つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

Case Presentation Evaluation

Case Presentationから2日後、

ケースリーダーと個人面談&結果通知がありました。

 
f:id:tsubakidoh:20190216051443j:image

4枚1綴りの書類が手渡されます。

Write Upの方とCase Presentationについての評価の詳細が、スキル毎に記されています。


・・・おっと、一枚目はNoばっかりにチェックがついてるやんか。

 

ハナっから1回目でパスするとは思っていなかったので大して動揺せず。

 

大事なのはこれからどこにフォーカスしていくかって話。

 

追加レポートの他に受けなければならない(義務)、受けるのをお勧め(任意)セラピー(BIPセッション、Core Energetics、50/50 Work、Object Relations/Early Childhood、Pathworkその他)や、

ムーブメントのクラス(ヨガ、Deep Tissue Massage、 ロルフィング太極拳か武道、ダンス、その他)も記されています。

 

私の場合はフォーカス、探求を深めるべきレベルの指摘とそれについての実践後のレポートをA4一枚に書いて提出することと、

Pathworkの指定レクチャーを読んでレポート作成の参考にするように、との指導。

 

Pathworkのレクチャーは全てが日本語訳されていないのを先生はご存知なのか、

日本語訳が必要なら翻訳したものを渡すよ、と・・・どの生徒に対しても全力サポートしてくれるのです。

 

しかし、

私がもらった書類のスキル評価の表を見て焦りました。

スキル評価の詳細はWrite Up とPresentationに分かれていて、

どちらも数字が書いてある項目が全体の3分の1くらい・・・6割パスしてないってこと?

 

じゃあ、どうしたらいいの?

 

そもそも、Presentationは終わっている今さらどうやってそちらの点を挽回せよと?
f:id:tsubakidoh:20190216024320j:image

確認してみたところ、
何も書いてないのはパスしていて、

数字が書いてある項目は得点がよかったもの、だそうです・・・あーびっくりした。 

 

追加レポートの内容はYear1から自分が難しく感じてきたことです。