つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

虚無のにおい

あまりにも奇妙で体験があっただけでそれが何だったか?とは経験した本人さえも分かっていないのですが、

分からないなりにも、

分からない今の感覚を書き留めておいた方が良いのではないか、と思うのでここに記録しておきます。

 

f:id:tsubakidoh:20180528215400j:plain

1ヶ月ほど前、

急に、

 

「死ぬかも」

 

という恐怖に襲われました。

原因はわかりません。

 

特に体調がおかしいとか、そういうこともなく、突然に。

 

その時は死の恐怖と関わりの深いAcon.=アコナイトを摂ってその感覚はおさまりました。

 

それでも、

 

今眠ってしまったらもう目が覚めないのではないか、

あるいは眠っている間に命に関わる大きな何らかの発作を起こしてしまうのではないか、

という不安は残っていて、

照明をつけたままにして、枕元には何かあったときにすぐに助けを呼ぶことができるようにスマホを置いて横になりました。

 

その夜は無事に過ぎ、気付くと眠ってしまっていました。

 

f:id:tsubakidoh:20180403212657j:plain

死の恐怖を感じた時から、頭の少し額よりの中心に空間ができたような間隔があって、

 

それが時々、

自己主張するので以前からそこにあった脳が圧迫されるような感じがしました。

 

その新しい空間が出来たせいで今まで何ともなく出来ていたことが全く新しい経験の様に感じられるときがあり、

頭では新しい経験と認知していても、

身体の方は既知の経験と記憶しているせいで、

体と頭の連携が上手くいかない感じがありました。

 

f:id:tsubakidoh:20180306185036j:plain

数日後にまた「死ぬかも発作」の小さいのが起きました。

 

ちょうどその頃にArn.のマテリアメディカを読んでいて、このレメディーにも卒中の発作や死の恐怖の症状があったので、30Cを1回、摂って眠りました。

 

早朝に目が覚めたときに、

自分が自分の体にいることがとんでもない奇跡に感じられ、

この肉体を持って今まで何十年も生きてきたことに何とも言えない感慨を覚えました。

 

生きていることが奇跡の積み重ねであることは分かっているつもりでしたが、

それは実感が伴っていない理解だったことにもきづきました。

 

そして、

数日後にまた件の発作が起きました。

 

これで3回目です。

今度は頭の中の新しい空間が強く主張し過ぎているせいで、頭の中身が窮屈で不快だったのでLach.を摂り、そのあとすぐに眠ってしまいました。

 

脱水かホルモンバランスの乱れか原因は今だにわからないままですが、

BBSHの卒業生の方たちと話していると、

「死ぬかも!」

と感じることが少なくとも1回はあった、と聞きました。

 

この経験の意味についてはいくら考えてもその答えは推論の域を出ない気がします。

それよりも、

私の物事の判断基準が、

「明日の朝に目が覚めなかったとき、これを後悔するや否や」

になって、

なんだかちょっとすっきりしています。

 

 

Lyc. ライコポディウム

シダのセレモニーの話の関連で、

 

ホメオパシーのレメディーでシダといえば、「ヒカゲノカズラ」からできているLyc.=ライコポディウムです。

 

ホメオパシーのレメディーの中では超・有名どころです。

 

見た目は巨大なコケのようですが、シダの仲間。

f:id:tsubakidoh:20180607190719p:plain

古事記では、

天の岩戸のうしろに御隠れになった天照大神に再びお出ましいただくために、

天鈿女が岩戸の前で舞を披露しました。

その時に身につけていたのがヒカゲノカズラと言われています。

 

古代の女性は巻き上げた髪にヒカゲノカズラを飾り、

今でも、奈良の率川(いさがわ)神社や京都の伏見稲荷の神事で用いられています。

 

