つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

HOLワークショップ 10/23,24無事に終了いたしました

10月 23,24日開催のHands of Light ワークショップは、おかげさまで無事に終了いたしました。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

ご参加いただきました皆様、

ご参加の検討をしていただきつつもご都合で参加見送りなさった方、

スクールトークにご参加くださったみなさま、

 

そしてもちろん、リーダーのお二人・伊藤さんと奈緒美さん、

アシスタント仲間のなるみさん、

 

聴講生としてご参加くださったBBSHの錚々たる大先輩方、

 

見えるもの見えないもの、

物質と非物質両方のかたちでこのワークショップを支えてくださった方々に感謝申し上げます。

 

Hands of Light ワークショップと、

先の8月に日本初開催となったCore Light Healingワークショップに加え、

本年中にLight Emerging(日本語版タイトル『癒しの光』)をベースにしたワークショップの開催も予定されております。

 

バーバラの著作に基づいた3種のワークショップは今後も日本語にて開催されます。

開催日程が確定いたしましたらこちらのブログでもお知らせいたしますね・・・個人的にはLight Emergingワークショップの内容もツボです。

 

さてさて、

ワークショップ後の拡張した状態からライフパルスのホメオスタシスに従って迎えることになる収縮期では、「まずは自分にやさしく」することが推奨されます。

 

良い収縮期は次にやってくる良い拡張期の到来を促しますから。

 

私は収縮期になるといつも以上に料理をしたくなり、それを自分に許します。

ワークショップ後の今日は、

昨晩の残りの「すがきや 焼ききしめん」をアレンジするなど・・・すがきや製品は東海地方民のソウルフードやでね、ついつい買うてしまいます。

「焼ききしめん」は最近の製品ですが我が家ではなかなか人気です。

これまでは「やきうどん」しょうゆ味一直線やったのにねえ。

 

野菜たっぷりで作った焼ききしめんの残りに青ネギ、粉類少々(片栗粉や小麦粉)、卵を混ぜて焼きました。

f:id:tsubakidoh:20211024194335j:plain

 

もう1品はトムヤンクン。

簡単なインスタントを使いますが、水の代わりに牛乳やココナツミルクを投入するとマイルドな仕上がりにになります(トムヤンクンにココナツミルクを使うのは別に料理名があったように思うのですが忘れました)。

タイカレーが定番メニューの我が家には各種のココナツミルクが常備されておりますので牛乳の代わりにココナツミルクを使います。

 

指定具材のエビやきのこに加えて、お豆腐を入れてみた・・・その分、ナンプラーやらで味の調節はします。

f:id:tsubakidoh:20211024194405j:plain

美味しゅうございました。

西の京をあるく

ちょっくら奈良へ。

他に目的があったのでその合間に薬師寺と唐招提寺をお参りするなど。

f:id:tsubakidoh:20211021203017j:plain

薬師寺中門をくぐった時、

この作家は、まさにこの感覚を表現したかったのだな、と。

f:id:tsubakidoh:20211022181255j:plain

ちょうど創建当初より残る唯一の建物である東塔初層が公開されていました。

こちら↓が東塔。

f:id:tsubakidoh:20211022181948j:plain

玄奘三蔵院伽藍では失われつつあるバーミヤンの仏教遺跡の写真や壁画が展示されています。

結構な面積の天井を塗りこめた群青=ラピスラズリは壮観です。

 

薬師寺から徒歩で行ける唐招提寺へ。

f:id:tsubakidoh:20211021203202j:plain

以前訪れた時は改修中だったような。

今はすっかりきれい。

 

緊急事態宣言は解除されたものの、意外と人出が少なかったのは平日なのと時間が午後2時頃という微妙さゆえか。

 

久しぶりの西の京でした。

その場所が安全なら

「その場所がその人にとって安全と感じられるなら、その人は一歩前に出るよ。」

とは、前回のClassで印象深かったチーム先生のコメント。

 

わかりきっていたこと、と思っていたけれども結局これに尽きるのよな〜。

 

