つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

日本人学生のこと~行く理由、行かない理由~

 20年ほど前は日本人クラスがあるくらいに、BBSHには日本人が多く通っていました。
日本人卒業生の累計は1,000人を越えるそうです。

 

BBSHの看板は「ヒーラー養成の単科大学」ですが、
卒業生の全員とまではいかなくとも大多数がプロのヒーラーになるか、というと全くそうではありません。

 

むしろ、
プロとしてやっている人の割合はほんのわずかです。

だからこの1,000人の卒業生ってのは意外かもしれません。

 

それでも、
卒業する時には自分の道=ロンギングとはっきりつ繋がることができて、
その道をそれぞれが歩んでいくそうです。

 

「あなたのロンギングはなんですか?」

 

バーバラのチャネルしたヘヨアンの有名な言葉です。

BBSHにいる理由は、行きたいと思う理由はそこに尽きるように思います。

 

かくいう私も、
入学の動機は未だにはっきり覚えていません。

8年前、ここには自分がそれまでのそんなに長くはない人生で早くも諦めてしまっていた「何か」があるな、と直感して、
あっという間に最初のスクーリングを迎えた感じでした。


それまでは病院での検査では超健康の太鼓判をもらっているのに、


すぐにだるくなって体が動かなくなったり、
生後以来の皮膚症状が不安定だったりで、
真実、健康とは言い難い状態でした・・・今から思うとあれが鬱ってやつかな、と思います。

 

それなのに動かない体が、BBSHJの手続きのためなら不思議とどんどん動くのです。

 

入学の経緯がそんな感じなので、
未だに私はなぜBBSHJに入って、
日本校の閉校後に6年もしぶとく機会を待ち、
生涯、用はないだろうと思っていたアメリカに行くのか未だにわかりません。

 

そこまでする動機=ロンギングがわからない。

 

食うに困らないどころか、
時間的にも経済的にも余裕があるからだ、

とおっしゃるのはごもっとも。

 

その通りだと思うし、
だからそんな貴重な経験をどうにかして自分も含めて誰かに還元したいとは思っていますよ。

 

かつては日本人がたくさんいたBBSHも、
BBSHJの日本撤退当時に在校していた方々が卒業して以来はぐっと数が少なくなったようです。

昨年度は,
Year4に1人、
Year2に1人、
Year1に3人、の合計5人。

全校生徒が今は100人くらい。
BBSHに日本人が多かった頃は全体の学生数は700人ほどと聞いていたので、
割合としては4分の1になっている感覚でしょうか。

 

日本人クラスは通訳がついていましたが今は通訳なしで日本人は他の学生と同じ英語の授業を受け、英語でやりとりしています。

 

今年度、日本人学生の数は、
1回目のスクーリング(Class1)終了時点で、
Year3に1人、
Year2に2人、
Year1に1人。

私以外は皆さん英語が堪能です。


英語の堪能さを求めるときりがないので、

逆に最低限ラインはどこかというと、高校卒業程度の英語の読み書き。
このレベルが理解できれば少なくともDLM(宿題レポート)は書けます。

 

コミュニケーション能力と語学力は別だと実感しているので、
要は気合です。
コミュニケーションや講義で伝え合うのは言葉だけによるものではありません。
言葉から入る弊害もあります。
つまり、Mindを使ってしまうから感じる部分がお留守になるのです。
私はついつい頭で考えてしまうので、かえって言葉がわからない方がダイレクトに伝わるものがあり、そういう時の方が大きく揺さぶられて何かを取り戻した感じになります。

 

さて、
これで英語を理由にBBSHを諦めている方は、その理由が一つ、なくなりましたよ~。

 

そして、

BBSHは12月12日(現地時間)から始まるClass2からでも参加できます。

実際、今の学年もClass2からの参加者がいますし、

Year1の時もそういう方がいらっしゃいましたから。

 

