つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

Care Taker①

これは奇跡だと思うのですが、

前々回のスクーリングまでのアメリカ往復11回では、

全くトラブルに見舞われることがありませんでした。

 

海外渡航といえばトラブルとともに語られることが多いものではありますが、

単発ならまだしも11回も何もなしって、むしろおかしい。

 

それが、前回の往路では大事件が。

フライトキャンセル

荷物、現金

乗り換え

力、抜ける

 

卒業がかかっているCase Presentationが出来るかどうかというぎりぎり状況がいきなり展開して焦りました。

 

そして、今回。

往路で無事に目的地へ到着できたので油断しておりました。

 

そう、

往きがあれば復りがございます。

 

復路の行程は、

 

ジャクソンビル国際空港(8時発)

ダラス・フォートワース国際空港(10時着、12時発)

成田国際空港(15時着、18時発)

中部国際空港

 

ダラス・フォートワース空港を使う時ははシカゴやJFKよりもシンプルで、

大抵は国内線到着ターミナルが日本行き出発ターミナルと同じ。

乗り継ぎ時間が2時間しかなくても、

JFKと違って保安検査所を再度通過する必要もないですし、

ましてや同じターミナルなので徒歩10分くらいなもの。

 

シカゴに比べれば雪などで飛ばない、

ということがないのがダラスのいいところでもあるので、極力ダラスを使うように旅程を組んでいました。

 

ところが今回、

ダラスでの激しい雷雨のため、ジャクソンビル発の飛行機に2時間半の遅延。

 

それでも、

ダラスに問題があるのならダラス発の飛行機も飛ばないはずなので成田行きの飛行機には間に合うだろう、

とのんびり構えていました。

 

手元のチケットには、珍しくダラスでの搭乗口番号は印刷されていません。

 

(遅延した便はサインボードに表示されないからちと面倒だな)

 

そんなことを思いながらもまだまだ余裕の心持ちでダラス行きの飛行機に乗り込みました。

 

続きます・・・最近続き物が多いな〜。

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Core Star Healing④

Core Star Healing①

Core Star Healing②

Core Star healing③

 

〜これらの↑の続きで最終回です〜

 

そもそもCore Starって何?

 

って話ですよ。

 

少し長くなりますが、

バーバラの著書・『癒しの光』での説明によると、

癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈下〉

癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈下〉

 

 

ハラ次元の下に、より深いコアの次元があります。コアは変わることなく『今在り、かつて在り、また在るであろうもの』、これこそ創造の力の源、内面の神聖なる泉です。HSP(超感覚的知覚)では星のように見える、コアスター(核となる星)です。コアスターの光は各人の永遠に変わらぬエッセンスを象徴しています。時間、空間、物質レベルの転生、魂の概念をも超えた存在であり、生命の源自体のようなものであるもの、各人の内に個別化された唯一の神、全ての転生が生じる源であると同時に完璧な平和と安らかさの内にあるものなのです。コアの光が顕れるところには健康がもたらされ、ブロックされるともたらされるのが病気です。

(『癒しの光・下』18章)

 

これはバーバラを導く存在であるヘヨアンがバーバラの質問に答えたものです。

 

アスターは体の中心にあって、多彩色の輝く星のように輝き、

どんなに離れていても、

たとえ宇宙の端っこにいても、

の光は個別の美しい光として認識されるそうです。

 

アスターの様子は文字を通して知っていても体感がなかったので、

長らくHigher Selfと混同していました。

 

先日のスクーリングでなんとなくコアスターを感じる体験を経た今、

 

アスター=存在

Higher Self=表現

 

と解釈しています。

 

Higher Selfと対で語られるLower Selfも表現です。

Lower SelfはHigher Selfの歪んだ形なので状態は同じ、というのが今のところの私なりの理解です。

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Project Presentation

BBSHの卒業要件であるProject。

提出するだけではなく一部の生徒が全校生徒の前でその内容を発表する場合があります。

 

レギュラーの授業のあとにHMDというレクチャーの時間が設けられていて、

これは任意参加で毎回、卒業生や先生が自分の研究分野を発表する場所になっています。

 

