つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

BBSH復学について〜解剖生理学講座〜

再開BBSHJは早くも2年目のClass3が終りました。

自分が学生だった頃はClass3終了=「そろそろ来年度のことを考える時期」と感じていました。

来年度に向けて考えるとき、

現役学生の方は進学を、休学中の方は復学をご検討の方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、今回は特にYear2以上の学年に復学しようと考えておられる方に向けての記事です。



BBSHではYear3に進級するまでに解剖生理学の講義をスクールが定める時間数(最低80時間)履修する必要があります。

日本国内で受けた解剖生理学の単位も、この所定の受講時間数&単位として認められますので、

医師、看護師、鍼灸師、整体師の方などは改めての解剖生理学の受講は不要です。

ただし、資格や単位取得の証明をスクールに示す必要はあります。

 

上記以外の場合はスクールが「ヒーラーのための解剖生理学講座1」を準備しており、

これを受講し、1回の確認テストでの6割以上の得点をもってYear3への進学条件を満たすことができます。

 

「ヒーラーのための解剖生理学講座1」の開講は日本校の場合、隔年開講となっており、

当年が開講年となっていますので、

もしYear2への復学を検討しておられる方は今回の開講に合わせて申し込みをしておかれると将来のYear3への進学がスムーズです・・・今年受講しておかないとYear2を修了してもYear3への進級を1年待つことになります。

 

今年度の日本校における「ヒーラーのための解剖生理学講座」は本年度Class5終了後の11月に開始。

予めのビデオ学習とオンラインの講義、対面での体験的授業が予定されています。