つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

必需品

スクーリングに楽器を持っていくのがお決まりとなりつつあります。


最初はスクーリングの間にいじれる(海外に気軽に持ち出せる)楽器が篳篥だったので、昨年度は篳篥を持って行っては朝早くに起きて外で吹いたり、

空いた時間にリードの調整をしたり。

 

一回だけ、ダラス・フォートワース空港のセキュリティーで引っかかりました。

ブツは何か聞かれて中身をチェックされただけですけどね。

係員によって対応は違うみたいです。

それとセキュリティーゲートの混み具合とか。

混んでいるとさっさと行け、みたいな感じで雑になるのです(それでいいのか?)。

 

今回は初挑戦の三絃持ち込みです。

今回のスクーリングはオーラル(満たされない、くれくれちゃん)性格構造を扱う週なので、

やりたいと思ったことや欲しいと思ったものは自己責任の範囲で満たすのです。

まずは自分がやってあげるのです!

 

・・・だから荷物も油断していると増えるし食料の買い出しに行ってもやたら買いたくなるんだよね。

 

f:id:tsubakidoh:20171209163622j:plain

こうやって分解した三味線を・・・

f:id:tsubakidoh:20171209163647j:plain

このように収納いたしまして・・・

f:id:tsubakidoh:20171212120512j:plain

いざ、出国ってところ。

f:id:tsubakidoh:20171210182506j:plain

鳥山石燕画図百鬼夜行』より「琴古主」和片(ワッペン)を貼り付けましたぜ!

 

*********
今回のスクーリングのテーマは、

「もらう」「与える」なのかなー、となんとなく感じています。

 

年間5回のスクーリングで扱うそれぞれの性格構造のうち、

この第2週目は「オーラル型」と言われるもので、食物摂取に関する傷が関わっています。

人類は99%飢餓の歴史とともにあったので、食物摂取はとても深い傷にアクセスすると思います。

とりわけ、

世界で2番目に肥満傾向が強い=飢餓体質の日本人には響くよね〜。

 

それを暗示するかのように、

今回の旅程ではやたら見知らぬ人からHELPを求められるという興味深い一連の出来事がありました。

 

もともと見知らぬ土地でも地元民に見えるのか、やたら道を聞かれます。

京都に引っ越して3時間以内で道を聞かれたり(しかも英語で)、

京都から離れて数年経つのにバス停に立っているだけで5人に立て続けに道を聞かれたり。

今回はアメリカ合衆国入国に必要な書類をかわりに書いてくれ、と英語のわからないベトナム人のおばあちゃんから旅券とチケットを渡されたり、

全く英語のわからないらしい、セキュリティーで引っかかった日本人の方とセキュリティーの係員の間を取り持つお役目をいきなりいただいたり。

なぜ持ち込みができないのか、の説明から、

 

「なんで免税品店の人はそれ(免税品店で買うことができて日本→アメリカ間は機内持ち込みができても、アメリカ合衆国内を飛行機で移動するときは機内持ち込みが認められない量の液体なので、アメリカ合衆国最初の到着空港で荷物を一旦受け取ったときに預け入れ荷物に入れなければならない)を言ってくれなかったの!」

 

「てか、靴も片方ないんだけど!(セキュリティーチェック中になぜか紛失)」

 

反対に、

見知らぬ人や同じスクールの学生がいっぱい手を差し伸べてくれて、ものすごく助かったり・・・これはいつものことなんだけどさ。

 

もらう、与えるは同じポラリティー(極性)に触れているからね。



f:id:tsubakidoh:20171212120526j:plain

遠ーくにクリスマスツリーが見えております。

そうでなくても年末年始は、

もらったり差し上げたりの季節だから、

ほんと、BBSHのカリキュラムには感服する次第です。

 

 

改めて

締め切りを過ぎること2週間(おいコラ!)、

ようやくDLM(宿題)が終わりました。

 

書き終わったからちゃっちゃと送信!

