つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

これは・・・良い!

オーラソーマの名前は知っていても手を出さないで来ました。

 

これ以上着手するものを増やしても・・・っていうのがありまして。

 

ちょっと取り入れてみる

 

で始めたものが、

 

今までの自分の行動パターンから鑑みるに、「ちょっと」では気が済まなくなるから。

 

面白い!

と思うと仕組みを知りたくなりませんか?

 

私は知りたくなっちゃう。

 

最近、周囲の人がよく使っているのを見て、

お誕生日で決まるバースボトルを取り寄せてみました。

・・・フィジカルレスキューですって!

解説をいろいろ読みましたが、

 

「あんたはね、結局、人間なんやから。」

 

そういうボトルと勝手に解釈した!

 

一緒に対応するポマンダーとクイントエッセンスも取り寄せました。

f:id:tsubakidoh:20180420185805j:plain

まずは祭壇において「使うぞ」の意図立て=気合注入。

 

今回のスクーリングにも手荷物にいれて3種類とも持ってきました。

 

ポマンダーとクイントエッセンスがいい仕事をしているようで、体がとてもラクです。

お手洗いにいったときにフィールドを撫でると、

リセットされた感じがするんです。

 

今まで気づかなかったですがぎゅうぎゅうの飛行機で思っていた以上に疲弊していたんですね。

 

10時間の時差を超えて、

はるばるアメリカ大陸に上陸したうえに、エネルギー&心理的ワークをするわけですから、

体は疲れるよね。

 

今まで好き好んで(マゾっ気)ホメオパシーの激しいのばっかりやってきたので、

オーラソーマの優しさがよくわかります。

 

ほんと、やさしいよ。

 

時差ボケ対策

日本とアメリカ合衆国東部時間とは10時間の時差があります。

 

よく展開される会話例;

「日本、今なんじ?」

 

「〇〇時、夜中の。」

 

「まるっきり逆だね!」

 

極東日本からだと、

行きは時間を逆戻り。

帰りはどんどん時間が進む。

 

ぎりぎりまで仕事をして、

帰ってきてからも翌日からフル出勤のことがほとんどなので、

時差ボケ対策は必至です。

 

去年度は緊張のせいか、時差ボケがない1年でした。

ただ、体感がなかっただけで、身体には負担をかけていたらしく、

夏休みには皮膚症状が大爆発しました・・・まだ皮膚にでるだけ軽症なのですが。

 

それが今年度になってから、

帰ってきてからの時差ボケはないものの、

向こうで夜にほとんど眠ることができません。


対策として、

ホメオパシーのレメディー「Cocc.」200Cを、

旅行中に4時間おきに摂っていたのですが効果なし。

不眠状態に「Passi.」を摂っても不発。

 

クラシカルホメオパスとしてはシングルレメディー・ミニマム投与にこだわりたいところですが、ここは背に腹はかえられぬ・・・コンビネーションに手を出してみます。
f:id:tsubakidoh:20180420151739j:image

iHarbで買いました。

Arn.6X

Chin.12X

Tab.6X

Cocc.12X

Coff.6X

のコンビネーションだって。

他の商品で、Nux-v.が入っているのもありました。

 

むっちゃ物質レベルのポテンタイズ。

 

しかもなかなかのバニラフレーバーが施されている・・・レメディー的に大丈夫なのだろうか?

 

明日からの渡米で試してみます。

 

*この記事に登場したレメディーたち*

Cocc.(コキュルス)・・・乗り物酔いのレメディーとして有名。

Passi.(パッシ)・・・時計草からつくれられる睡眠障害のレメディー。

Arn.(アルニカ)・・・外傷へのファーストエイドレメディー。飛行機での長距離移動時に摂るのもよいとされる。

Chin.(チャイナ)・・・「敏感病」レメディー。胃腸に症状があるのが特徴。ホメオパシーの父・サミュエル・ハーネマンが最初にプルービングし、彼自身の最類似レメディーとも言われる。

Tab.(タバカム)・・・タバコのレメディー。

Coff.(コフィア)・・・コーヒー豆から作られるレメディー。不眠対策。

 

人間だから③

人間だから①

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

人間だから②

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

のつづきで最後です。

 

それぞれの性格構造は生誕前~誕生時に形成される「スキツォイド型」から順に、各スクーリングで学びます。

Class1:スキツォイド型

Class2:オーラル型

Class3:マゾキスト型

Class4:サイコパス

Class5:リジット型

 

f:id:tsubakidoh:20180412214002j:plain

私が「上手くできたプログラムだなー」と思うのは、スクーリングの開催時期とその時に取り上げる性格構造の組み合わせです。

 

