つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

ホメオパシーの楽しさ

自分にとって、

ホメオパシーをやっていて楽しかったのは、

レメディーの材料になる原物質のことを知り(マテリアメディカを読む)、

そのエネルギーを感じ(プルービング)、

その可能性に開いていく(実際のセッション)過程だったので、

 

ぼたんひとつで○○のれめでぃーのえねるぎーをちょうせいできるきかい

 

みたいなものの存在は私にとっては全く魅力がないなあ。

私の思う人為=Artとはちょっと違う。

 

 

そもそもホメオパシーの原理書「医術のオルガノン」にそんなこと書いてあったっけ?