 

f:id:tsubakidoh:20171203174429j:plain

 

DLMを書くのに余裕があった時は、

あらかじめ英語に直すことを想定して原稿を書いていたのだけれども、

最近のはもう、あかんって。

 

質問に答えるので精一杯。

構造がバリバリの日本語。

これを英語に直すのが一手間かかるのなんの。

 

なんだかんだで「A4にダブルスペースでフォントの大きさは12」とゆったりめながら、

規定の枚数に従っても10枚くらいは書くことになる。

規定枚数に達するので必死なのだけれども、

他の生徒の傾向は「ムッチャようけ書く」らしい。

日本人だもん、そんなにグダグダ書かんわ、てか書けへんしな。

全体への注意事項として、

要するに「グダグダ書くな」って言われたので、

きっとみんないっぱい書いてるんやろうね。

 

f:id:tsubakidoh:20171203174352j:plain

何が今困っているかって言うと、

やたらHSP(ハイセンスパーセプション=超感覚的知覚)について訊かれることよ。

 

「肉体レベル以外にも感知したものについて表現せよ、

と言われましても・・・ねえ」

となかなかそこのところを受け入れるのが難しいのが私の現状。

 

これって、

第三学年のテーマの一つ「サレンダー」に関わるところだよね。

 

わかってはいるのよ。

 

でも抵抗しちゃう。

 

改めて、

BBSHは4年間のプログラムの中でHSPを鍛錬する場所でもあるのです。

鍛錬とも言えるし、

心理的な問題を取り扱ううちに「そう」なっちゃう、とも言えるかも。

 

いずれにせよ、

元の状態に戻る、ってことなんだろう(わかっちゃいるけど目下抵抗中)。

 

 

なんかあったの?③ 観音様

続きです。

目下、DLMに取り組んでいるところで、

しかも締め切りはとっくのむかしに切れていると言う・・・

現実逃避中です、はい。

 

ここまでのお話はこちらから↓ 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

氷雨降るなか、

外宮さん、月夜見宮さんのお参りを済ませ、

まんまと参宮木札を入手して、

内宮さん手前の猿田彦神社へお参りです。

 

恒例の年末お礼参りの時は、いくら道順が悪かろうがここが最初、って年もありましたね〜。

道ひらきの神様だから、まずはこちらでお参りして・・・ってのがええらしいで、

というリクエストがあったからです。

 

ここで次に内宮さんに向かうバス待ちで気付いたのが、

今回の旅のお仲間って前日のヒーリングを除けばほんの一言二言くらいしか言葉を交わしていない。

スクールのオープニングレセプションパーティーと、

他の日本人学生を紹介した時くらい。

 

それなのに随分前からの知り合いのような感覚でこの伊勢詣を楽しんでいました。

 

BBSHの不思議なところは、

実際に顔を合わせる時間が短位にも関わらず、

とても深い繋がりを共有できるようになってしまうところです。

 

おそらく、ヒーリングをしあいっこするうちにコンタクトが深まるんでしょうね。

同じ場所でお互いの深いところにある繊細で美しい部分に触れるからってのもあると思います。

 

伊勢小旅行の前日にお互いにヒーリングの交換セッションをして、

そこで起きたことがこれまた特別に魂が震える感覚があったので余計に繋がりも深まったのかもしれません・・・私の一方的な思い込みかもしれませんが。

 

セッションが前日で、

まだこの伊勢旅行中もヒーリングの余韻が残っていたせいか、

ふとしたことで涙腺が緩んでしまう我々でした。

 

私にとって最も響いたのは、

私がクライアント役の時に、

ヒーラー役の方が感じていた存在のこと。

 

ヒーラーさん曰く、

 

「とにかく誰かあなたのことをとても愛している人がそばにいて、その人がいかに自分が愛しているかを伝えてほしい、そう言う感じがずっとしていた。」

 

実はこれ、言われたのは1回目じゃない。

 

何人かの方が私にこう伝えてくれた。

 

しかし私は、

「自分でできるもん!」

って言っちゃう癖がついていて、

誰かに委ねるとかそう言うのが苦手なんだ。

 

だからこそ、

こう言うシェアを聞くと心が震えるんだよね。

 

さて、

その私を愛してやまない存在は共通の特徴があリマス。

皆さん一様に、

「観音」

とおっしゃる。

 

へー・・・仏教系なんだ。

 

おそらく平均以上には神社でのお仕事が多いと思うので、

てっきりそっち系かと思ったけどね。

 

ちなみに、

同級生(外人)が「観音」って言うときは「クゥワンイン」って言うから、

最初は誰のことかと思ったよ。

 

個人的感覚で、

日本の神様の多くは第4レベルに近い第5レベルの存在に感じる。

 

マリア様とかだと第6レベルだなー。

観音さまもこのレベルな感じ。

 

普通の仏教徒の家に生まれて、

幼稚園はカソリック

母は高校までカソリック系スクールだったのと日曜学校に行っていたのでうちではクリスマスは大事な行事になっている。

中高、大学は特に宗教に関係なし、

今は神社のお仕事多め。

雅楽関係の知人は天理教の関係者がほとんど。

 

日本人らしくいろいろな信仰を実感できているから、

それぞれの質感がとてもよくわかる・・・これも何かのお計らいかな? 

