つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

DLM4

提出しましたよ、ちゃんと締め切り通りにね!

 

Year3のときは殆どがDead Line超えゆえの個人面談まで発生。

 

「君のスーパーエゴが君を”悪く”させているのか?」

 

と訊かれてしまう。

 

当時は、

「いやいや、同級生のチャットでは、

 

『今日締め切りだけど、今から始めるぜ、ウェーイ!』

 

みたいな投稿がいっぱいあるし、

 

翻訳の手間を考えたら締め切りの1週間後くらいでいいじゃ〜ん。」

 

なーんて、

考えていました。

 

今から思うと、

日本校所属だったYear1から、ずっと英語で宿題を出していたので翻訳の時間も含めての進行には慣れているはず。

 

(日本校時代は英語提出と日本語提出が約半分半分の権利を各生徒が持っていて、

そこから、英語で提出してもオッケーな生徒が日本語じゃないとだめ!な同級生に自分の「日本語提出」回と相手の「英語提出」回を交換することになっていたのです。)

 

それでも、

Year3ほど締め切りをぶっちぎった学年はなかったってことは、

 権威に盾突きまくりな私が大暴走してたと、今にして思う。

f:id:tsubakidoh:20181113180818j:plain

楯突いているときは武士な私が発動しているのか?


普段の私を知っている人は、

私は締め切りをきっちり守る方と思っているらしく、

 

いや〜、宿題の締め切りが全然守れなくって呼び出しくらったわ〜

 

と話すと、びっくりされたっけね。

 

今回のDLMは本当に締め切り通り出せるか、今までで一番危なかったです。

仕事上での制作と、

もう一つの勉強会の課題も締め切りがほぼ同時に来ていたのです。

 

仕事の方は他のスタッフのおかげで早めに作業を進めることができたし、

もうひとつの勉強会の課題も目処が立ち、やれやれ一安心です。

 

「私たちのマネジメントできない仕事は決して与えられないよ。

あなたが為すことすべてをハラにサポートしてもらいなさい。」

 

とは、今年度の私のサポートをしてくれるTT(ティチャートレーニング)のメッセージ。

 

そうだね、

いままで今週の一連の流れほど、ハラを感じたことはなかったかも。