つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による日々の記録です

名取川

村住勾当作曲

三絃:本調子→二上り→三下り

箏:半雲井調子→本調子→中空調子

 

陸奥の忍部もぢ摺り誰ゆえに 乱れそめにし思いをば せめて暫しは忘れ草の それにはあらで 我が名をば 忘れんことの恥ずかしと 袖にうつしていく道の 一人旅に名は二人連れ 慰みながら一ふしに 踊り拍子の掛け声や

(二上り/平調子)

飛騨の踊りは面白や おおそれそれよ 我が名は何と繰り返し 返しつつ 往来の人が笑うとも何の儘よさままの川 それも川辺に書きにけり

(三下り/中空調子)

いざや渡らん向こうの岸と彼の岸に 思い渡りてよく見れば 袖に跡なき濡れ衣 我は恋せぬ身なれども 浮き名を流すこの川は 名も今更に恨めしき よしや流れの果てしなき 底なる我をすくわん 川は様々多けれど 伊勢の国にては神裳摺川の流れには天照大神の住み給う

熊野なる音無川の瀬々には権現の御影を映し給えり 光源氏の古は八十瀬の川とながめし 鈴鹿川をうち渡りて 近江路にかかれば幾瀬渡るも野洲の川 そのまたあぜがぐんぜ川 そばは渕なる片瀬川 思う人によそえては 阿武隈川も懐かしや つらいにつけて悔しきは 藍染川となりにけり 墨染の衣川 衣の袖をひたしめ 岸陰や真菰の藻屑の下を押し回しねじ回し かづきあげすくいあげ 見れども見れども我が名は更になかりけり

 

〜ざっくり歌詞解説〜

忘れっぽい僧が比叡山にのぼって「希代坊」と「不詳坊」という二つの名前をもらい、

この名前を忘れないように両袖に書きつけて帰国する途中で、

ままの川で誤って袖を濡らし、名前を流してしまった。

そこで川底を探していると人が来たので事情を話すと、

「それは希代だ」と言い「不詳だ」と言ったのでその僧はようやく自分の名前を思い出すことができた。

〜〜〜〜

 

狂言に取材した曲ということもあって「面白おかしく」演奏するように、とのこと。

 

著名な東北地方の歌枕「名取川」を曲名に冠し、

名取川以外にも東西の多くの川が登場します。

 

効率性に毒された私の頭では、

 

(忘れっぽい人に2つも名前をあげたら余計に覚えられへんやん・・・)

 

とツッコむも、

歌詞にみられる「物忘れ状態」の表現の豊かさに驚きます。

 

「何かを思い出したいけれども出てこない〜〜〜」

 

という時の感覚はまさに、水底に沈んだ何かを掬うそれそのもの。

 

「面白おかしく」演奏する境地に至るにはなかなかの鍛錬を要する曲です。

 

特に箏で歌う場合、前半の「いざや渡らん」以降は名所歌枕の川が流れに乗れよとばかりに、緩急と掛け押しの連発。

手も細かいと来て、自分史上最高難度を叩き出しています。