オーラル型の性格構造は幼児期に形成され、

栄養の摂取が主なテーマになっています。

この性格構造が強い人は飢餓に苦しんだ過去世を多く持っていると言われています。

エネルギー的にも自分で供給するのが苦手で、相手から貰おうとする傾向があり、

「貰う、与える」

の両方が苦手です。

 

ここ性格構造を学ぶのは毎年12月。

世間はクリスマスムードに満ちていて、

健康的に

「貰う、与える」

を現実社会で実践する雰囲気が整っています。

 

スクーリング中もクリスマスのイベントと儀式が準備されていて、学生たちは思いっきり貰うし与える、の練習をします。

f:id:tsubakidoh:20171215130305j:plain

サンタクロースに扮した先生のひとりに、自分が心から欲しいものをそっと伝えると、

それがもたらされる証しとともに各々にメッセージが与えられます。

同じ会場では、クリスマスを親しい人と過ごすことのできない児童施設の子どもたちに手作りのメッセージカードを作ります。

f:id:tsubakidoh:20171215130337j:plain
 (もちろん、学生全員がクリスチャンではないので、そこのところは配慮がありつつすすめられますよ。)

 

他の性格構造もスクーリングが開催される時期やスクールでの行事と密接に関係あるようです。

私はオーラル型とサイコパス型が強いので、Class2と4ではカリキュラムの妙を感じやすいです。

 

こうやって4年間、

スパイラルを上昇、あるいは下降しながら、

拡大→静止→縮小→静止・・・のライフパルスを繰り返し、

そのなかで統合していくのには時間がかかるのです。

だって、人間だもの。

鷗游舎・体験マルシェ

先日の4月12日に、

三重県菰野町の古民家・鷗游舎(重盛邸)で開催されたマルシェに参加してきました。

f:id:tsubakidoh:20180412214030j:image

 これ、大伯父がモチーフに使った門だったと思う。

 

10年くらい前の今頃、私は会場となった大広間で「古道成寺」のアストラル界のドロドロ世界観を展開していたんだから・・・

というのは、京地歌メインでまさかの単独演奏会という無謀極まりないイベントを2回もさせてもらったんですね、それも前途有望な従姉妹の作品展とともに。

 

私、「道成寺」「富士太鼓」「鉄輪」などの怨霊系の曲が得意なんです。

曲調も音程もノリも全部私向きなので、

「ここ一番!」ってときは怨霊系なんですわ。

 

ちゃんと(?)バランスをとって、その演奏会では「浦安の舞」を子供たちに舞ってもらいました。

 

・・・閑話休題

まさかここでヒーリングでイベントに参加するとは・・・人生何が起こるかわかったもんじゃない。

 

しかしその種は私がどこかで蒔いたものなんだろうな。

 
f:id:tsubakidoh:20180412214016j:image

 会場は20畳の大広間は、

関東の大工さんが作ったから畳の大きさとか雪見障子とかのいろいろが関東風なんだって。

 

近くのブースだった主催者のマジェンタ 美奈子さんや、はるばる遊びに来てくださったBBSHの先輩が呼び込みをしてくださって、

結局、10人!もの方にヒーリングを体験していただきました。

 

ちょっと前なら3人で限界だっただろうところ、

日頃のスクワットのおかげと、

途中に受けた出店者のお一人の大塚先生

の整体で私の太ももはなんなく乗り切った!

 

大広間には他のブースのあるので、

気を遣っていただいて衝立を借りましたが、

それほどプライベートな空間は確保できないのでキレーション(全身のエネルギーの流れを整えるスキル)をメインのメニューにしました。

それでも、エネルギーの満ちかたや身体感覚からの情報と、

その方の言葉で教えてもらう情報で自分のなかに多くの症例が増えました。

 

で、

おいしかったのが、これ!

f:id:tsubakidoh:20180412214041j:plain

山小屋カフェ・ピーターパンの森キャンプ場さんのベジ弁当。

空腹を極めた私が車麩のフライとご飯を一口食べた後の図。

 

これ、作るの大変よ〜。

車麩のカツ、大豆肉の甘酒味噌炒め、干し大根のトマト煮、酒かす豆乳クリームペンネ、大豆と里芋のごまクリーム和え、干し大根葉の混ぜご飯、ベジ海苔巻き。

 

鈴鹿の「I inside」さんの自家製天然酵母パンも、

酵素ドリンクもとても美味しくて、

AGE(終末糖化産物)について知ったり、

トールペイント

英語でポジティブマインドな講座 と盛りだくさん。

 

こういうイベントを主催することの大変さ、

宣伝の仕方など諸々がとても勉強になりました。

主催のマジェンタ 美奈子さん、

会場提供の鷗游舎さん、

その他の出店者の皆さん、

会場にお運びいただいたみなさん、

本当にありがとうございました。

 

あと、大塚先生の施術を受けて、

やっぱり自分は勉強がまだまだ足りないな〜、と。

 

