つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

そんな筋肉痛〜伊勢国編①

tsubakidoh.hatenablog.com

こちらの続きです。

 

伊勢編は二見浦から出発。

f:id:tsubakidoh:20211226185856j:plain

(これは昨年お参りした際の写真)

伊勢編出発にあたり、まずは二見の海で禊をします。

ここに至るまでにも不思議なことがたくさんあったのですが、こちらは案内役としての経験を書くことに徹します。

 

メインとなる方のご報告はこちらをご覧ください↓

平原奈緒美 新しい始まりの時を感じながら....♥️

 

神聖な場所に限らず、他者のテリトリーに入るときは礼儀を尽くすことをいかに普段自分がおざなりにしているかを反省しました。

 

人々が大切にしてきた場所に入るときに名乗った上で、

「入ってもよろしいですか?」と尋ね、

写真いちまい撮るにしても「撮ってもよろしいでしょうか?」とお伺いを立てることの大切さ。

 

人として当たり前のことなのに、いとも簡単に見失ってしまう自分の弱さに打ちひしがれる一方で、この旅程の行き先の詳細を伝えてくれる方との邂逅もあり、そのありがたさに救われます。

 

そんな多次元的な場を経験したのは二見浦の次にお参りした別宮・瀧原宮。

f:id:tsubakidoh:20211226190046j:plain

内宮からは車で1時間ほどの場所にあります。

今月のはじめにお参りしたばかり。

この御神域でもお導きを賜り・・・

f:id:tsubakidoh:20211226190148j:plain

さらに教えていただいた付近の湧き水を求めて移動する途中で、今回の伊勢入りの目的を果たすべき場所のもう一箇所に行き当たります。

 

もともと相当に疑い深い性質の私が、ここまでの符牒を目撃したら信じざるを得ないな、

と感じることばかりが次々と起こりました。

惜しむらくはをれらを上手く繋げて表現できない己の貧弱な文章力よ。

 

瀧原宮を後にし、その晩は外宮さん近くの宿に滞在しました。

つづく伊勢編②では冬至にあたる翌日の旅程を書きます。