つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

北米土産ー文房具3後日談ー

ちょっとずんぐりした北米規格のファイルを入手したものの、

今回はレフィルを買ってきませんでした・・・また重量オーバーで追加料金なんてごめんだからね。

 

軽い気持ちで買って見たわりにファイルはくるりと折り返せて便利だし、

日本の紙製品とはまるっきり逆を行くようなあの粗々しい紙質が、

かえって心置き無く文字を書かくことができて、

「いややはりちがう」と次の文字群に手をつけても、

その過程では、紙面が荒れるという理由でいちいち消しゴムで消さないから、

前に書いたものにヒントが隠れているとあとあと気づくことができたり。

 

そんなんで結構気に入ってガンガン使っているから、

付属のレフィルが次の北米渡航までにつきるんじゃないかという懸念がうかびあがりました・・・そんときはほかのものをつかえばいいんやけどね。

それに北米にいかなくなった時に日本でこの規格のものが入手できるかも気になりました。

 

ざっと、ネットで調べると、

オフィス・デポさんで買えるってあったのですが、

現時点では商品が検索で上がってこないです。

 

もう一個、意外なところで入手できるという情報がありました。

 

それが、

100均のダイソーさん。

 

ほんまかいな、と仕事の後に付近で一番大きそうなダイソーさんへ。

 

そしたら、

ありましたよ!
f:id:tsubakidoh:20180215192712j:image

上になっているのがダイソーさんで購入したリーガルパッド。

3穴があいていないだけで北米で買ってきたファイルについていたレフィルと同じ大きさ。

3穴あけパンチは買ってきたのでこれに穴をあけてつかえばいいやん。 


f:id:tsubakidoh:20180215192726j:image

このパッド、

短手はほぼA4,

長手は閉じてある部分を含めればやはりほぼA4。

だけどミシン目で切り離すと北米で買ってきたファイルの規格のずんぐりサイズになるというしくみ。

これって、A規格がさきにあったサイズなのか、

北米で一般的な規格が先にあったのか・・・A規格に合わせたサイズにしておけば運搬に手間はかからないよね・・・

などと色々と妄想を膨らまして見ます。

 

この他にも北米で見かけた黄色い紙のリーガルパッドも売っていました。

サイズはA規格のものだったと思います。

 

ついでの戦利品はふせん。
f:id:tsubakidoh:20180215192705j:image

渋い色目のとムッチャ細いフィルムタイプの。