自分が体感したもの、

クライアントさんと共有したものを言語化するための知識が欲しい。

内観も大切だけれども、

外に出て知識を貪欲に獲得しなきゃ。

それがクライアントさんの、いまここにある不快症状を少しでも改善する可能性を秘めているのなら手を伸ばさなきゃいけない。

 

 最後に、マジェンタ 美奈子さんのブースで龍神カードセッションを受けたときに引いたカードの一枚。

リミテッドエディションにのみ入っているカードなんだってさ。

カードの引きがいい!っていろんな占い師さんから褒められるんですよ、の証左がまたここに・・・。

f:id:tsubakidoh:20180412214053j:plain

レアカードだそうな。

 



人間だから②

 こちら↓のつづきです。tsubakidoh.hatenablog.com

 

BBSHのスクーリングは年間5回です。

 

それぞれの回はスクールで学ぶ性格構造学・キャラクトロロジーのそれぞれの性格構造に対応しています。

 

それぞれの性格構造は、

スキツォイド型:誕生前〜誕生時

オーラル型:乳児時代

マゾキスト型:幼児期

サイコパス型:自立段階

リジット型:思春期

上記の5つです。

 

誕生前から思春期にかけて、

成長過程で出会ったその魂にとってショッキング出来事が、その人の性格構造を形成し、その人が選択しがちな防衛システムへと導かれます。

 

どれかの性格構造一つだけを持っているのではなくて、

それぞれがないまぜになってその人の人格を形成しています。

 

そして、

その成長過程で出会ったショッキングな出来事は、

「トラウマ」とも解釈されるかもしれません。

 

でも見方をかえると、

その魂がどのような出来事に反応しやすいか、

ホメオパシーでいうところの感受性がどこにあるかを示す、とても大切なものなのです。

 

それを入り口にして、

私たちは本来の自己=ハイヤーセルフを感じる旅に出発します。

 

また、

自分を知ることは世界を知ることとも言えますので、

この次元を識る、地球を体験する旅路の出発点だと思います。

 

それぞれの性格構造を、各学年のテーマに沿って学ぶ4年間がBBSHの基本のプログラムであり、醍醐味です。

 

各学年のテーマと

「これってよくできてるよねー」

といつも思う部分については、

ごめんなさい、次回「人間だもの③」につづきます。

 
f:id:tsubakidoh:20180415092459j:image

 

人間だから①

BBSHの看板の謳い文句は、

「4年であなたもプロのヒーラーに」

です。

 

BBSHは、フロリダ州認可の単科大学ですので、

まずは4年のプログラム。

 

そのあとにアドバンストスタディーの3年コース。

アドバンストを修了して、晴れてBBのスキルを教えることを認められる・・というスクールの決まりが一応、あります。

 

f:id:tsubakidoh:20171018205751j:plain

まずは最初の4年間でも、

結構、驚かれる今日この頃です。

 

1日2日のワークショップで何らかのスキル取得の認定がもらえることが多い模様。

 

直傳靈氣は頑張って日程を組んでもらったら2日で一通りできるようになるもんね。

 

入学した時は他所を知りませんでしたので、

BBSHの4年間のプログラムが他に比べて長すぎる、とは思いませんでした。

「4年間、やり通せるかな?」

とは思いました。

 

スクールに参加すると、

この4年のプログラムがなんとも巧みに編み上げられていることが骨身にしみます。

 

長くなりそうなので「人間だから②」に続きます。

f:id:tsubakidoh:20170920214605j:plain

 

で、効果は?

「で、学校では何を習っているの?」

 

「それをしてもらうとどうなるの?」

 

「その学校を卒業するとどういう職業につくことができるの?」

f:id:tsubakidoh:20180403212657j:plain

そのご質問、ごもっともです!

 

はるばるアメリカまで行って、

1年生の時から数えれば休学期間を含めれば10年かかって卒業する学校で、

私は一体なにを勉強しているの?

 

私も訊きたいくらいです。

 

「それをしてもらうとどうなるの?」

については、人それぞれいろいろな展開がありまして、一言では難しいですが、

施述後のご感想で多いのは、

 

「よく寝た!」

実際、私もスクールで受ける側の時はほとんど眠っています。

f:id:tsubakidoh:20180403212612j:plain


あと多いのが、

 

「気持ちよかった!」

最初に全身のエネルギーの流れを整えてから、

細々としたスキルを組み合わせてセッションを構成していきます。

エネルギーの流れが整えば、おからだがリラックスしたりスッキリするので、

このご感想を多くいただくのでは?と。

 

それ以外のご感想だと多岐にわたります。

受け取り方はその方の個性と同様にそれぞれですから。

創造のプロセスはみんなユニークで唯一無二のものですものね。

 

f:id:tsubakidoh:20180302183517j:plain