 

なんかあったの?②ハイテンションで

エネルギーヒーリングは受けても行っても、

ちょっとテンションが高くなることがあります。

 

今回は特にそれが強かったらしいです。

そのYear1の方はこの伊勢参りの間つねづねそうおっしゃっていました。

 

「ちょっとハイかも」

 

「やっぱりハイだ」

 

私も自覚はないものの、

ちょっとしたことで涙が流れたり、

「うわ〜!!!!」って感動したりしていたのでハイだったのかもしれません。

 

そんなハイテンションな二人は、

まず近鉄伊勢市駅に向かい外宮さんからお参りスタート。

 

f:id:tsubakidoh:20171118174040j:plain

この日は雨でしたが、

この雨のおかげでまあまあの人出だった割に場のエネルギーが落ち着いている感じでした。

 

この後の内宮さんでもそうだったのですが、

御正宮の前ではただただ、「国家鎮護」の祈りしかなかったです。

 

まずはこの日本をお守り下さい。

 

それだけよ。

 

そういう雰囲気だもん。

 

ましてや、

パワーをいただくとかなんとか、

ないわ。

 

「もしよろしければごくごく微力ではありますが私の力をお使いください」

 

そういう感じ。

 

外宮さんの後は、近くの月夜見宮へ。

 

f:id:tsubakidoh:20171118174105j:plain

ご奉仕の方が集めた落ち葉が・・・

雨の中ご奉仕されている方と神職さんのやりとりにほっこりして、

次の目的地・内宮さんへ向かおうとバス停に向かうと、

いきなり目の前に行列が現れました。

 

バス待ちの列?

 

となかなかの長蛇の列に焦っていると、

 

「どちらからいらっしゃいました?」

 

と。

 

月夜見宮ですけど・・・)

 

なんでそんなことを聞かれたのかというと、

この日は限定でこういうもの↓

f:id:tsubakidoh:20171118174400j:plain

が限定数配られる日だったのだけれども、

これは伊勢市民はもらえないという決まりだそうで、

列の付近を通ったがために我々もこのふだを求めていると認識されて出自を問いただされたわけだ。

 

まあ、概要はこういうことらしいです↓

isekikuichi.com

まだまだハイテンションな我々。

瓢箪から駒的にまんまと限定木札を手に入れた我々は気をとりなおして内宮さん方面行きのバスに乗り込みました。

 

なんかあったの?① ヒーリング練習会からの伊勢

「ヒーリングセッションの練習にお付き合いいただけませんか?」

と、お誘いいただいたのが11月の頭。

 

関東方面にお住いのYear1の方からです。

なんでも、こちら(近畿地方)まで出て来てくださるという。

 

日程を調整しているうちに、

伊勢にもお参りしましょう、となって、

たまたま休みだった私もご一緒させてもらうことになりました。

 

11/17に練習会をして、

11/18に伊勢。

 

そういう日程。

f:id:tsubakidoh:20171118174040j:plain

外宮さんの鳥居

この時点で、

(11/18ってなんかあったな?)

とは思っていました。

 

少ししてから、

この日に天河大弁財天社でなにやら大きなお祭りがあると、

さとうみつろうさんのブログで知りました。

神社の中で初めて好きになった場所で、自宅の神棚の崇敬社コーナーにはこちらのお札に納まっていただいています。

 

この神事も気になったけど、

なんでも相当多くの方が参加されるとのことで、

 

(そんなところにのこのこと出かけて行ったら、また体がしんどくなって帰れなくなるのは困るな)

 

と思い、出かけるのは断念しました。

 

そのかわりの伊勢詣。

 

この展開をちょっと面白がりつつ、練習会当日を迎えました。

 

長くなるので次へ続きます。

エクストラで

わたくし、

学生のとき、英語は苦手な方でした。

 

でも、

苦手だから苦手な人の気持ちがわかる、って理由で家庭教師時代は主に英語を指導していましたよ。

 