ヒカゲノカズラは天鈿女の標識なのか、

能の演目「鈿女」の衣装にはヒカゲノカズラの模様があしらわれています。

f:id:tsubakidoh:20180607190825p:plain

また、

葵祭斎王代や、馴染み深いところですとお雛様の冠についている白いヒモのようなものもヒカゲノカズラを模したものです。

f:id:tsubakidoh:20180607190631p:plain

ホメオパシーにおけるLyc.のレメディー像は、

 

「内弁慶」

「自信がない」

「胃腸に膨満性の問題を抱えている」

「筋力の弱い知的な人」

 

などが有名ですが、

大レメディーだけあって症例も多く、

実際には様々なタイプのLyc.がいて一筋縄ではいきません。

 

Lyc.の行動の動機には「周囲に対する自分」があって、

うまくそれを使えているうちは世渡り上手な人でいられるけれども、

空回りして自信のなさにつながると身体的不調にまで現象が及んだり。

 

そういうところか私は非常に老成した人物を想像してしまい、

ちょっと意地悪に言えば狡猾ささえ感じさせるキャラクターとして浮かんで来ます。

 

レメディーを学んでいる時にはこのLyc.、

何だか地味だなーと思っていました。

 

現物質が強い毒性を持っているわけでもなく、

綺麗な花が咲く、とかそういったこともないし、

症状もなんだか派手さがない・・・苦しんでいる本人にとっては失礼な話です。

 

どうも捉えどころがなくて、いまだにぼんやりとしかこのレメディーのことを理解できていない感覚がありますが、

実際の患者さんは、家族思いのいいお父さんで、特別に胃腸に症状がないこともありました。

 

 フィリップ・ベイリーの『ホメオパシー心理学』によると、

Lyc.は文明化された国の人口比でNatrium Muriaticumに次いで第二位の頻度で、

とりわけ男性の20パーセントはLyc.タイプなのだとか。

 

この手のセラピー(ホメオパシーやらのエネルギー療法)を受ける男性の数は女性のそれに比べてぐっと少ないので、

ひょっとしたらこの割合はもっと高くなるかもしれませんね。

 

シダは歴史がある植物だから叡智がたくさん詰まっている、つまり、

より多くの人を癒すことができる可能性があるということなのかもしれません。

 

 

Year Ceremony

BBSHでは最終のスクーリングで各学年が発表の機会を持ちます。

 

Year Ceremonyと言われていて内容はそれぞれの学年が自ら作り上げます。

学年が始まった時からから準備が進められて、最終週で発表。

持ち時間は1〜3年は20分くらい、最高学年である4年生は1時間くらい・・・だったと思います。

 

今年のセレモニーはクラスメイトの一人が「ダウウンロード」した植物・シダを使った儀式。


f:id:tsubakidoh:20180607122732j:image

なんでも、

シダは古い植物なので多くの叡智をもっているので、

シダを使った古い医術の体系もあるのだそうです。

 

ホメオパシーのレメディー・Lyc.=ライコポディウムはシダの一種の鱗木を先祖に持つヒカゲノカズラから生成されます。

鱗木は石炭紀(今から3億5920万年前〜2億9900万年前)に栄えた、古い植物。

レメディー像のなかにも、知的さがちらほら見られますので、

シダは叡智をもった植物という話も私にはしっくりくるな〜。

 

光栄にも、

このYear Ceremonyのオープニングに携わる4人のうちの一人として参加することになりました。

 

「日本的な祈り」をもって参加することを提案してくれたのです。

とても嬉しいことですが、

 

はて、

日本的な祈りってなんだろうな?

 

私が私らしく捧げる日本的な祈りとは?

