つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

embodiment

少し前に、

いつも神社での奏楽でご一緒する篳篥さんが笙を習おうかな〜、

と仰っていました。

 

私は笙を持つようになってから5年後に篳篥を吹くようになった経験から、

絶賛、おすすめしました。

 

f:id:tsubakidoh:20190705153018j:plain

笙、篳篥龍笛のうちの一つに絞らなくてはならない、とのお考えもあるでしょうが、

私は篳篥の立場を知ることができて本当に良かった、と思っています。

 

笙の立場からは、

どのタイミングで篳篥が笙のサインを必要としているのかがわかります。

篳篥の立場からは、

笙からのサインに意識が向くようになります。

また、龍笛との関係についても新たな視野を得ることができます。

 

合奏しているのですから相手の音を聞いているのは当たり前、と思われるかもしれません。

もちろん、聞いています。

ただ、体感を伴った理解が加わるという点で異なった管を知ることの利点は大きいと考えています。