがついていて、

表紙を完全に後ろへ持っていくことができる仕様・・・これは便利。

 

アメリカ規格用のクリアファイルと、

狙っていた3穴パンチもPublixにあったよ。

 

ペンとリングノートの類の種類の多さはCVSに軍配。

 

どっちもスーパーレベルでの品揃えなので、専門のところに行けばもっと面白いものがあると思います。

 

在学中に色々みて回りたいものです。