BBSHのリンク、貼っておきますね。

 

www.barbarabrennan.com

ケースプレゼンテーション

「お互いをよく知るためにケースのプレゼンをしてみませんか?」

という「招待状」が届きました、その後、の話です。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

BBSHのスクーリングでは毎回1授業が生徒によるケースのプレゼンに充てられます。
Year1からそれは始まり、
年間7回提出が義務付けられているレポートの作成にあたって自分が行ったヒーリングについて先生とスモールクラス(各学年を10人ほどのグループに分けたもの)のメンバーの前でプレゼンします。

f:id:tsubakidoh:20170920214605j:plain

事前に自分が申し出るパターン、
その場で挙手して発表の場に立つパターンは今まで目撃して来ましたが、
今回初めて「招待状が届くパターン」があることを知りました。

 

日本人が多かった日本校のケースプレゼンとは違って、
こちらではバンバンみんなが発表の場に出る出る。


それに気圧され昨年度は1度もケースプレゼンをしないで終わりました・・・いや、日本校でのYear1の時も、挙手はしたけど結局は時間切れでプレゼンまで至らなかったので、入校以来一度もケースプレゼンをしていないことになります。

 

ケースプレゼン、と言っても単にヒーリングの前と後のクライアントさんの様子の違いを述べたり、
不調箇所とその要因、
その要因に対してどのようなスキルで対応したかを述べるだけでは終わりません。


むしろ、
それをしないことが多いくらいで。

 

では何をするかというと、
クライアントさんを前にした時の自分の状態を尋ねられ、
そこにある自分の隠れていた問題を明らかにする、
という流れがほとんどです。


ざっくり、こういう感じではあるのですが、
その流れは予想不可能で様々な形があります。

 

一言、言えるのは、
「先生、痛っいところついてくるわ~」
ってこと。

 

私の場合、
スクール共通言語の英語に堪能ではなく、
しかも「超」がつく日本人なので、
先生や同級生たちも今ひとつ、私がどういう人間かわかりにくいところがあったと思います(今でもそうだと思うし)。

 

だからこそ、「招待状」が届いた、と思っていますが、

それ以上にこの招待状が来た時、

「先生、痛っいところついてくるわ~。」
というのが私の素直な反応。

 ケースの内容に問題(もちろん、私の側の)が満載でしたからね。

 

それに加えて、
私は各学年この1回目のスクーリングで取り扱う性格構造(キャラクトロロジー)・スキツォイド型性格構造がとても強い(らしい)のと、
第5レベル的であると言われる日本人が、第5レベル以上を扱い始める学年の初っ端に発表の機会を与えられる状況に、「これは何かある」と思わずにはいられませんでした。

f:id:tsubakidoh:20170924173750j:plain

前日に先生が個人面談をセッティングしてくれて、
そこで意思の確認。

スモールクラスの先生と学年主任を前に、

 

「ええ、致しますとも!

HSP(ハイセンスパーセプション・超感覚的知覚)を使ってプレゼンに必要な単語を書き出しますわ!」

 

と、宣言。

 

しかし、

当日はいきなり「この人が今日の発表者です!」

って感じになるのではなく、
まず他の生徒に発表の意思があるか確認があってから、という流れのなで最初は挙手のタイミングを逃しました。


危うく発表し損ねるところでしたよ・・・そう、ここはアメリカ。

あらかじめ話し合って決まっていたとしてもそれは別の話で、

普段以上に自分から手を伸ばして取りに行かなければならない場所なのでした。

f:id:tsubakidoh:20170721193828j:plain

ケース発表とその展開もさることながら、
ケースのプレゼンは準備段階から全て自分の「プロセス」に関わっていると、少し理解できました。

 

「自分から手を伸ばす」

 

これが出発直前に発見されたテーマでしたから。

 

ラッキー

番外編ですが、

このClass1はラッキー続きでした。

 

レギュラーの授業は8:00〜17:00。

それ以外の任意の授業も含めれば、7:00〜19:00という日程が続き、

座学だけではなく時には1時間近くも中腰でのスキルを行ったり、

感情的に敏感になったりするので滞在中の物理的な環境が整っていることはとても重要です。

 

今年度からまた新しい滞在先になったので、

まずはプライベートスペースの確保を優先して、

1LDKのお部屋を予約しました。

 

チェックイン後に案内された部屋は、

3LDKタイプのお部屋。

 

英語が不自由なので予約センターにうまく私の要望が伝わらなかったのか?

