つばき洞日記

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

これ、いいよ

*「何食べてるの?」*

Class(スクーリング)は毎回、5日間です。

今年度までは最初のClassは6日間でしたが、来年度からは一律5日間になりました。

 

それに加えて、

Year3に進級するためにはA&PⅠ(解剖生理学1)が履修済みであることが必要で、

各Classの後に2日ずつ講義が行われます。

これに出る必要がありましたので授業日数は合計7日間。

前後で1泊ずつするので結局は9日間のホテル生活をしていました。

 

私の場合、初回のClassで復学のための試験を受ける必要があり、

そのときは10泊しましたね〜。

 

そんなに長い間のホテル住まいだと、

皆さんは「何食べてるの?」と心配してくださいます。

 

そこで、今回はホテル生活中の食事について書きたいと思います。

*何、持っていく?〜食べ物編〜*

スクールに復学するまではアメリカ大陸に上陸したことがなかったのでまずは持ち込んでいい食物を調べることから始めました。

ちょいと昔ならいざ知らず、

今は狂牛病をはじめとする様々な感染症の問題やらもありますので、ここは慎重に・・・。

 

絶対に守らなければならないのは、入国時に食物を持っていると申告すること。

 

「ちょっとくらいならええやろ」

 

で見つかった時には500ドルの罰金だそうですよ。

 

入国審査の時に提出する書類で「食物持ち込み」に チェックを入れ、

アメリカ合衆国の入国審査前に電子的に申請する機械で「食物持ち込み」にチェックを入れた場合は必ず、対面での入国審査をすることになります。

 

逆に、食物、規定以上の現金所持などなどの特殊な状況になければゲートを通過できることがしばしば・・・特に、日本人はね。

 

あ、これは私が使っていたダラス・フォートワース国際空港の入管の場合です。

 

初回にアメリカ合衆国上陸するときはかなり警戒して、

食物は全てベジタリアン仕様のものを用意しました。

 

ネットの情報で、

「肉エキス」

の文字が食物のパッケージにあると没収される、というのを見ましたので。

 

「肉」

って文字を覚えているんだとかなんとか。

 

結局、ダラスはそこまで厳しくなくて、

後々は普通のインスタント食材を持ち込んでいましたよ。

 

助かったのは、

「ちょっと雑炊」のシリーズとパックご飯。

 

これと現地で仕入れた野菜を煮て雑炊にしました。

これがメインの食事。

 

味が薄くなった場合を考えて、

お吸い物の素も持っていき、

適宜味付けに使いました。

 

初回は野菜も入手できないんではないか、と思って、乾燥野菜を持っていきましたね。

 

アメリカのスーパーは日本のスーパーよりもカット野菜が新鮮で種類も充実しているので、日本にいるときよりもたくさんの野菜を食べることができました。

 

*何、持っていく?〜道具編〜*

とはいえ、

パックご飯を温めるには熱源が要ります。

 

それにはこちら↓
f:id:tsubakidoh:20170626183512j:image

バックパッカー用の調理器具。

 

ツワモノはこれでご飯を炊いたりシチューを作ったりするのだそうな・・・。

この鍋にお湯を沸かして、

パックご飯と野菜、雑炊の素を入れてしばし待つ→完成。

あるいは、

インスタントラーメンと野菜をいれてしばし待つ→スープを入れて完成。

 

こんな感じでした。

 

出来上がるまでの間に洗濯をしたりして時間を潰します。

 *併用で時間短縮*

ただし、これだけだとお水を温めるのに時間がかかるので、

まずこちら↓のポットでお湯を沸かして、使うのが便利とわかりました。


f:id:tsubakidoh:20170626183541j:image

 

500mlくらいがあっという間に沸きます。

上記の鍋だと、ふたをしていても1時間くらいかかるから・・・。 


f:id:tsubakidoh:20170626183617j:image

 こうやって小さくできますからね〜持ち運びに便利です。

 

今年度は普通のホテル住まいでしたのでごくごく簡単な調理器具で乗り切りました。

 

幸い、

冷蔵庫と洗面所とは別の水道があったのでそこをキッチンにしていましたよ。

 

コンセントはアメリカなのでアダプタ不要。

ただし、

容量の大きいものでないと今回持って行ったの鍋は作動しませんでした。

 

来年度はキッチン月のコンドミニアムなのでこれらの道具はいらなくなるかな〜。

 

ついに!

