つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

「起きる」と「起こす」

今年は桜の開花の頃に寒い日があったおかげでしょうか、花保ちがよくて、ここ数年恒例のお祭りでの奏楽は桜花の舞い散る下で・・・風雅やわあ。

手元の火鉢に花びらが飛び込むと、熱された花びらから香ばしくも甘い香りがしました。

 

f:id:tsubakidoh:20220406181242j:plain

 

先日、素晴らしいヒーリングの体験をしました。

「名目」はヒーリングではなく、グループで経験する瞑想でしたが、

私にとっては大きなヒーリングが起きました。

 

ヒーリングは「起こす」ものではなく「起きる」もの。

 

そう確信した瞑想でした。

 

前回のこの会合で私に伝えられたアドバイスは、

 

「お水をもっと飲む」

 

でした。

 

これは10年以上前から言われ続けていていまだに摂取量が足りないのね、と反省(10年前はこれに加えて、

「ご飯はゆっくり食べなさい」でした)。

 

ヒーリングが「起きる」条件の一つでかつ最も大きな要素の一つは、

「そこが安全な場所であること」

だと理解していますし、これが最近の自分の追求すべきテーマやね。

 

現在、募集中です↓

tsubakidoh.hatenablog.com

tsubakidoh.hatenablog.com