史学科出身なんで日本史も指導できますけど、

苦手な人の気持ちがわからないんだよね。

論述問題の指導を頼まれた時も困ったな〜。

 

日本から出て何かを学ぶってことは今生ではありえない、と思っていた。

仮にあったとしてもそれはアジア圏で、

アメリカなんてとんでもないよ第一、接点がない、と。

大学の語学の成績なんて英語は進級及第点ギリギリ。

一方、第二外国語として選択した中国語は、

中国文学科の子達と混じってのクラスながら学年2番だった(1番の子は中国語ペラペラ)。

それくらいに英語に興味がなかった。

 

それがいつの間にか日本人(てかアジア人)がごく少数派の環境に飛び込み、

宿題はもちろん、授業も英語だなんて人生は何が起きるかわかったもんじゃない。

 

授業ではしんどい時もあるけれども、

頭で考えてしまう傾向が強い自分がそこを使わない分、

感覚で受け取らざるを得ないような状況になるのでそれが良く作用していると思っています。

 

一方で、

もうちょっと同級生たちとコミュニケーションを取りたい、と思ってい流のも事実。

BBSHでの関係性は本当に一生の宝物になると知っているから。

 

日本校のときに友人たちは今だに繋がりがあるし、

それは私にとってのかつての友人関係よりもずっと深くて濃い。

 

もちろん、人間誰しも「この人は苦手だな〜」と感じる人はいる。

普通の生活ならそう言う人とは関わらないでも済むしできればそうしたい。

 

それが、

BBSHだとそうは行かないようになって来て、

しまいにはその相手が愛おしくさえなってくる。

 

今でもそう言う子、いるよ・・・ふふふ。

「私も苦手に感じているし、向こうもそうだな〜」

と感じる。

そうすると、

Sな私がガンガン行きたくなるんだよね。

そう言うのって、ここでしかできないから。

 

そう言うちょっとひん曲がった愛の表現はさておき、

なにはともあれ英語力の向上でしょ、と基本単語の洗い直しから始めてみる。

f:id:tsubakidoh:20171103181027j:plain

基本系の単語帳。

大体は判って安心した。

口語表現が多めなんだと言うことでこれをチョイス。

これをさっさとクリアして次に行きます。

 

英語の勉強法を色々調べてみたら、

我々が学生の時に言われていたのとは全く違う様相になっていました。

とても効率的だし多様性に富んでいる。

日本語はとても大事だと言う前提で、

今の子たちにはどんどんツールとしての英語を身につけていろんな世界を見て欲しいな〜。

 

高次元と筋トレ

Year3の最初のスクーリングでいちばん感じたことは、

 

「筋トレしなきゃ」

 

です。

 

高次元領域の突入の学年なのに、

いや、

だからこそ、

 

「体が資本」

 

らしいのです。
f:id:tsubakidoh:20171029183452j:image

スキルの実践中でも、

今まで以上に「丹田グラウンディング」ができているか否かをチェックされます。

 

「ハラ=肚」の概念に慣れ親しんだ日本人は、

この「丹田グラウンディング」がスッとできちゃったりします。

 

本当に、

 

スッと、ね。

 

これはほとんどの生徒が日本人だった日本校を体験しているからわかる。

 

最初の授業から、

日本人の同級生の多くは普通にできていたみたい。

 

で、

ある同じ目的に向かっている集団でこれができていると空間を満たす雰囲気もぐっと濃密になるの。


f:id:tsubakidoh:20171018205818j:image
この「丹田グラウンディング」は、

中腰の状態をキープしなきゃならない。

 

これが太ももにくるのよ〜。

 

Year3の最初のスクーリングで、

あるスキルを用いるにあたっていよいよ高周波帯に突入するって時になると、

このグラウンデイングがますます必要になってくるのを感じました。

 

いつもより大地につながっていないと意識を失いそうになる・・・でも中腰キープの太ももはプルプルしてる。
f:id:tsubakidoh:20171018205738j:image

今の時点でも相当な「太ももプルプル」なのに、

これがYear4になるともっと次元の深いところへこの肉体を持って行くなんて・・・

 

これはもう、

体を鍛えなきゃって話になりますわな。


f:id:tsubakidoh:20171018205751j:image

で、

とりあえず、

先生が勧めてくれたスクワットをやってみています。

 

高次元に行けば行くほど肉体を鍛えなきゃならないって、

このパラドックスこそが現実で本質なんだよね、多分。