 

 

(加えて、そのお部屋は前の滞在者がチェックアウト後そのままだった・・・)

 

そう思って、

フロントにとんぼ返り。

 

すると、

私が予約していたタイプの部屋がホテルの手違いで用意できなかったから、

3LDKタイプの部屋にアップグレードした、と(もちろん、料金は1LDKタイプで)。

 

f:id:tsubakidoh:20171018205423j:plain

これに始まり、

 

食料の買い出しでホテルのシャトルを頼んだ時も、

あまりの私の英語のできなさにシャトルの運ちゃんは親切に気にかけてくれるし、

 

だいたい、

ホテル到着直後で方向がよくわからない(滞在先はゴルフ場が3つ併設された巨大な敷地に大量のヴィラがあり、その中の一部のエリアの1棟に部屋はあった。)状況でフロントへの行き方さえ分からないまま外に出た時も、車で来ていた同級生にたまたま会ったのでスムーズにフロントまで行けたし、

 

アップグレードされたお部屋は他の同じタイプのお部屋よりも設備や景観も良く(角部屋、すべての部屋にバスタブ、目の前がゴルフ場)、雰囲気も良かったみたいですし。

 

帰りにホテルから空港まではUberを使うつもりでいたら、

たまたま誘われて出かけた同級生との夕食でオーランド空港の混雑ぶりを教えてもらい、その場でUberの予約を解除、同じ時間帯に空港へ行く同級生がこれまた、たまたま同席していたのでシャトルを予約してもらい、飛行機を逃さずにすみました。

 

実際にはオーランド空港は昨年度のジャクソンビル空港よりも大きい分、

セキュリティーが効率的に分けられていて(手荷物がTASロック付きのスーツケースか否かで振り分けられる)空いているゲートを通過できたし。

 

今思いつくだけでもなかなかの幸運ぶりで、

本当はもっとたくさん、

「ラッキー・・・」

と思うことがありました。

 

最後、日本国内での乗り継ぎもアップグレードされていてゆったり。

f:id:tsubakidoh:20171018205340j:plain

普通にアメリカ往復が何事もなくできるだけでも「守られている」のに、

その上にここまでラッキーが続くとありがたいわ〜としみじみ思います。

 

 

 

 

Year3スタート

昨年度の最終週、

Class5あたりから始まった皮膚の不調が8月にピークを見て、
ようやく落ち着いたかと思ったらもうはや、新学年の開始です。

 

いよいよ、
未知の領域・Year3。

f:id:tsubakidoh:20171018205521j:plain

BBSHでは各学年に、

Year1:自分と自己との関係性
Year2:自分と他者との関係性
Year3:神聖なるものと権威との関係性
Year4:4年間の統合

というテーマがあります。


この地球に生きる人間は4つの次元

「肉体」
「オーラ(スクールではヒューマン・エネルギー・フィールド/ HEFとも言われる。生身の人間が扱うことができるのはその内の7層まで)」次元
「ハラ」次元
「コアスター」次元

の4つの次元で説明されていて、
それらを、

Year1:HEFの1~3層
Year2:HEFの4層
Year3:HEFの5~7層
Year4:ハラ次元とコアスター次元

 

以上を各学年で学ぶようにカリキュラムが組まれています。

 

昨年度はHEFの第4層のみを扱った学年でした。
そこには人間の他者に対する感情が表現されています。


その次元にはポジティブなものもネガティブなものも含まれていて、時空を超えた感情もそこには存在し得ます・・・いわゆる幽霊さんとか。

 

そして、

そこを超えたYae3で取り扱う第5~7レベルにはネガティブものはもともと存在しません。

 