6年前からバーバラは新しい本を書いている、って聞いてたよ。

 

私が日本校にいるときから、ね。

 

それがようやく現実化するみたい。

 

一般発売は7/18。

Amazonで予約できますよ。

Kindle版もある。

 

こちらはスクールのホームページのプロダクト販売ページ↓。

 

Core Light Healing – Barbara Brennan School of Healing

 

日本はまだ決まっていないけれども、

もう数カ国で翻訳&出版が正式に決定してアナウンスされている。

 

『光の手」や『癒しの光』のようにもしこの『Core Light Healing』は日本語で出版されるなら、

BHS(ブレナン・ヒーリングサイエンス)独特の表現をうまく伝えてくれるBB関係者が翻訳するのがベストだと思うの。

 

そして今、BBSHJの通訳をされていた方が名乗りをあげている。

 

商業ベースに乗せるための出版だから大人の事情もあるとは思うけれども、

内容がちゃんと伝わらないようでは本末転倒なのでBBのことをよく知っている人に翻訳してもらいたい!

 

そう、強く思います。

 

 

収縮

なんとかYear2を終えて長い夏休みに入りました。

 

f:id:tsubakidoh:20170614161419j:plain

4年のプログラムのうちで私がいちばん「怖い」と思っていたのがこのYear2。

 

生身の人間同士の関係性から自分をみつめる、

なんて、

生々しくどろどろしていて怖い。

 

ましてやどろどろが、

肉体という縛りから外れて人間よりも自由に時空を移動できる存在なんて怖い怖い。

 

********

その学年が終わってほっとしているわけです。

あー、

でも8月に入ったら宿題の提出が始まるからね・・・今からセッションのセッティングをせねば。

 

学校から帰って来たばかりのころは「拡大」状態にあるので意外と元気です。

 

だから、

来年度にむけて早速、自室を少しだけ模様替えしました。

 

f:id:tsubakidoh:20170618193257j:plain

この1年で見えるもの、見えないもの含めて、

たくさんのものをスクールで受け取りました。

 

6年前のYear1の最後でもらった「Wisdom」と刻印された石

先生が探して来た鳥の羽、きれいな石

同級生が海辺で拾った珊瑚のかけら

クリスマスのイベントでもらった石を同級生と交換したもの

トルコのお守り

小さなルービックキューブ

ラビリンスの瞑想で受け取ったメッセージ

珍しい天然石たち

 

そして、

今年最後のクラスで皆がもらったハート型のローズクオーツ・・・これはこの学年を本当によく象徴していると思います。

 

今迄は机の上にスペースを設けていましたが、

そこが今年1年でいっきに満杯になったので別の祭壇をつくることにしました。

 

元々、稽古場にあって今は使っていない棚をベッドサイドにおいてみたらあっさりはまったのでそこが祭壇に。

 

Year3は第5レベル以上の部分を扱う学年です。

神聖な存在とのコンタクトも学びのなかに含まれてきます。

 

私はいまのところその部分を自分のなかになるべく取り入れないようにしてきました・・・地に足がついていないのにそっちばかりに行くのって人間らしくないな〜、と思って。

 

しかし、

いよいよそれらとの関係性を築くときが来たようです。

 

次の「拡大」を見据えての「収縮」期間に入ったのでしょう。

しばらくはこの体感を楽しんでみようと思います。

すでに持っていた

スクールでは講義で新しい知識を得てくるだけではなく、

心理的なワークで、

「今となってはもう要らないもの」

を浄化してきます。

 

物質=人間の肉体レベルで起きることは、

それよりもずっと前にフィールドの部分で起きています。

 

肉体って、現象があらわれるまでまだるっこしいくらいに時間がかかるんです。

 

私が強く影響を受けている性格構造を学ぶ週はとりわけそのことがよく感じられます。

 

1年やりきるとそれがよくわかります。

ましてや、

2年目となるとそれは確信に近い感覚になります。

 

3週目と今回の5週目は特に肉体レベルでの大デトックス大会が、

クラスの開始とともにはじまり、

未だにひきずっています。

 

f:id:tsubakidoh:20170614125819j:plain

 

2週目はクリスマスのイベントで、

先生の1人が扮したサンタクロースに自分の今欲しいものを内緒で伝えます。

すると、

サンタがメッセージとともに、

お願いのしるしのプレゼントをくれます。

 

*******

私はこのとき、

 