最終週であるClass5のこの時間がProjectの発表に充てられます。

 

Class4の最後でそのメンバーが発表され、

私はその中に入っていました。

 

大学院生時代に大勢の前で発表する機会がありましたが、

当時はただ原稿を読むだけで精一杯でしたよ。

 

日本語でそんなんなのに、

さらに英語で、

しかもProjectの内容からパワポを作る必要性がありありやん。

 

f:id:tsubakidoh:20190304180411p:plain

Projectのタイプは3つに分かれていて、その中から1つを選んで各々が進めます。

その3つとは、

 

リサーチプロジェクト

サービスプロジェクト

パーソナルジャーニープロジェクト

 

私はリサーチプロジェクト。

そして発表者のなかでリサーチタイプは私だけ。

理性タイプで表面ではサイコパスとリジットキャラクターを防衛に使っている私にはこのリサーチが快適で快適で・・・。

 

普段の私・全開で書き上げたプロジェクトを読んでもらったコメントは、

 

「あなたのDLMとProjectを読むと全く別人が書いたように思える」

 

って、そりゃそうだ。

 

DLMではセッション中に起きたわたしの子供の部分の反応について書いているし、

一方のProjectは大人な私が書いているから。

 

それでもなるべく理想の自己像に陥らないように、

今できる範囲での努力はしたつもり。

 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

To The Beach

Classの後にはビーチへ!

 

同級生の車に乗せてもらってビーチ&St.オーガスティンへ繰り出します。

 

次回のスクーリングでは卒業式の後にパーティーがあるのでビーチ行きは今回が最後かな。

 

f:id:tsubakidoh:20190511172126j:plain

クジラ、いるっぽい。

 

f:id:tsubakidoh:20190511172226j:plain

水泳を楽しむ同級生。

 

f:id:tsubakidoh:20190511172156j:plain

海を眺める私を見つめる同級生の影。

 

ビーチの後は・・・

f:id:tsubakidoh:20190511111114j:plain

かんぱーい!

クラフトビールがたくさんあって楽しいです。

前回のビーチ行きのとき満席で諦めたcatch 27へ。

 

今回は予約して出かけました。

帰る頃には長蛇の列。

うん、確かに美味しい。

 

f:id:tsubakidoh:20190511111041j:plain

f:id:tsubakidoh:20190511111100j:plain

f:id:tsubakidoh:20190511111051j:plain

アメリカに滞在しているときに食事が合わない、と思ったことは一度もありません。

どれも美味しいし興味深い。

 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Core Star Healing③

こちらの続きです

Core Star Healing ①

Core  Star Healing ②

Year4になってもCore に抵抗し続けていて、

Coreを扱う場面では寝落ちばかりしていました・・・これは抵抗の一形態です。

 

でも、

いくら抵抗してもCoreは在るんです。

 

もうそれは事実だから仕方がないのです。

 

だったら、ちゃっちゃと受け容れようよ。

 

あの抵抗祭りからなぜこの心境になったのか、

今はわかりません。

 

ただ、

 

「在るんだね、はいはい、もう降参。」

 

そういう風に思ったら、

授業の中のCoreを扱う場面で意識をクリアに保つことが出来ました。

f:id:tsubakidoh:20190511172228j:plain

その時は目を閉じていたのですが、

誰かが通り過ぎざまに私の肩を叩いたのを感じました。

 

目を開けると、学年主任がGood Jobサインを出して通り過ぎて行くのが見えたのです。

 

この先生は私のCoreへの抵抗も、

その抵抗からちょっとだけれども離れることが出来た瞬間にも気づいていたようなのです・・・BBSHのTeacher、恐ろしや。

 

この経験から、私のCoreについての解釈が変わりました。

それも暫定的なものなのかもしれませんが、

それについては、、、続く。

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Core Star Healing ②

 Core Star Healing①

 

の続きです。

 

BHS(ブレナン・ヒーリングサイエンス)では人間を4つの次元・レベルで説明します。

その4つとは、

 

・肉体レベル

・HEF(ヒューマン・エネルギー・フィールド、いわゆるオーラ)のレベル

・ハラレベル

・コアスターレベル

 

f:id:tsubakidoh:20190211025214j:plain

犬子のオーラはDEF(Dog Energy Field)ということになる?