第4レベルは第4チャクラに対応しているので、
ここが神聖なるものの存在する世界へのゲートであるともいえるでしょう。

ネガティブなものもポジティブなものも同時に持つのが人間の健康的な姿であるので、
最も人間らしい階層の中で高次なレベルががこの第4レベルです。

 

 

Year4で学ぶハラ次元とコアスター次元は、
肉体、HEF(いわゆるオーラの部分)より深い次元なのでYear1~3で学ぶのはまだまだ人間の肉体に近い部分のような感覚があります。

 

オーラの階層は7層より上も存在するのですが、
エネルギー療法として生身の人間が安全に取り扱うことができるのが第7層までなのだ、と私は理解しています。

 

オーラフィールドは奇数階層(1、3、5、7層)は構造体、
偶数階層(2、4、6層)は非構造体になっていて、
学年も不思議と、Year2はゆるゆるふわふわ(時には濁流が)流れるような学年でした。
授業の開始時間や終了時間もややルーズでしたし、
先生たちとの関係もゆるふわの甘い感じがありました。

f:id:tsubakidoh:20171017230715j:plain

Year3はそれに対して奇数学年で、
もちろん、テーマが権威ということもあるのでしょうが(その理由についてはもうちょっとまとまってから・・・)、
いろいろなことがきっちりきっかり、
決められた形になるべく沿うように全てが進んでいきます。

 

前学年では授業開始時に誰か生徒がいなければ、

ある程度は開始は延長されていましたが、
今年はどれだけ生徒がいなくても時間になると始まりますし、
終わる時もダラダラしない。

・・・現実社会では普通のことですがユルくしていたのにはそれなりのわけがあって、「自分がどうしたいか」に戻ってみる機会を与えてくれているのです。

 

スキルを最も多く学ぶのもYear3で、
「型」としてスキルを身につけていくと捉えると本当に上手くできたカリキュラムだな、とつくづく思います。

 

Year3最初のクラスのための出発日前日と、

帰ってきて翌日のお仕事は神社の秋大祭での奏楽。

前々から神社は第5レベル的と思っていたので、

このスケジュールも興味深いです。

 

新年度の準備2〜言っちゃった!

BBSHでは毎回のスクーリングで

 

「ケーススーパービジョン」

 

という授業があります。

 

自分がDLM(宿題)をするために行ったヒーリングについて、

 

疑問に思った点、

気になった点、

クラスで共有したい点をプレゼンテーションする、

 

・・・というのは名目で、

実際の中身は、

 

自分の内側を先生のガイドでグイグイ探って行くってのを、

公衆の面前でやるわけだ(今の私の理解)。

 

蓋を開ければそういう場なのだけれども、

単なるケースのプレゼンと思って意気揚々とその場に上がった人は、

実際のケースの話はほとんどなくて終わって、

 

なんだこりゃ?

 

ってことになるのは「Year1あるある」。

f:id:tsubakidoh:20170920214605j:plain

先日、

遅れに遅れて提出したDLMはコメントとともに返ってきました。

 

その一番最後に、

 

「お互いをよく理解するためにこのケースをプレゼンしませんか?」

 

と書いてありました。

 

ふふふ、

招待状が来ちゃったね・・・

 

でも、

なんとなく予感はあったんです。

 

だから、

「こう来たか」とも思いました。

 

このDLMが返却される直前に、

卒業生の方とお話ししていて、

 

「なんか来るな〜」

 

って予感がね。

 

で、

朝起きたら(時差があるからスクールに関する重要事項を朝イチの寝ぼけ頭で読むことになる)、

このコメントよ?

 

これは、受けてたつしかないでしょ!!

(私の「戦士な傷」が疼いて戦闘モード炸裂)

 

どうせ、

Year4になったらケースのプレゼンは皆がやらにゃならん。

 

それなら今のうちに慣れておくのもいいんじゃないか?

