つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

武漢肺炎の影響

毎年恒例の古典伝承のための演奏会は、

今年も5月に予定されていましたが昨今の事情により開催未定に。

 

演奏会で締め切った場所に不特定多数の人が集まるのはもちろん、

その練習=下合わせでも多くの人が狭い空間に集まります。

もちろん、下合わせも含めての開催未定です。

 

鳥インフルエンザのときはマスク着用での下合わせでごまk・・・おっと誰かが来たようだ。

 

師匠はマスクを手作りしていました。

材料はお琴やさんからもらったガーゼのタオル。

「○○(おことやさんの屋号)って印刷してあるけどどうもないねん」

だそうです。

 

次回のスクーリングは3月25日から。

同級生のうち、ベニス在住の子、上海在住の子は武漢肺炎関連の規制で出席できず、

基礎疾患を持っている別の同級生も不参加の方向。

そんななか、私は参加できるとどこかで強い確信がある。

なぜか?と言われるとわからないけど、

そうとしか思えないのですよ。

 

 

tsubakidoh.hatenablog.com