肉体レベルは、我々が普通に目にしているこの物質的な肉体を言います。

 

オーラのレベルはチャクラと関係した7つのレベルまでを取り扱い(8以上のチャクラもあるけれども生身の人間では取り扱うのが難しい)、感情レベルとも言われます。

一言に感情と言っても、

相対したものによってその影響が現れるレベルが異なります。

Year1ではこのオーラのレベルの第3レベルまで、

Year2では第4レベルを、

Year3では第5〜7レベルを扱うことを学びます。

 

言い換えると、

最終学年まではオーラのレベルまでしか扱いません。

 

Year4になってようやくHaraレベルに1時間は居ることが出来るようにトレーニングし、

それが出来るようになったら今度はコアスターのレベルに居られるように、

そして肉体、オーラ、Hara、コアの4つの次元を同時にホールドするトレーニングをします。

 

それぞれの段階でイメージトレーニングとして映像を見たり、レクチャーを聞いたりはしますが、結局は自分次第。

 

Year1からHaraもコアも感じる親しむ練習が始まりますが、

がっつり取り扱うのはYear4になってから、という感じです。

 

そして私にとってはこのコアスターはYear1からの懸案事項。

 

自分のコアに抵抗しまくりで、

 

知らん

わからん

感じられない

 

の繰り返し。

 

結局それはYear4に入ってからも続いて、

コアへの抵抗はCore Star Healingの前段階としての Core Self Expansionで意識を保つことが出来ない=居眠りしてしまうという形で現れました。

 

で、コアって何?

 

いつもこの問いに戻って行きました。

 

続きます。

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Core Star Healing①

BBSHでの4年間のプログラムも残すところあと2回のスクーリングとなりました・・・これを書いているのはClass4の最終日の朝なので、実際にはあと1回。

 

今週のスクーリングでようやくCore Star Healingを教えてもらうことに。

 

このヒーリングスキルはBBSHの最大のヤマ場と言っても過言ではないです。

 

f:id:tsubakidoh:20190509121149j:plain

Core Starとはなんぞや?

 

 少しずつ、今の時点での理解を書いていきたいと思います。

 

 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Hogwarts

同級生たちの間で冗談交じりにBBSHのことを、

 

Hogwarts 

 

と言います。

 

BBSHのことを知っている人やYear1の始めの頃にいる人はこれを本気で信じているかも。

 

Energy Healing 

Auric Field

Spiritual Surgery

Guidance

Higher Self

 Lower Self

 

こんな用語が飛び交っていればそう思っても仕方がない。

これらのうちのいくつかの言葉は入学後に自分の解釈が随分変わったものもあります。

 

かくいう私も入学前はオーラとか見えたら面白いやん

 

と思っていました。

 

しかし、

ある卒業生の方のお話によると、

 

「BBSHに4年もいれば、オーラくらい見えるようになる。」

 

とのこと。

 

この言葉には

 

「そこじゃない」感があって、かえって興味が深まりました。

 

Year1も半ばになると、

いやClass1が終わる頃には「Hogwarts 」は冗談になります。

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

Art Project~Year4

ただいまClass4の真っ最中です。

 

相変わらず体内時計は日本のまま、

夜中に眠ることができず、14時くらいが一番眠いです。

 

Class4はArt Projectの提出回。

パフォーマンスをするかArtを展示するか選ぶことができます。

 

同級生の作品展示はこちら。
f:id:tsubakidoh:20190509121214j:image

手前の瓶の大群はエッセンスです。

製作者と関わりの深い聖地で採取された植物や鉱物、ときには月の光から作られたエッセンスだそうです。

向かって左側にある黒いバケツのなかに小瓶がたくさん入っていて、

各々が自分用のコンビネーションエッセンスを作って持ち帰ることができるようになっています。



f:id:tsubakidoh:20190509121200j:image

 平面作品あり、

立体作品あり、


f:id:tsubakidoh:20190509121140j:image

個性豊かな作品ばかりが並びます。

 