私はとりわけ英語に不慣れなので先生のこの提案は「渡りに舟」だわ。

 

そう思ったので、

 

「やります!」

 

って返事をした。

 

英語に不慣れなのでクラスメイトや先生のサポートは絶対に必要になるから、

それは伝えた。

 

(この「助けて!」って自分から手を伸ばすのが最近のテーマだったんだよね。だから敢えてそこんところは意識的に表現しておいたさ)。

f:id:tsubakidoh:20170828173548j:plain

今の学年は25人ほどいる。

 

それをさらに2つのスモールクラスに分けて、

その中での発表。

 

完全に守られた空間であることは重々わかってはいるけれども、

 

怖いし、

恥ずかしいし、

何が起きるかわからないし。

 

 

それでも、

「やります!」

って宣言できたのは、

去年の1年間で自分がこのグループは信頼できると思うに至ったからだね。

 

入学時から一番楽しみにしていた学年だし、

傍から見ても一番、私に「合っている」学年がYear3なんだって。

 

そこへ来て、

1回目のスクーリングからこの展開。

 

面白すぎる!

 

(でも半分は『どーしよー・・・やるって言っちゃった・・・」ってビビっているんですよ。)

新学年の準備1

ようやく、夏休み最後のDLMを提出しました・・・これで教室に入れてもらえるな。

 

f:id:tsubakidoh:20170817141345j:plain

出発まであと4日。

 

ずっと仕事。

 

行くまでに、

犬のご飯の手配

預かり作品の作業。

 

今度の宿泊所は近所にPublixというスーパーがあるらしいので、

それほど食料を持って行く必要はなさそう。

 

「米、がなきゃやってられん!」

ってわけではないので荷物は軽くなるな。

 

調理器具もあるらしいけど、

さすがに菜箸はないよね、と購入。

 

お箸は持って行くよ。

 

今回もポケットWifiを契約しました。

いつものフォートラベルさん。

wifi.4travel.jp

今回はアメリカ本土4G LTEの8日間=3,600円也。

パッと見はそんなに安くないけど、

サイト限定価格やらなんやらで、

結局、◯モトのWifiよりお安くて便利。

出発日に空港にある窓口で受け取って、

帰りに同じ窓口で返してくる。

 

これがあるのとないのとでは安心感が違うんだよね〜。

フリーWifiが充実しているアメリカだけれども、

例えば、Uberを使っている時にちゃんと目的地に向かっているか確認できるし、

友達に車に乗せてもらっている時にこれを使うとナビがサクサク使えますしね。

 

特に、今回は初めての宿泊施設なので、一応持って行く。

前回のホテルよりも色々設備が充実しているみたいですが、

何があるかわからないですからね〜。

 

あとは、

鍋キューブ

www.ajinomoto.co.jp

とか

「すぐとける赤だし」

www.ichibiki.co.jp

とか。

これ↑めっちゃ便利そう・・・。

アメリカ行きの食材を買いに行ったスーパーで見かけて即・買い。

 

これで野菜とお肉を炊いておいたら大概は乗り切れる。

私は食事の量は多くないし、

こだわりも少ない方(うちの学校の人の中では)。

マクロビアンでもビーガンでもないし、

化学調味料は時々は美味しい、と思うしね〜。

 

あんまり食事にこだわっているとどこにも行けなくなるから。

一時期、食事制限を厳密にやっていたけど、

私には向かなかった。

一番の理由は楽しくなかったから。

 

まだまだ準備は日常と同時進行で続きます。

 

ふさわしい

Year2の最初のクラスで無くしたのは、

休学中に毎日のように身につけていたカイヤナイトのリング。

 

まさしく、

カイヤナイトの青のような学年のYear3が始まろうとする今、

新しいカイヤナイトのリングが届きました。

 

f:id:tsubakidoh:20171004190050j:plain

まさしく、

天上の青。

 

その複雑な青を引き立てるデザインと作品が纏う雰囲気。

 

絶妙なバランス。

 

今の私にぴったりな感じだ。

 

Year3で扱う人間を超えた存在のいる世界に入ることへの抵抗がまだまだ拭い去れない、

ドロッドロな私を助けておくれ。