つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

Graduation 2022

BBSHオックスフォード校のClass5が終わりました。

奇しくも、お釈迦様が悟りを開かれたVesak Dayという特別な満月の日だったようです・・・業界の方がいろいろ言及しておられる「ウエサク」祭とはこの日のことでしょうか?

兎にも角にも、

休憩時間に見上げた夜空の雲の向こうにはお月様がいらっしゃったことは確認できました。

 

COVIDのために2年間できなかったGraduation Ceremony=卒業式も今年度は復活。

Zoom参加者約80名とリアル参加者は50人くらいでお祝いできました。

Zoom参加者の中に、日本校Year1のときのSmall Class Teacher、Year2のときのDean、Year2の時のBuddy、Year3の時のBuddyを発見したときは嬉しかったね。

 

そして、PCの画面の向こうではマスクなし、ハグの嵐、マイクも普通に使ってる。

 

Year4、ASBIW Year2、AS3の学生にとってはプログラムの修了、

他の学年の学生にとってはその1年の修了のスクーリングですので、

卒業生でなくとも特別な記憶に残るスクーリングです。

 

そうそう、Class5では各学年のYear Projectという出し物の発表も行われます。

これがまた楽しいのよ。

本当にようこんなうまいこと思いつくなあ〜、といつも感心します。

 

我が2021-22 Oxford Year1の出し物で使われた風船↓

風船を手に持っているのがYear Deanの先生で、

その風船にはその先生の顔写真が貼り付けてあります。

 

出し物の小道具にこんなん作ってくれてた↓

自分の担当する学年を贔屓目で見てしまい、

(うちの学年が一番ええやん)

と思うのは当然のことですよ。

 

でも、

本当に一番良かったよ。

 

先生方二人も、

生徒さんたちのいないところで、

 

「いや、でも本当にうちの学年が一番良かったよねえ」

 

と真剣な顔で話していたのは微笑ましや。

Graduation Week おかわり

先週末にBBSH日本校 Class2を終えたところで、

この水曜日からBBSH Oxford校 Class5=最終週に突入しました。

プロフェッショナルプラクティスコースの学生さんたちは木曜日から始まりますが、

Teaching  Teamは全体と各学年それぞれにミーティングを持ちますので、PSコースの学生さんたちより1日早いスタートです。

 

Year4, ASBIW2, AS3(←イマココ)の学生にとっては卒業式の週でもあります。

 

Year1~3の学生さんにとっても、

学年全体で企画するパフォーマンスが予定されていますのでお祭り感が増し増しのClassでもあります。

 

Teaching Teamの全体ミーティングに出てみて、

これまで昨今の感染症ゆえにオンラインでしかお目にかかれなかった先生・・・

Laurie, Sandra, Robたちが、

満を持して対面参加しておられるのを目撃すると、

 

「やっぱり、対面で参加したかったな〜」

 

と思わなくはないのですが、

 

普段なら何ともない食品に対してアレルギー反応が出ちゃうくらいに「へなちょこ」になっている様子からも、

オンライン参加はより良い選択でした。

 

BBSHの先生方のなかには複数の分校を掛け持ちをなさる方も少なくはありませんが、

そういった先生方は大概、Teaching にしてもプラクティスにしても大ベテランなのです。

 

まだAS3= Teacher Trainiee(教育実習生)の私がへなちょこに陥っても、そりゃ仕方ない。

『イティハーサ』

初めて読んだ時は古代ファンタジーとして楽しみましたが、

今はハイヤーセルフ、ロウワーセルフetcの人格構造の話としても読むことができるかも、と思い返しています。

 

全話無料ですってよ。

www.sukima.me

Wikipediaの解説を読んで、

「スピリチュアル」の定義がますますわからなくなったよ。

たて・よこ

BBSH日本校 Class2が終わりました〜

からのBBSH Oxford校 Class5参加のために、

昨日午前中に結婚式奏楽を終えてから羽田に向かい、

一泊して本日9:00amのフライトでヒースローに向かう予定でした・・・がやめました。

 

