つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

《BHSヒーリング募集》8月〜名古屋市・千種駅付近

8月のBHSヒーリング体験募集枠です。

 

ピン!と来た方、ぜひ。

 

お部屋の予約手続きの都合上、1週間前までにお知らせいただけると助かります。

f:id:tsubakidoh:20180713181901j:plain

8月6日(月)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月13日(月)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月14日(火)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月15日(水)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月20日(月)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月27日(月)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

8月28日(火)
①10:30~12:00
②12:30~14:00
③14:30~16:00
④16:30~18:00

 

※上記日程以外のご相談も受け付けています。お気軽にお声がけください。

 

※トレーニング生のため料金は無料です。

 

※セッションをお申し込みいただくにあたってはこちらをご一読くださいませ。

 

※セッション当日のご準備についてはこちらにまとめました。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

※場所・・・名古屋市千種駅付近です(ご予約時に詳細をお伝えいたします)。


※連絡先・・・FBで繋がっている方はメッセンジャーで、それ以外の方はtsubakidoh*gmail.com(「*」を「@」に変更してください)まで。


または「つばき洞」ブログ内お問い合わせメールフォームをご利用ください。

BHSセッションをお申し込みいただくにあたって

現在、施術者(つばき洞 加藤タカエ)はBHS(ブレナンヒーリングサイエンス)を学ぶ学生です。

 

スクールの規定により以下の条件に当てはまる方はヒーリングを受けていただくことができません。

 

これはあなた自身の健康のためにとても重要なことです。

 

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

========********========

 

・20歳未満の方。

 

・ご自身のパートナーや親御さん、またはお子様など関連のある方が施術者(つばき洞 加藤タカエ)とのセッションを継続中の方。

 

・危篤、急性、慢性病をお持ちの方。

 

・深刻な精神疾患のある方、またはその疑いのある方。特に双極性障害、境界性型人格障害統合失調症をお持ちの方。

 

・心臓病、癌と診断された方、あるいはその疑いのある方。

 

・妊娠しておられる、またはその可能性がある方。

 

(平成30年7月)

セッション当日のこと

セッション当日のこまごまとしたことを以下にまとめました。

========*********========

 

*セッション当日はお約束のお時間5分ほど前にあらかじめお知らせした場所へお越しください。

 

*セッションの所要時間は、インタビュー、フィードバック含めて90分以内です。

 

*ヒーリングセッションは着衣のままにて、

ヒーリングベッドに横になり受け取っていただきます。

 

*ベッドやお体に掛けるシーツやタオル類は使用する洗剤に留意し、乾燥機を用いて乾かしておりますが、化学物質などに敏感でご不安のある方はおしらせくださいませ。

 

*お着替えの必要はありません。

御髪を整えるものを適宜ご用意いただけましたらと思います。

 

*ヒーリングの最中、不快に感じることがございましたらご遠慮なくお伝え下さい。

 

*ヒーリングの前後はお水を普段より多めにお飲みになることをお勧めいたします。

セッションにお越しになる際にはお飲み物をごご自身にて用意ください。

 

*ヒーリングを受けた後の24時間以内の飲酒はお勧めできません。

 

*セッションの後には非常な眠気やだるさを感じることがあります。セッション当日はゆったりと過ごしていただき、早めの就寝をおすすめいたします。

 

(平成30年7月) 

うちあげ

今日は市民展の搬出日=最終日でした。

 

出勤日だったのですが、搬出時間が遅くに変更になったので助かりました。

 

市民展って、

たった3日間の展示期間なのに、

搬出日は「あ〜、、、終わった!」

って思ってしまいます。

 

選外=飾ってもらえない可能性のある県展よりも、

どういうわけか市民展の方が終わるとほっとします。

 

このイベントに関わる人同士が色々な意味で近しいから、

濃密さをもって私の記憶に留まろうとするのかもしれません。

 

てなわけで、

一人打ち上げ。

 

明るいうちからビールを呑むのって、久しぶり。
f:id:tsubakidoh:20180715182623j:image

アルコール度数7%のビールって、素敵すぎやしませんか?

