つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

高尾山

地歌: 端歌もの

作詞: 久田水光

作曲: 松浦検校

 

三: 二上り→ 三下り

 

筝: 平調子→ 中空調子

 

名にし負う、その名や四方に高尾山。

実に深き色々の、木々の梢も濃く薄く、色付け初めて艶めかし、徒し心は山中の、妻恋う鹿に鳴き立てられて、少しは恥の初紅葉、身に沁む朝の霧衾、被き立てれば寝乱れ髪の、解し情けは薄紅葉、思い初めたる深谷の底の、底の心は人知れず、書いて見んにも神無月よ。

 

再び花の咲き匂う、桜紅葉の散り易き世に、松は時雨の染めかねて、蔦の紅葉を千歳の色と、枝に幾秋契るらん。見渡せば峰も麓も皆染め成して、錦を掛けし山の夕映え。

 

 とても短い曲です。

 

でも、

歌が難しいのなんのって。

 

神仙の二上りから始まるのも珍しい。

 

筝になるとさらに歌を付けにくくなるらしいですが、そこはまだこれから。

三絃で歌を入れてからのことです。