つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

授業参観日〜Family Day②

 tsubakidoh.hatenablog.com

 こちらの続きです。

 

私を選んでくれたのはアメリカ在住の中国系の方。

娘さんがBBSHの学生のようです。

 

Chineseか?と尋ねられました・・・香港土産のヒスイのチョーカーをしていたからかな。

 

いつものセッションと同様に、不調部位を確認してヒーリングを始めます。

アスターヒーリングもハラヒーリングも受けてもらっていいよ、とのことでしたが、

今回の場合は主訴から判断して違うヒーリングスキルを使うことにしました。

 

このヒーリングの後のクライアントさんとのやりとりで、

ヒーリングに対する考え方がかなり変わりました・・・詳細を書くことができないのが心苦しいですが、そこは個人的なことになるので控えます。

 

ヒーリングを受け取る側も提供する側も尊い

 

そう感じたセッションでした。