「勇気が欲しい」

 

とサンタに言いました。

 

サンタは、

 

「すでに持っているでしょ」

 

と言って私の第4チャクラあたりに、

それはそれは温かい手を置きました。

 

それでも

「いいや、私には勇気がない」

 

そう、思いました。

 

******

 

しかし、

それ以後、ことあるごとに

 

「あなたには勇気がある」

 

と言われます。

 

あのお願いは私とそのサンタしか知らない。

 

でも、

学年の最後にひとりひとり同級生や先生に挨拶をしたとき、

かなりの高確率でこの言葉を聞くことになりました。

 

ひとりひとり、ハグしながらなので、

申し合わせ、とか誰かが言っているのを聞いたから、とかではないです。

 

びっくりしたのは

メインの授業ではない解剖生理学の先生でさえもこの言葉を私にくれました。

 

「欲しいものはすでに持っている」

 

よく聞かれるフレーズでしたが、

今になって実感を伴って理解できました。

 

 

 

真面目さん

1年の最後のスクーリングで扱う性格構造学(キャラクトロロジー)内でのキャラクターは所謂「真面目さん」の「リジット」です。

 

前回の「サイコパス」と同じく、

物心ついてから形成される性格構造で思い当たるフシがいっぱいありますね〜。

 

f:id:tsubakidoh:20170528190326j:plain

特に日本人には多いタイプだと思います。

 

学校に制服を着て、

同じ時間に教室で「起立!礼!」。

 

「きちんとしなさい」

 

「おとなしくしていなさい」

 

「静かにしていなさい」

 

そんな言葉、皆が聞き飽きている。

 

集団のなかで目立たないように、

空気を読みながらやり過ごしていく。

 

f:id:tsubakidoh:20170518211543j:plain

 

一応、BBSHの課題(DLM)は提出期限があります。

提出できていない場合は授業に出ることが出来ません。

 

授業が始まる迄に学年団の先生がDLMを読んでその学生のことをより深く理解します。

DLMがあるから先生達は学生を浄化の方向に導くことが出来る。

 

さて、

真面目さん・リジットの週にむけていつも通りせっせとDLMに取り組みました。

 

私の場合、英訳作業があるのでのんびりしていられないのです。

 

提出して随分経ってから、

同級生達のチャットで何人かがDLMに苦しんでいる、と話していました。

 

「自分のリジット要素と戦っているんだー!」

 

みたいな感じで。

 

提出が遅れるのはよくあることなので「ふーん」くらいに思っていましたが、

スクーリングの前日に興味深いことが判明しました。

 

f:id:tsubakidoh:20170428205550j:plain

 

返却されてきたDLMに添えられていた先生のメッセージによると、

学年中で提出期限に間に合ったのは私だけだったのです。

 

BBSHに来て自分の堅さは随分緩んだと思っていました・・・今では授業中に床に座って壁にもたれたり横になったり、全校一斉瞑想で横臥したりできるようになりましたから。

 

なにも期日を守らないのが好いことではないのです。

ポジティブな意図で乗り切る選択もできるのですからね。

それが大人ってもんだとも思います。

 

しかし、

まだまだですな〜。

移動

今年度なにが痛かったかって、

最寄りの空港(ジャクソンビル国際空港)からホテルが遠かったことです。

 

車で1時間くらいかかって、

タクシーやシャトルで片道1万円くらいしました。

 

乗り合わせれば頭数で割ることができるのですが、

タイミングによっては1人で使うことになります。

 

後半まで我慢して支払っていましたが、

最終のスクーリングではUber(白タクアプリ)に挑戦しました。

 

タクシーよりも速く来るし、

シャトルのように予約する必要はありません。

 

早朝深夜は捕まりにくいと思いますが、

日中に依頼したので、

空港→ホテルのときは3分くらいで、

ホテル→空港のときも10分くらいで車が来ました。

 

基本、チップ不要でアプリで登録したカードへ運賃が請求されるので便利。

(捉え方はひとそれぞれで、このアプリによって移動が完全に監視される、と怖がる方もあるみたいです。)

 
f:id:tsubakidoh:20170614140615j:image

↑こうやって自分がどこを走っているか、アプリを開いていれば確認できるのでちょっと安心できました。

 

これで運賃は$45くらい。

行きは2人、

帰りは3人で乗り合わせたので往復で¥4,000弱といったところでしょうか・・・シャトルを頼んだ場合の1/5です。

 

