つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

グループ

ながーいClass1が終わりました・・・プッシュ〜。

時差の関係で1日5時間×7日間。

日本は21:00〜翌2:00、上海の同級生は1時間遅れて20:00〜。

一方、アメリカ西海岸の子は5:00〜。

13:00〜や14:00〜のヨーロッパ組が羨ましい。

f:id:tsubakidoh:20200904171029j:plain

これはグループ・観音。


 

クラスの途中から新メンバー加入で、グループは先生3人と14人の生徒という、いい感じの規模になりました。

ASのプログラムにはグループプロセスのリーダートレーニングが含まれていて、

これはAS2で重点のおかれる部分でもあります。

昨年度のグループは規模が小さかったのでAS1でもグループリーダー役がまわってきましたけどね。

 

グループプロセスって何?

についてはまた別に記事を立てて書きます・・多分。

 

「クライアントとプラクティショナーの一対一のセッションもいいけど、

グループセッションには独特の良さがあるのよね〜」

 

と、以前お世話になっていたBIPがおっしゃっていたのが今更になってじわじわ感じられてきたところです。

 

独特のダイナミスがあるのですよ。

 

ただ、「グループの良さ」を感じるにはある程度の規模が求められ、

昨年度の規模はちょっと小さい。

かと言って大きけりゃ良いという訳ではなく(とりわけ新米リーダーの手には余る)、

10〜15人の構成がファシリテーターとしても参加者にしてもいい感じらしいです。

 

自分の英語の拙さは重々承知で参加しているものの、

同級生のシェアを聞いて「あ〜、その微妙な差が理解できていたらな〜」と勿体無く感じるともしばしば。

自分の発言に「?」マークが飛んでいるのを感じることもしょっちゅう。

それでも先生とグループのメンバーは優しくて、

補足してくれたりポジティブなフィードバックをくれるのだ・・・「私を甘やかさないで〜」などと冗談を言っています。

 

 

tsubakidoh.hatenablog.com

tsubakidoh.hatenablog.com

 

《BHSセッション》令和2年・10月ご予約可能日

6月以降、順次対面セッションを再開しております。

今後の COVID-19の感染状況の推移によっては急遽、対面セッションをお休みさせていただく場合がございます。

対面セッションにおきましては、

ラクティショナーの手洗い消毒の励行とマスク着用、

施術に使用するベッド、椅子、ドアノブなどのアルコール消毒、ヒーリングルームの換気、

を行ってまいります。

 

f:id:tsubakidoh:20200831174421j:plain

以下、セッションについてのお知らせです。

********

BHSセッション(有料、対面セッション) 

のお申し込みを受け付け中です。

 

・ご希望のセッション会場

・セッションメニュー(どれを選んだらよいか分からない場合はご遠慮なくご相談くださいませ)

・ご希望日時の候補を3つほど

 

お知らせくださいませ。

 

このブログのメールフォームをお使いいただくのが便利です。

あるいは、

tsubakidoh@@gmail.com

まで(@を一つ、外してください)。

 

********

10月ご予約可能日;

2日(金) 

3日(土)

5日(月)

6日(火)

7日(水)

14日(水)

15日(木)

16日(金)

 

19日(月)

20日(火)

24日(土)

29日(木)

30日(金)

31日(土) 

 

準備の都合上、1週間ほど前までにご希望日時をお伝え頂けますと助かります。

※印のついた日以外のセッション会場は桑名or名古屋です。

 

 ********

お手数ですが詳細につきましてはこちらの記事をご覧ください。

tsubakidoh.hatenablog.com


 

*******

BIWセッション募集〜令和2年・10月〜

BIWプラクティスセッションにご協力いただける方を募っています。

 

f:id:tsubakidoh:20200717233319j:plain

BBSH ASBIW所属の生徒によるセッションですので、このBIWセッションは無料でのご提供となります。

1時間の間にご自身がそのとき心に思うことをお話しいいただくのが主となりますので、

対面とSkypeなどのアプリケーションの利用の両方の形態をお選びいただけます。

 

 でも、

「BIWセッションとはなんぞや?」

と思われるかもしれませんね。

 

そこで!

