つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

BBSH Year1では何を学ぶのか①〜ブレナン・ヒーリング・サイエンス:理論とスキルⅠ

BBSH 日本校についての記事↓に大きな反応があり、また複数の方から直接にご質問を戴いております。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

tsubakidoh.hatenablog.com

 

いきなり私にDMするのははハードルが高いと思われる方もあると思いますので、

「もし私が入学を検討するとしたらスクールについてなにを知りたいか?」

と考えたときに思いつくことを可能な範囲で調べてこちらに書いていこうと思います、

記憶があれば当時の私の感想も併せて。

 

Year1では何を学ぶのか?

スクーリングの期間、学費の前にまず、これやわね。

というわけで、スクールカタログからカリキュラムの内容をお伝えします。

 

ブレナン・ヒーリング・サイエンス:理論とスキルⅠ

履修時間:79時間  

ヒーリング・サイエンスでは、ブレナン・ヒーリング・サイエンスとハンズ・オン・ヒーリングの基本概念を学んでいきます。Year1では私たちの身体、感情、精神面に関連する※ヒューマン・エネルギー/意識体系の第1〜3レベルに結びつく理論、働き、テクニックやエクササイズを中心に学習していきます。講義と体験学習により、学生たちは事故のヒューマン・エネルギー/意識体系の第1〜3レベルそれぞれのエネルギー・フィールドを整える方法やグラウンディング、エネルギーを感知する方法、ハイセンス・パーセプション(HSP=超感覚的知覚)のスキル、基本的なハンズ・オン・ヒーリングのテクニックを習得していきます。

  • ヒューマン・エネルギー/意識体系の機能と構造
  • ヒーリングの基本概念
  • HSP=ハイセンス・パーセプションの開発
  • ブレナン・ヒーリング・サイエンスのテクニック
  • クリニカル・ブレナン・ワーク
  • ヒューマン・エネルギー・意識体系の感知
  • スピリチュアル・ガイダンスの受け方
  • 色と音を使ったヒーリング
  • ヒューマン・エネルギー・フィールドの第1〜3レベルにおけるヒーリング

 

 

以上、「2010-11BBSHJスクールカタログ」より引用。

※(つばき洞註:いわゆるオーラフィールドをさらに詳細に分析したもの。)

 

つばき洞当時の感想:

ヒューマン・エネルギー/意識体系の働き、構造についての講義を受けたり、ブレナン・ヒーリングサイエンスにおけるハンズ・オン・ヒーリングの基礎的スキルの実習をする時間だったので「ヒーリングスクールに来たな〜」と実感する時間でした。

そもそもオーラもチャクラもよく知らなかったし、ヒーリングも受けたことがなかったので、「こういう世界があるのか〜」と思っていました。右脳的理解と左脳的理解を行ったり来たり。