前回のClassは新学年の1回目スクーリングで、

新入生にとっては、

グループのメンバーはもちろん、スクール自体にも安全を感じられるかどうかなんてわかったもんじゃない。

 

でも彼らは一歩前に出た。

 

たった4日間のスクーリングなのに・・・今年度からスクーリングは各回4日間に短縮され、Class期間中に半日のMid-Classが設定されました。

 

そうなのよ、

時間じゃないのよ。

 

何年経っても安全ではないところはそのまんまよ。

「安全に感じる感じないのは私の問題」と言われたらそれまでだけれども、

共同作業の結果じゃないのかい?とも思うのよね。

 

耳触りよく聞こえる「流れに任せて」ばかりでは肚は据わらぬ。

 

ときには抵抗してみるのもいいんと違うかなあ?それが今までとは違うやり方ならば。

何かの一里塚

「今の学校、行ってよかった思うか〜?」

(京都弁で再生プリーズ)

 

かれこれ25年の付き合いになる師匠から直球の質問。

今の学校、とはBBSHのこと。

 

師匠に出会った頃は何かを渇望していて、その何かもわからなくて、その欲求不満をぶつけるように楽器や作品に向かっていたわね。

その経験は不安定な私の身体症状に日々、あるいは刻々と対応するための動機を強くしてくれたし、社会との繋がりをもたらしてくれたよ。

それでも、「自分を全部使っている」感じはなかったし、それが気持ち悪かった。

 

師匠の、「今の学校、行ってよかったか?」の質問はこのブログを書く動機の一つでもあるのよね。

ブログのハウツー的なものによると、

誰に向けて書くのか

ってのが大事らしく、それをこのブログの場合は、

「BBSHで学びたい人」

に設定している。

これは本当に揺らぎない。

 

 BBSHがゴールではないかもしれないけれども、一里塚ではあるかもしれない。

一里塚ってね、大きいよ。

「あ〜自分はこのへんにいるのやな」ってわかることは気分が少し軽くなる。

気分が軽くなれば見える風景も変わるさ。

それが大事。

 

しばしば、BBSHの弊害的なものを語ってくださる、ある意味「親切な方」もいらっしゃるのだが、

そんなものはね、その人の問題なんですよ。

他人がとやかく言うことじゃない。

大事なのは「あなたがどう受け止めるか」なんです。

そのためにBBSHのテンプレートは準備されている。

 

さて、冒頭の師匠の質問に対して私は、

 

「行ってよかったと断言できます。少なくともこの地球で生きていてもいいかなと思えるようにはなりました。」

 

と、これまたウンド(魂の傷)丸出しモロ出しな、しかし正直な答えを。

 

「そうか〜、ならよかった。」と師匠。

 

師匠(相手)が私の答えをどう捉えようがそれは相手の自由で、

その部分を確認できているから私も正直に言う、それ以上でもそれ以下でもない。

DAIGO語化

誰に頼まれたわけでもない、

職業上必要でもない国家資格取得を目論み中。

昨年も受験したものの、さすがに3ヶ月の準備期間と本命資格との併願は厳しく惨敗。

 

昨年1勝した分は無事本命資格取得&その資格の民間資格→国家資格移行(もちろんそれを見越して取った。国家資格化したら試験の難化は間違いないから。)の手続き完了したので、

昨年落とした分を回収に行く今年はそれなりに課金したので落としたくない。

 

試験まで残りあと30日弱。

 

重要キーワードを思いついては夜中に目が醒めて我ながらウケる・・・どんな小心者やねん。

用語の画数が多すぎて「債権譲渡通知請求権」が「SJTSK」、「担保価値維持請求権」が「TKISK」とDAIGO語化している脳内。

 

来週以降イベントが続くので気合いを入れてインプット(し直し)に勤しんだ今週でしたが、記憶の容量が飽和状態になってきたので小休止。

 

明日は久しぶりの神社での秋大祭で奏楽させてもらってきます。