 

最初に思いついたのは、

門前の小僧なんとやら、そらで言えちゃう祓詞の奏上なのですが(お寺ではないけど、たとえ話で)、、、、

 

なんとなくしっくりこない。

 

自分から少し距離がある感じ。

 

そもそも、

私は神職さんになるための勉強をしたことはありません。

伶人として神事に参加しているから祓詞はなんとなく真似できます。

 

でも、私はあくまで伶人だから。

 

私が関わる音楽において最もシンプルで、かつ基本をなす行為は、

歌うこと。

 

雅楽は楽器を持つ前に、を学ぶ際に必要な「歌い方」を習います。

一応、楽譜はあるけれども、

まずは「唱歌」を歌って覚える。

それに加えて、笙吹きは神楽を歌うのが通例なのです。 

 

地歌(お箏と三味線)もその名の通り、

古典のほとんどの曲は弾き歌い。

 

笏拍子で浦安舞を歌うのが今思いつく中でいちばんしっくりくるけど、

本番までに気が変わるかも。

もう少し考えよう〜。

 

*ただいまヒーリングセッションモニターさま絶賛募集中!*

6月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

6月セッション予定〜三重県桑名市

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。

この世に存在をもたらす

今週末にはBBSHの3年生最後のスクーリングのために出発します。

 

もう、最後なんだ。

 

3年生って、もっと「楽しい」ばっかりだと思っていたけれども、

本当にきつかったです。

今もきついし。

 

振り返ると、

今年の個人的なテーマの一つは「存在すること」。

 

先生たちは"bring one's presence"という言い回しを使っていて、

日本語直訳だと「誰それの存在を持ってくる」。

f:id:tsubakidoh:20180415092459j:plain

私はこれが少なくて、

授業中に体が痛くなって座っていられなくなったり、

寝落ちしたり、

発言が少なかったり、

助けを求められなかったり、

で、ついには警告書を喰らうというところまで行きました。

 

「いやいや、

典型的な日本人で英語も全く堪能でなければ、欧米人に混じって存在感を発揮するのって無理でしょ!」

 

っていうのは認められない。

 

「何しに来てんの、アンタ?」

 

ってなわけ。

 

先生たちには言い訳の後ろにある防衛が丸見えなんです。

いや、

私以外には丸見えなんだろうな。

 

私の存在しようとしない態度は日本人同士のコミュニティーでも同じなので、

環境が原因なのではありません。

 

なにがきっかけでこうなっているのかは残念ながら私にはわからず、

いまはただひたすら、

「存在をもたらす」努力を意識的にやるしかないんだよね。

 

わかりやすく提示されてい課題なのだから、

もう取り組むしかない。

「怖い!」と避けていてもどうせすぐに同じ問題でぶつかるし、

避けて通るのはエネルギーがやたらに要るから・・・とはいえ、全力で避けていることはまだまだいっぱいありますけど。

  

*ただいまヒーリングセッションモニターさま絶賛募集中!*

6月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

6月セッション予定〜三重県桑名市

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。

今から思うと①

皮膚に症状を持っていても、

幼稚園時代いっぱいは月に一回、熱を出して寝込んでいたけれども、

概ね健康で通して来ました。

小学校の時は6年通じての精勤賞をもらったりしてね。

 

でも、

高校生くらいから異様に体が重くって、

大学になるとそれまで営々と培って来た信念体系がついに現実化しそうになって、

それが怖くて、

 

今から思うと、

精神を病んでいました。

 

当時の症状は、

午前中のはやいうちに、

体が重くなって動かなくなっちゃうってやつが頻発、いえ、毎日。

 

丈夫な体をもらっているので、

学校や仕事などの予定があれば体を気合だけで動かしていたけれども、

そうでなければ、

ひたすら横になっていました。

体が動かないから。

 

まずは体を動かさないと脳がはたらかない、ってのは今ではわかるのですが、

そのときはただひたすら、

横になったまま。

 

朝寝坊なのではなくて、

朝は目覚ましなしに5時55分に目がさめる。

 

でも、

8時には終了。

 

気分転換に外へ出たら、

余計に疲弊する。

 

f:id:tsubakidoh:20180530184802j:plain

これ、

今から思うと、

鬱だ。

 

でも、

そのときは精神の問題と思っていなかった。

 

家庭教師時代から今でも現在進行形で、

鬱や精神の不調に苦しんでいる若い子に会う機会があって、

 

