つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による日々の記録です

ヒーリングからの演奏会

早朝のシニアティーチャーによるヒーリング・デモを終えてからの演奏会。

 

自分は録画係と思っていたので着物を半分着た状態で参加しようかと考えていましたが、

やめておいてよかったです・・・予想外に私がデモのクライアント役だったのです。

 

主訴は、風邪の後の肋骨の痛み。

 

デモが終わってから着物に着替えて演奏会場へ。

今日は何年ぶり、どころか初めてレベルで上手く長襦袢が着れました、Youtube先生、ありがとう。

 

ヒーリングのおかげで肋骨の痛みからくる緊張が和らいだ体覚も確かにありつつも、

それ以上に顕著だったのは演奏中の自分の感覚の及ぶ範囲の広さでした。

 

舞台上はもちろん、会場の隅々まで容易に把握できる感覚。

いつも行うことではありますが、今日はとても楽にできたように感じています。

帰宅後もそれほど疲れを感じていません。

 

曲の出来もまあまあだったかな・・・ちょっと疾走感強めの越後獅子。

 

次は社中の勉強会目指して練習です。

富士太鼓、名取川、玉川、初秋、水の変態が課題曲。