つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

張本人になる。

Class3を直前に今日はパッキング祭りでした。

 

先日、投入し始めた加味逍遙散がいい仕事をしていて、物事がサクサク進みます。

ただし、実は体力がなくて気力だけで少ないエネルギーを燃やしていることに変わりないので、補うことも考えながらやっていきます。

 

f:id:tsubakidoh:20181208064500j:plain

次のスクーリングで私はCase Presentationってのをやります。

10人前後のオブザーバーの前で、

半年くらいの間に10回、同じ人に受けてもらった一連のセッションについて発表します。

 

1年生の頃はこれがとんでもなく恐ろしいもの、として伝わってきていましたが、

事前に提出するWrite-Upを出した今では、

不安のなのは言語だけだな、となっています・・・現場でちゃんと英語が出てくるかな〜、言いたいことが言えるかな〜っていう。

 

そのための準備は私なりにしてきたつもりですが、

いかんせん、この拙い英語力。

そこへ、自律神経の乱れからくる頭の働きの悪さ。

 

「ケースプレゼンテーションはどれも美しいものよ」

 

御歳80歳の先輩は仰った。

 

私にはその意味が半分くらいしかわかっていないと思う。

いや、もっとその割合は少ないかもしれない。