実際に自分が受けているBIWセッションでもBIPたちにこの質問をしました。

 

結果、答えは人それぞれ。

 

1年間このBIPとして成長するためのトレーニングを受けてきて明確になったのは、

「BIWセッションの目的はクライアントさんの問題解決を目的としていない」

ということです。

 

「問題解決」

ではなく、

「問題に見えているものに対する異なった、新しい見方を一緒に探すこと」

が、敢えて言うならばの目的です。

 

この「新しい見方を一緒に探す」ときにBBSHで学ぶ各スキルを総動員します。

 

でも、

「何か問題があるから」

から入る必要はありません。

セッションの場でふと思いつくことをお話しくださって、

そこから何かが始まることも往々にしてあります。

ご自分のためだけの安全な時間と空間を持っていただけるよう努めています。

 

  • 「問題解決」ではなく、「問題に見えているものに対する異なった、新しい見方を一緒に探すこと」
  • 安全な時間と空間の提供

 

これらはBHS(ブレナン・ヒーリング・サイエンス)のプラクティショナーが提供するヒーリングと共通する要素です。

あるBIPが「BIPとはなんぞや?」の問いに「ヒーリングですよ」と答えてくれたのはこの理由からかもしれません。

 

以下、セッションについてのお知らせまとめです。

********

・BIWセッション(学生による提供のため無料Skypeなどを使ったオンラインセッションもご提供できます)

 

のお申し込みを受け付け中です。

 

・ご希望のセッション会場や方法

 

・ご希望日時の候補を3つほど

 

お知らせくださいませ。

 

このブログのメールフォームをお使いいただくのが便利です。

あるいは、

tsubakidoh@@gmail.com

まで(@を一つ、外してください)。

 

********

10月ご予約可能日;

2日(金) 

3日(土)

5日(月)

6日(火)

7日(水)

14日(水)

15日(木)

16日(金)

 

19日(月)

20日(火)

24日(土)

29日(木)

30日(金)

31日(土) 

準備の都合上、1週間ほど前までにご希望日時をお伝え頂けますと助かります。

※印のついた日以外のセッション会場は桑名or名古屋です。

 ********

 

万歳!

いつもキラキラしとるわけやないからね。

いつもラッキーとか、ポジティブとか 、感謝、とかあらへんよ。

 

ええ気持ちを見ている貴方はどこにおるんやろね?

f:id:tsubakidoh:20200917025806j:image

二元性って便利なツールよ。

ツールはあくまでもツールやから、使うものであって使われるものではないってだけでね。

 

光を見つけたら影も見つけ、影を見つけたら光を見つけることができるツール。

 

デッサンで喩えると、

白い画面に描いていくときは光を表現するために影を強調するのね。
f:id:tsubakidoh:20200917025756j:image

「なんか嫌な気分」

 

そう感じた時点で万々歳だと思う。

 

そしてそう感じたら、あなたのその感覚と一緒にいてあげてね。


「一緒にいる」ことと、

便利で典型的な「いい気持ち」の作用を借りてあなたの「なんか嫌な気分」を自分の中から放逐することは全く別物ですもの。

褒められて伸びる子

ASBIW二年目、始まりましたー。

 

蓋を開けてみると、新加入メンバーが先生1人も含めて9人、全員合わせて16人。

昨年度は先生2名を含めて8人のグループだったので随分な増えっぷり。

新型コロナの影響でオンラインでも参加可になったのが大きな要因と思われます。

 

フロリダ時代の元同級生もいて、

最初のBIWセッションでパートナーになりました。

オンラインの場合、先生がブワーーっとコンビを作っていくので、偶然かな。

 

一通り、お互いの役割を終えたところで、

「Your English is good.」

いただきました。

 

実際は全然なんやけど、

彼女は

初極米大陸上陸&初日本人以外グループでワタワタしてたYear2と、

抵抗しまくりで引き篭っていたYear3当時の私しか知らない=Year4になってクラス内のマイク争奪戦に勝利する私を知らないので、そう感じたのかも。

f:id:tsubakidoh:20200902203157j:plain

劇的に発音が上手くなったとか、

語彙力が上がった、ってことはないのよ・・・一応、勉強は続けておるが。

でも、ちょっとの前進を見逃さずに褒めてくれるから、表現することへの恐れが減じられるよ。

「えいや」と踏ん張って、それを褒めてくれるんだから、「もっと頑張るで〜」ってなるわさ。

 

だからね、

「自分が言いたいことはこれ!」っていうものをがっちり捕まえて、

英「借」文のトライ、トライ、トライ。

エラーはとりあえず気にしない。

 

子供っぽいかもしれないことではあるが、

承認欲求のような原始的な衝動は、使いようによっては自分の望みを叶えるためのガソリンになるよね。