つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

第41章~TAO TE CHING~

 

すぐれた人が道のことを聞けば、一所懸命にこれを身につけようとする。

普通の人が道のことを聞けば、半信半疑。

愚かな人が道のことを聞けば、それを笑い飛ばす。

笑い飛ばされないならそれは道とするには足らない。

格言によれば、

光への道は暗く、

進んでいく道は後退しているかのようで、

目的地に直行する道は長く感じ、

真の力は弱いものと感じられ、

潔白は汚れているように見え、

堅固なものは変わりやすいように見え、

明確さは抽象的に見え、

素晴らしい芸術は洗練されていないように見え、

最上の愛は無関心のようで、

最高の叡智は子供のようである。

道はどこにも見当たらないようで、

万物を養っている。

 

41

When a superior man hears of the Tao, he immediately begins to embody it.

When an average man hears of the Tao, he half believes it, half doubts it.

When a foolish man hears of the Tao, he laughs out loud.

If he didn't laugh, it wouldn't be the Tao.

Thus it is said:

The path into the light seems dark,

the path forward seems to go back,

the direct path seems long,

true power seems weak,

true purity seems tarnished,

true steadfastness seems changeable,

true clarity seems obscure,

the greatest art seems unsophisticated,

the greatest love seems indifferent,

the greatest wisdom seems childish.

The Tao is nowhere to be found.

Yet it nourishes and completes all things.

Tao Te Ching ~Stephen Mitchell 1988

 

f:id:tsubakidoh:20200204181353j:image