それでようやく、

 

あれって鬱だったのかも

 

と思うに至りました。

 

彼らの話に教えられた。

 

あのときの私は鬱だったってこと。

 

当時も精神科だけではなく、心療内科も出来始めていて、

精神科と心療内科の違いとは、

みたいな話もありましたけど、

 

まさか自分の謎の症状が鬱とは思っていなかったです。

 

「私はなにか知りたいことがあったはずなのに、今生ではそれに辿り着けそうにない、むしろ遠ざかっている」

 

それが絶望の一番根っこにある言葉でした。

 

 

 

*ただいまヒーリングセッションモニターさま絶賛募集中!*

6月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

6月セッション予定〜三重県桑名市

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。

初夏の味

最近、いただくお酒の量がぐっと減って来て、

ビール自体からも遠ざかっていましたが

今日みたいなちょっと暑い日は飲みたくなるね〜。
f:id:tsubakidoh:20180603185106j:image

緑色のエビス。

これは本当に好き。

 

爽やかな初夏の味だ〜

雙調の味だ〜(変態炸裂・・・)

 

とか思ってしまいます。

 

昨日は、

いつもの神社で結婚式の奏楽に参加していました。

管は篳篥

篳篥のときは緊張するわ〜。

 

でも、

そうやって緊張しているな、

と認めることができるようになったのはちょっと前進。

 

前は、

「緊張なんかしてないもん!」

って意地を張っていた。

 

緊張して、怖がっている自分を頑丈な蓋つきの箱に押し込めて鍵を二重三重にかけていた。

 

恐怖の尻尾を掴んでおく

 

という発想を知ったので今はそれに挑戦しているところです。

 

*ただいまヒーリングセッションモニターさま絶賛募集中!*

6月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

6月セッション予定〜三重県桑名市

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。

Potluck

「Potluck Supperをするからよかったら参加してね」

 

前回のスクーリングの少し前にクラスメイトからメールが。

 

 

Potluck Supperとは、

1、突然の客に出すあり合わせの料理

2、参加者による持ち寄り料理の食事会

3、ありあわせのもの

 

の意味があるらしいのですが、

この場合は2つめの、持ち寄り食事会。

 

文化的背景がさまざまなので=信仰もいろいろなので、

 

はて、一体何を持っていくべきか

 

と思案したもののすぐにネタが尽きたので、

英語のサークルで知り合った海外経験の豊富な方たちに相談しました。

 

日本から持っていくことができるもの、

ということと、

宗教的タブーや食事制限に引っかかりにくそうなものを考えた結果、

 

抹茶とお干菓子

 

に着地。

デザート系は少ないだろうと踏んだわけです。

 

茶碗と茶筅茶杓、棗と茶巾に篩ったお茶。

お干菓子は緑寿庵清水(一発で変換できた・・有名なんだな〜)の桃の金平糖

f:id:tsubakidoh:20180429164328j:plain

前回のPotluck Supper


主催の同級生に、

 

「Potluckってよくわからなくて、何を持って行ったらいいの?宗教上の制限のある子とかベジの子、そうじゃない子もいるし・・・」

と言ってみると、

 

「なんでもいいよ、みんなが色々持ち寄るから、それぞれに食べたいものを選べばいいのだから」

 

そりゃそうだ・・・ていうかこういうノリが好き。

 

自由な背景には、ちゃんとその子は、

 

「それぞれに持ち寄る予定のメニューが決まっていたら教えてね!今のところこういうメニューが集まる予定だよ!」

 

とグループに知らせてくれていました。

 

次回のクラスでもこの持ち寄りパーティーが開催されることになっています。

 

次回は何を持って行きましょうか?

*ただいまヒーリングセッションモニターさま絶賛募集中!*

6月セッション予定〜名古屋

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

6月セッション予定〜三重県桑名市

バーバラ・ブレナン式のヒーリング実習にご協力いただける方を募集中。

学生による施術のためにセッション料金は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。