Class2に入ってから犬子のもともと持っている症状がちょっと怪しくなってきているのが理由。

すぐに命に関わることはないのですが、何かあった場合の決断の遅延は全くよろしくないはずです。

彼らは時に我々人間と全く異なる規律に従って肉体が変化するようで、

その様子を目撃した経験からもこういう時はなるべく近くにいた方が良いです。

 

そして前々日のフライトキャンセルにも関わらず全額返金されたのには驚きました。

昨今の世界情勢によりフライトスケジュールが大幅変更されていたので、

本当の理由はどうあれ、キャンセルする人に対しては全額返金することになっている模様。

日本校 Class2の最終日には諸々を自分で抱えきれなくなって少しおやすみをいただいた挙句、

Teaching Teamのみなさんだけではなく、生徒さんからもサポートを頂いてしまった。

 

過剰なお世話焼き過ぎ、世話焼きさん役に没入して自爆・・・

はい、私自身がオーラル/コミュニケーター週にどっぷりはまっておりました。

 

あっちもこっちも自分一人で処理しようとして、

結局あらゆるレベルにその「強制の流れ」ゆえの歪みが現れていたので、

犬子のことがなくても渡英しない選択は正解だったと感じています。

そして当の犬子は獣医さんに診てもらった結果、治療方針を再検討して様子見中。

 

オーラル性格構造を「コミュニケーター」と言い換えるとき、

あくまでもこの性格構造が、

本来のエッセンスの表現であるところの「他者とのコミュニケーション」を歪んだかたちで用いている状態がオーラル型の防衛となって表現されているのだということに気づきます。

 

本来の質であるコミュニケーションを提供するかわりにそこから撤退するまでには、

提供しても提供してもその魂が望むような形で受け入れられなかった経緯があったように感じられます。

そしてその結果、「自分一人でやってやるわい」となっているのではないかな。

 

1ミリでもその善なる質であるところの「コミュニケーター」の場所に開くことができれば、

それを生かして他者との共同創造の素晴らしく美しい花を咲かせることができるのに、そのことをすっかり忘れてしまっている。

 

どの性格構造も本来の質から離れてしまった状態を示しているに過ぎなくて、

それはとてももったいないことですよ〜、ってところを忘れないようにしたいです。

クラーク先生的な

「少年よ、大志を抱け」

ならぬ、

「ヒーラーよ、湯船に浸かれ」

 

日毎に気温が上がっていくこの時期、

ズボラで暑がりの私は湯船をスキップしてシャワーだけでお風呂時間を済ませがちですが、

易きに流れることの結果は明白でして、

もう何度目かの反省をもって湯船に浸かります。

 

生来、皮膚が弱いので風呂温度は低めの38度設定。

敏感肌さんはもう少し低め温度での入浴がオススメですが、

この時期の私的妥協点はこの温度で15〜20分入浴です。

 

お塩を入れるとなおよし・・・これも敏感肌さんは調整が難しいところです。

 

BBSH日本校2年目はClass2の最中ですが、

もう一方の私の所属校・オックスフォード校は来週の半ばからClass5(最終週)が始まりますので、そちら関連のやりとりも増えてきています。

 

学校関係だけではなく、

自分の旅程に関わるあれこれの事務作業は、

COVID-19もさることながら昨今の欧州情勢も相俟って処理事案満載です。

 

恐ろしいことに、

来週半ばの羽田発ヒースロー着のフライトの出発時間が、2時間早められました

 

そもそも、出発時間を早める、ってのがいかがなものかと。

どう考えても無理ゲーな人(地方空港からの乗り継ぎ組み)が続出必至・・・そして私もそのうちの一人でして、

一応の代替便の提示はあったものの、

それにしても東京羽田付近での前泊は避けられないのですよ。

そして、そのための保償はありません。

 

明日も塩風呂確定。