〜シダのセレモニーのための祈りの言葉〜

f:id:tsubakidoh:20180629205450j:image

神聖なるシダの精霊よ

闇は闇の在るべきところに

光は光の在るべきところに戻るための叡智をお授けください

f:id:tsubakidoh:20180629205359j:image
 神聖なるシダの精霊よ

闇と光が共にあるとき

それらを共にこの手に持つ勇気をお与えください

 f:id:tsubakidoh:20180629205312j:image

 


f:id:tsubakidoh:20180629205327j:image

7月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

小夜神楽

長歌もの

作詞:不詳

作曲:三絃菊岡検校、箏八重崎検校

調絃:三絃本調子→二上り、筝半雲井調子→平調子

 

千早振る神の教えの跡垂れて、四海波間も静かなる、松の嵐の音までも、小夜更け渡る神神楽、

吹く横笛の音も澄みて、歌う声声面白や、四方の景色は朝倉や、なお音楽の袖袂、翻し翻し、昔を此処に斯くやらん、

実に天照日の本の、神と君との隔てなく、御代も栄えん宮柱、

太きたてて敷島の、大和島根をそのままに、尽きぬ恵みの光ぞと、夕日隠れの雲の端の、棚引く天橋立や、そも神歌は烏羽玉の、我が黒髪を乱さずに、結び定めぬ手枕に、迷う輪廻の恋の種、交わす言葉の数々を、浜の真砂にさっと引く、打つ白波や浮巣の岩に羽を休め、比翼の鳥の妹背ごと。

人目忍ぶや今宵扇の要の契り、手にくるくると日照り傘、翳すや加賀の扇笠、扇車や班女が閨の花扇、巡る縁は扇の別れ、風にちらちら散るは桜の、嵐木枯、除けて吹き、花の契りも可愛ゆらし、

さるほどに床の滴れ露乞いて、淡路が島の東も西も、海満々となんなくに、風を連ねて空に架かかれる浮橋を打ちわたり、打ちわたり立ち迷う、雲の袖袂、引くは潮の時津風

治る浪や芦原の、国富み民も豊かにて、万歳祝う春の声、幾千秋と尽きじなく、治る御代こそ久しけれ。

 

安定の菊岡・八重崎コンビといった印象です。

長歌ものなので器楽部分がなく、ずうっと歌いっぱなし。

器楽部分がないのはこのコンビにしては珍しいこと、と解説にあります。

 

神さまを連想させる言葉が連ねられて始まり、

とちゅうでなんだか色っぽくなり、

国の繁栄を寿いでまとめる、

聖俗表裏一体な印象です・・・中世、近世の日本の寺社ってこういう感じだったんだろうな〜と。

 

この曲の前に習っていたのがマイナー系幾山検校の磯の春打ち盤/横槌でしたので、

「ああ、いつもの感じやわ〜」と先生と一緒にしみじみ「京地歌の定番感」を味わいました。

 

7月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください

プレゼンス

最近、Year3ロスから引きこもりがちでしたが、

本日はこちらへ↓お邪魔して来ました。 

 

ameblo.jp

 

オラクルカード、タロットカードの交換会です・・・ざっくりな説明すぎます、これは。

私が説明するよりも、主催の方のブログを見ていただいた方がこのイベントの素敵なコンセプトが伝わって来ます。

 

ちょうど手元に「これはもう使わないな」

と思っていたカードがあったので持参しました。

 

100種類くらいの浄化済みカードが展示されていて、

そのなかから気に入ったものと有償で交換できます。

 

主催の津田さんに選ぶのを手伝ってもらうこともできますよ。

 

私は手持ちのカードと交換してこちらを迎えることにしました。

f:id:tsubakidoh:20180713181852j:image

 マルセイユ版タロット。

ラーダー・ウェイト版しか持っていなかったので。

 

選んだ後に、

このカードからのメッセージを、別のカードを使って津田さんに教えてもらいました。

 

結局、

ここでもまたプレゼンス(存在)の問題が示されました。

 

と、いうのも、

スクールでもさんざん、

「プレゼンスを持って来なさい」=存在感がないですよ

 

と言われ続けたこの1年でしたし、

 

今日から始まった市民展でも、講評してくださった先生が、

 

「マチエールも色使いもいいが、あなたの作品には存在感が足りない。あなたは何を表現したいの?」

 

とバッサリ。

 

出たカードによるメッセージは、

 

今まではプレゼンスを出していなかった

出す時にきている

そのときに人と比べると自分で自分を檻に閉じ込めることになる 

 

私はなにをもってこの世に在りたいのだろうか?

 

この問いはYear4のプロジェクト(卒論)のテーマ設定にも関わっていて、

この夏休みの大きな宿題になっています。

7月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

こちらをご覧ください