私は今年もパフォーマンスでの提出です。

結局、全学年でパフォーマンスを選んだね。

 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

初夏の味

こちらに味をしめて、

初夏仕様の飲み物を作りました。


f:id:tsubakidoh:20190504195029j:image

いつもお世話になっている方が、

パイナップルをグッチャーと潰したものとウイスキーのカクテルがとてもおいしかった、

とおっしゃていたので試す〜。

 

カットパインを入手してレモンと一緒に瓶に入れて、

これまたブラックニッカ・クリアブレンドを注ぎます。

いちごのときは少しお砂糖を入れましたが、

今回はパイナップルがしっかり甘いのでお砂糖は入れませんでした。

 

漬け込み初めて3日目。

ややフライング気味に試してみました。

 

これは美味しいです。

 

私は生のパイナップルをいただくと口の中が痛くなりますが、

この飲み物は大丈夫なようです。

 

あと2日くらい漬け込むと、

もっと香りが高くなるかもしれません。

FEE

BBSHプロフェッショナル・スタディーズコースのYear4=最終学年もあと残すところ2回のスクーリングとなりました。

 

卒業式は6月の末です。

 

卒業も目の前&目処がたってきた生徒が多いので

卒業後の進路が同級生のチャットのなかで話題として上がってきます。

 

最近の主題は、

 

卒業後にセッション料をいくらにするか。

 

同級生たちはBBSHに入るまで、

あるいは在学中のキャリアも考慮して設定するようです。

 

学生である現在はセッションによって対価を得ることは禁じられています。

つまり、どのセッションも無料です。

 

現在、継続してセッションを受けてくれているクライアントさんに、

 

どのタイミングで

いくら

 

とセッション料について話すかについて幾人かがナーバスになっています。

 

私がホメオパシースクールを卒業したころ、

セッション料を相場よりかなり低く設定していたことがあります。

 

ホメオパシーを勉強している過程で、

生のケースが一番、勉強になると感じていたので、

1件でも多くのケースに触れたかったのがその理由です。

 

でも、

これが全くうまくいかなかった。

  

f:id:tsubakidoh:20190415195628j:plain

BBSHに行って感じたのがホメオパシーの認知度の高さです。

ポジティブな印象であれ、ネガティブな印象であれ、とりあえずホメオパシーってものがどんなものかざっくり知っている。

 

スクール期間中に友人が不調を訴えたら、

ケースをとってレメディーを渡す。

 

何度もそういう場面がありました。

 

一方、日本にいる時は提供メニューとしてはヒーリングの方が人気です。

 

ホメオパシースクール時代のレポート提出のためのセッションも無償でしたが、

受けていただく方を探すのにとても苦労しました。

 

無料の状態でもクライアントさんを見つけるのが大変だったのですから、

Feeを設定したあとは理由はどうあれ、開店休業状態です。

 

その状態で今までやってきて感じたのは、

Feeは適正に設定するが肝要、ってことです。

 

低すぎても高すぎてもいけない。

 

私なりに考えて決めていこうと思っています。

(休眠中のホームページで明示するか、ここで明示するかも含めて考え中) 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

口から心臓

Class4のために翌日日出発、という昨日の朝、

犬子の散歩をしていてふと、

 

私、ホテルの予約したっけ?

 

そういえば、いつもは到着1週間くらい前に届くメールが来ていない

ような気がする

 

いつもの予約プロセスを踏んだ記憶がない(ような気がする

 

明日だよ?

 

当然、スクール料金での予約は締め切られているけど、

まずは宿を確保しなければ!

 

急いで散歩を中断してPCの前に座り、

予約完了。

ホテルのグループの会員に登録していたので少しお安く(しかしスクール料金よりかは高い)予約ができたところで、

 

Googleのカレンダーに2つ、同じホテルの予約が「予定」として書き込まれているのに気づきました。

 

もしや、ダブルブッキング?