来年度からは最寄り空港・オーランド国際空港から近いところのホテルが開催地になるようなので助かります。

 

英語の問題

*英語の問題〜序〜*

BBSHの授業は全て英語で行われています。

 

BBSHはこれまで世界50ヶ国から生徒が集まり学んできました。

 

当然、

各々の言語環境は様々です。

 

今回は、

現状の言語環境とどれくらいの英語力が必要なのかを全く主観に基づいて書いていきます。

 

f:id:tsubakidoh:20170601183349j:plain

 *言語環境*

2017年現在、

生徒の母国語でいちばん多いのは勿論、英語です。

その次がスペイン語です。

 

アメリカ合衆国以外の生徒の出身国は、

 

フランス

スウェーデン

スコットランド

トルコ

コロンビア

アルゼンチン

ブラジル

カナダ

日本

(順不同)

 

f:id:tsubakidoh:20170316183012j:plain

*史上最低の英語力?*

年間7回の提出が義務づけられているDLM(Distance Learning Module)、

所謂、宿題も英語で書くことになります。

 

今年度の日本人学生5人のうち4人は英語でを使った読み書きと会話に支障はありません(私にはそう見えます)。

 

しかし、私はと言えば、

 

・留学どころか短期のホームステイもしたことがない

・それどころか、受験生時代は英語の成績がいちばん悪い

・海外旅行は3回だけ(中学生の頃のサイパン、大学生時代の香港とタイ)

・しかも最後の海外旅行は15年近く前のタイ

TOEICは多分300点くらいしかとれない(受けたことがない)

・職場は日本人ばかり

 

・・・こんな感じです。

 

ですから、

先生や同級生たちとの会話は大半が聞き取れていないと思います。

話の筋はわかる・・・程度。

単語を選びつつかなりゆっくり話してもらえばわかる、

そんな程度です。

 

私の英語力は学校史上最低だと思っています。

 

そうは言っても、

受験生時代以降、英語から全く離れていたわけではありませんでした。

 

収入を確保するために家庭教師をしていた時には需要の問題から英語を教えていました

・・・受験で苦労した分、つまづきやすいところや理解しにくいところが分かったので何が功を奏するか人生万事塞翁が馬です。

 

加えて、

BBSHJの閉校後にホメオパシーを学んでいたので英語、それも特に精神や感情、病気や人間の体にまつわる英単語との接点は保たれていました。

日本語に翻訳された信頼できるホメオパシーの文献はとても数が少ないことと、

症例をとるようになるとどうしても英語で書かれたマテリアメディカ(薬効書)とレパートリー(症例逆引き辞書)を手にすることになりますので。

 

非常に時間がかかるものの、

なんとか英文を読むことはできます。

 

書く方もなんとか文章を構成することができます。

 

 *コミュニケーションとは*

 復学が決まってから1年ほど、

試行錯誤しながら聞き取りと会話の勉強はしていたものの、

いざ現場に行くとほとんど聞き取れません。

今でもほとんど聞き取れていないと思います。

 

でも、

不思議なことに何を話しているかは分かるのです。

 

スキルの説明もほぼ1回の説明で理解できているようです。

この点は慎重に先生に確認しに行っているので間違いありません。

 

編入の学生であることと英語が苦手であることの自覚はあったので、

必死で同級生や他の学年の生徒ともコミュニケーションをとるようにつとめました。

 

元々はあまり人付き合いが好きな方ではないので、

イノシシになったような心持ちで突進していました。

 

おかげで、

 

「Class1(1回目のスクーリング)初日で馴染んでいる」

 

と上級生に言われました。

 

*何が起きていたのか?*

今思い返すと、

 

「言葉以外で伝わるものがあって、それを受け取っている」

 

これに尽きると考えています。

 

言い換えれば、

エネルギー的なやりとりをしている。

 

特に、

スクールで大切な部分である「プロセスワーク」のときは、

言葉で話される内容の理解以上に「感じる」ことで自分の中に共振が引き起される場面が多かったです。

内容を理解する前に涙が勝手に流れていたり、

痛みを体で感じたりしていました。

 

英語が堪能であることに越したことはありません。

 

でも、

英語が堪能だからコミュニケーション(スクールではコンタクトと言ったりします)がとれるというわけではないようです。

 

近いうちにこのカテゴリで最低限の英語力・BBSH版(仮)を書きたいと思います。