つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

勉強会

先週に組歌演奏会が終わったところですが、本日は社中の勉強会でした。

 

「12月15日、勉強会やしな」

 

「先生、すると、組歌演奏会の翌週ですね。」

 

「!そうやん!」

f:id:tsubakidoh:20171209163622j:plain

懐かしの三味線バラバラ事件。

例年ですと「正月事始め」の時期ですが、

本年は事情によりありません。

 

正月事始め

ってのは、12月13日の夕方のニュースで見る、

祇園の舞妓さん芸妓さんがお家元にご挨拶に行く、あれですわ。

 

弟子:「おめでとうさんどす」

師匠:「おことおおさんどす」

 

ってやりとりがあって、お扇子をいただく・・・これは祇園の場合ね。

 

我々は、

各々のお鏡さんに、

名札、橙、裏白、昆布、ゆずり葉(芸を代々に譲って伝える)をつけて師匠宅の床の間に飾ります。

昔は「松魚」のかわりに「松魚料」を納めていましたが、それは廃止されました。

お鏡さんを飾ったら、

みんなで蒸し寿司をいただいて、

新年一発目の演奏会の下合わせと何曲かの合奏練習をする、ってのがお決まりです。

 

本日の演目は、

 

楓の花

夏の曲

冬の曲

六段

つつじ

光悦によせて

桜ゆらら

雪月花によせて

遠砧

春の園

 

だったかしら。

終始、ばたばたしていて写真はゼロよ。

 

BBSHのフロリダ校時代はこの手のイベントに参加できず、

今日は久々の合奏大会で楽しかったです。

しかし、サボっていた間の鈍った感覚がなかなか戻らない。

手の方はようやく感覚が戻ってきましたが、

声と全体を把握する感覚のほうがまだまだやな〜。

 

力とリーダーシップ

フロリダでのBBSH時代(っていう程も昔の話ではないが)の同級生とのグループチャットの中で、

力とリーダーシップについての経験がシェアされました。

 

私が復学した学年はBBSHの大変化の影響をモロに受けたメンバーがほとんどで、

この問題に触れやすい環境にあるのかもしれません。

 

先日、ご紹介したJoy D'Andreaのワークショップのテーマが奇しくも「リーダーシップ」に関するもので、

これは今、日本人女性に向けて特別に必要とされているテーマなのかな?

と思っていましたが、

実は日本を超えた多くの地域共通のテーマなのかもしれない、などと感じている次第です。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

冬の光

10年くらい前にサンキャッチャーを作るのにハマっていたことがありました。

その時の作品が今、いい仕事をしております。

 

自分用だけではなく、

お誕生日のプレゼントとして当時の生徒に作ってあげて、

休憩時間にサンキャッチャーが作る虹を見たりしてね。

 

サンキャッチャーが作る虹を見た時のあの子の表情がいまだに忘れられない・・・今頃は夢を実現させているのだろうね。

 

誰しも繊細な部分を持ち合わせているから、

私の担当した生徒たちが特別に繊細と申し述べる気はないのですが、

色々なタイプの繊細さから来る不調や不自由さに対応できるツールを幾ばくか知っていたことは、

この業界の端っこにいてよかったな、と思える数少ない理由の一つです。

 

難しい細工はしませんが、

プレゼントする方の印象を細かいパーツのビーズで表現したり、

ご要望があれば、必要な要素を表す色のビーズを使ってみたりして、

随分たくさん作りましたね〜。

f:id:tsubakidoh:20191210174544j:image

窓が小さい自室でこの光景は冬限定です。 

f:id:tsubakidoh:20191210174535j:image

 スワロフスキーのシャンデリアパーツは格別に美しくて、

虹もくっきりと色が出ます。

 

まだ当時に入手した材料が残っているから、また作ろうか。

 

ただいま絶賛、募集中です↓


tsubakidoh.hatenablog.com

tsubakidoh.hatenablog.com

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

久しぶりに演奏会

久しぶりの演奏会が終わりました。

演奏会と言ってもいろいろありまして、

今回のは所属会のメンバーとして出演するもので1曲しか弾きません・・・大体の演奏会は1曲だけ出演です。

 

f:id:tsubakidoh:20191208165906j:image

三味線組歌という、

三味線音楽の中でもかなり古い部類の曲を集めた、渋さの頂点を極めたような演奏会です。

渋いけど、私は三味線組歌が好きです。

演奏していて面白い類の曲ね。

 

 

f:id:tsubakidoh:20191208165819j:plain

「黒留袖」の決まりはあっても、

帯や小物に縛りはないので締めやすい、結びやすい帯と帯締めを選んだら、なんかちぐはぐやったな。

 