 

はい、そうでした。

 

まずは予約確認メールを過去のメールボックスで検索するべきでした。

すぐに新しい方の予約はキャンセル・・・しかしキャンセル料は発生するんじゃないかな。

 

焦るとまともな判断ができないね。

 

自分の勘違いとはいえ、

今回もこんな心臓が口から飛び出しそうな思いをしてからの出発です。

 

前回の口から心臓エピソードはこちら↓

フライトキャンセル

荷物、現金

乗り換え

力、抜ける

 

5月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

大人と子供

DLM6と、同時に提出が定められていたProjectについてのフィードバックがありました。

 

DLMに表現されているのは多大な痛みに苦しむ子供で、

一方、Projectでは希望にみちた大人のプレゼンスがある。

まるで別人が書いたようだ。

 

Projectのタイトルは、

 

Homeopathic Analysis of Five Character Structures(仮)

 

BBSHで学ぶ性格構造学の5つの分類についてホメオパシー的分析を試みるという壮大なテーマでございます。

用いたホメオパシーのメソッドは周期律表。

 

でもさ〜、

私、

性格構造学(キャラクトロロジー)も

周期律表も、

 

嫌いなんだよね〜。

 

f:id:tsubakidoh:20190301223145j:plain

そんなに人間、単純やないって。

 

性格構造学に至っては、

 

「私はスキツォイドだから〜」

 

「誰それはリジット強いから〜」

 

みたいに、

決めつけっていうか、Judgementの手がかりを作り出しているようで好きじゃないんだ。

 

じゃあ、なんでそれらを1つだけではなく両方ともProjectのテーマに選んだのかっていうと、

 

嫌いだから

 

なんだよね。

 

嫌い、ってことはそこには何かあるから。

 

変化はゆるやかに

この5日からClass4のために出発します。

 

出発の前に私が担当しているお客様のマットを作って、

其のほかのご注文品と一緒に送る作業をこの連休中に片付けようと、

朝のお稽古を1つ済ませてから出勤、

あるいは午前に出勤、午後に奏楽、

残った時間は部屋の構築作業。

 

そんな連休です・・・悪くない。

 

連休中は店休となっているため作業に集中できますね。 

 

発送作業を終えたのはお昼ころ。

 

職場を少し片付け、

足らなくなった材料を注文し、

店休中に入った注文を少し処理して帰ってきました。

 

だいたいのことが把握できるようになって精神的には楽なのですが、

もうこれ以上ここでは成長できないな、というのが正直な感想です。

 

 

てなわけで、

退職届も同時進行で書いた今日でした。

Art Project Year4〜何にする?

かつてない規模の連休ですね。

 

例年は5/3〜5/5がお休みの職場も今年は4/29〜5/7がお休みです・・・7日は定休日の火曜日なのでお休みなのです。

 

店休日は作業に集中できるので、この連休中は時々職場に行く予定です。

あとは結婚式の奏楽と恒例の奏楽が続いて、5日にはClass4のために出発します。

 

次のクラスではArt Projectの発表があります。

 

Year1のときは、オーストラリアからの同級生が歌う歌に合わせて17絃を弾きました。

 

Year2のときは篳篥で陪臚を。あらかじめお仲間にお願いして龍笛を吹いてもらい、自分が笙を吹いたものを録音して持っていき、それに合わせて吹きました。

 

Year3のときは笙で越天楽の一部と平調の調子を三句までを演奏しました。

 

今年度は歌を歌う、と決めていました。

色々と楽器を弄んでおりますが、

地歌にせよ雅楽にせよ、歌を切り離すことはできません。

 

そして、私の低くて太い、ときに怖いとまで言われる声がポジティブに使えるの歌なので。

 

でも、何を?

 

三味線で地歌

あえて普通にポップス?

神楽?

 

考えた結果、

笏拍子で神楽・浦安舞に落ち着きました。

 

丁度、ご改元があり新天皇陛下の御即位があったばかりの5月です。

平和を祈念する内容の昭和天皇御製歌が相応しいのではないか、と。

 

其の駒も好きで候補にあがっていたのですが、このタイミングなら浦安でしょ、と思った次第です。