つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

楽器持ち出し計画-2

 

My楽器=三味線の海外持ち出しにあっさり成功したのが去年の12月。

そのときのことはこちらに↓

camparimikan.hatenadiary.jp

 


調子に乗って、今度は笙を持って行ってみようと画策中です。

 

次のスクーリングは学生全員がなんらかの発表をしなければなりません。

観客の前でのパフォーマンスか作品の展示のかたちで。

 

昨年度は白衣と浅葱の袴に雑色衣装のうえに烏帽子をかぶって篳篥を吹きました。

 

これ一本しかない笙を海外に持っていくのは正直不安ですが、

私ができる楽器のなかで一番、今年の学年のテーマに近い音色なのが笙なので、チャレンジすることに。

 

もちろん、機内持ち込み手荷物として持っていくので、

まずは笙のケースごと収まるカバンを探すところからスタート。

 

笙のケースは長さが53センチ。

機内持ち込み手荷物の長手上限は55センチ。

これが入るカバンはきっと制限を超えてしまう、きっとアメリカン航空のおばちゃんに、

 

「まだーむ」

 

って言って足止めされちゃう・・・海外の航空会社で国内線は荷物制限に厳しいような気がします。


f:id:tsubakidoh:20180405213200j:image

 この状態で持っていってもいいのだけれども、

荷物はなるべくまとめたい。

 

で、「これならいけそう」と買ってみたのがこちら↓

 

https://www.amazon.co.jp/Coleman-コールマン-ボストンバッグ-3ウェイボストンMD/dp/B019IFV0C4

 

大きさ制限を超えているけれども、

布製なので中身をぱんぱんに入れないようにして、

「えいや!」

と遊び部分を縮めて持ち込むつもり・・・この厚かましさは数回のアメリカ入りで身についたよ。

 

届いたカバンに笙ケースを入れて見ると、

f:id:tsubakidoh:20180405213219j:plain

無事、収納。

よしよし。

この感じならアメリカン航空のおばちゃんも突破できそう。