つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

今こそ響く

 久しぶりに読みました。

 最初に読んだのは中高生のころです。

その時は友人に借りて読んだので大学の時に自分用を購入。

 

当時は絵柄の細かさや世界観に惹かれてファンでしたが、改めて読むと深く納得する言葉がたくさんあります。

 

舞台設定はファンタジーなのですが、

内容は人間とは?を暗喩するもの、とわたしは理解しています。

そしてそれは今の私にクリティカルヒット

 

f:id:tsubakidoh:20190101213459j:plain

主要キャラクターである

黒呪術師・カイルのおじいさんの言葉に次の

 

人間にはもともと魔力はない それを持つ生き物を操って魔力を得る その生き物が使い魔じゃ

(電子版『辺境警備』2)

 

人の可能性を否定するつもりはありませんが、

即座に手に入る結果が目の前に現れたら、それは魔術。

 

魔術は対価をその使い手に求めるもの。

 

闇を知らぬ人間を決して信用するでない 世の暗黒から顔を背け 心の闇を直視せぬ者には 闇を乗り越えることもできぬのじゃ

(電子版『辺境警備』6)

 

こちらもメインキャラクターの一人・神官さんの言葉

 

純粋な善も純粋な悪もすでに滅び 今は人の心の中に混じり合っているのです 夜ごと変わる月のように・・・

(電子版『辺境警備』3)

 

 

 

闇と光は表裏一体。

どちらかだけを選択し続けても限界がある。

それらはどちらかのみで存在するのではなく、混じり合って存在する。

 

Year4の今だから響く。