まだまだ募集中です↓

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 



【告知】Joy D'Andrea 『女性のためのリーダーシップ』1ーDay ワークショップ

BBSHJ Year1時代のYear Dean(学年主任)だったJoy D'Andreaが日本にやってきます。

1Dayのワークショップ開催のためです。

Joyご本人によるファシリテートとのこと。

 

テーマは「女性のためのリーダーシップ」。

 

Joyは何年もの間、日本人のクライアントとワークし、サポートしてきました。

私もASBIWに進学するタイミングでJoyのBIPセッションを定期的に受け始めましたので、少しご紹介。

 

多くの日本人との関わりの中で、このテーマがJoyに示唆されたようです。

 

特に、いま、

日本人の女性がリーダーシップに関する転機を迎えている、と感じているとか。

そしてこの転機を過ごすにあたってのサポートをしたい、と。

 

グループで経験するワークショップと個人セッションの時間が設けられています。

 

グループをリードする時のJoyの安定感、揺るぎなさ、安全なコンテナは、

ワークやグループへの信頼とともに、

これからの我々の在り方に大いに参考となると思います。

 

個人でワークする時には、

一見バラバラに上がってきたテーマが一気に統合されるのを、私は毎回のセッションで経験しました。

 

すでにリーダーの役割を果たしつつある人、

今後、それが見込まれる人、

職業を持っていようがいまいが、

「リーダーシップ」の観点は我々の文化では、

とりわけ女性にとって距離のある話題なのではないかと思います。

 

いまだに私もピン、と来ない、

想像すら難しい話題です。

 

だからこそ、

今必要なのだろうな、と。

 

ワークショップには通訳さんがつきます。

個人セッションでは通訳あり、なしを選ぶことができます。

Joyは日本人の英語に慣れているので私程度の英語なら通訳なしでやりとりできます。

f:id:tsubakidoh:20191206173000j:plain

 

ワークショップ: https://resast.jp/events/388970

個人セッション:

http:// https://resast.jp/page/event_series/50286

お問合せ:kanai.gongon@gmail.com

 

私もなんとか参加の方向で調整中です・・・翌23日が演奏会なんだよ〜〜。

ダム散歩とシャドウイング

現職になってから歩かなくなりました。

 

前の仕事は基本が立ち仕事でしたので、

普通に勤務しているだけで結構な運動をしていました。

就職したばかりの頃は筋肉痛になっていたもんね〜。

 

f:id:tsubakidoh:20191206171306j:image

動かなさすぎて気持ち悪くなってきたので、

かつてよく訪れたダムへ歩きに出かけるようになりました。

 

小学校のころには遠足の目的地、

中高のころにはマラソン大会のコースとして馴染んだ場所です。

 

適度に木々や水があって、

かつ舗道の整備ができていて、いいバランスです。

 

以前は1回出かけると帰宅後に倒れるくらいに疲弊していましたが、

久しぶりに出かけたら全くそのようなこともなく・・・たくましくなったな、私。

 

道幅が広い分、周囲を気にすることなくシャドウイング練習もできたりして、なかなか良いです。

シャドウイングの教材(?)はバーバラのチャネリング・・・イイノカナ〜?

 

なにはともあれ、

こちらでお得に購入できます↓

wp.barbarabrennan.com

 

日本語版のヴィシュアライゼーション・シリーズもありますよ。

ダウンロード版はかなりなお得感。

 

ただいま募集中です↓

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

三代目・iPad

久しぶりにiPadを買い替えました。

これで3台目。

前機はiPad miniの一番最初のモデルだったと思います。

その端末ではPagesも使えないし、

ましてや、私がここ1年ほど最も関心を持っているクリスタやアイビスペイントなどのドローイングアプリが使えませんでした。

そこへきて最近は電子書籍の閲覧さえ動作が怪しくなっていて。

 

近年はiPadは本体だけでもちょっとしたノートPCが買えるレベルの出費になる試算でしたし、

 

しかーし!

 

この秋に発売されたiPadは私が今必要とする機能を備えつつもお値段は抑えめ。

 

はい、買いました。

 

しかもApple Pencilとスマートキーボード付きで。

 

(スマートキーボードのカラーバリエーション求む・・・。)

 

授業で使われたスライドをメモアプリを使って復習したり、

発表用資料をApple Pencilで作ってみたり。

PagesやWordもクラウドを使って作業ができるので色々と快適になりました。

 

不満を言うなら、アプリを同時に動かすことができないことかな・・・これに関しては、私が知らないだけで解決方法があるのかもしれません。

 

 ホメオパシーのセッションではiPadが大活躍しましたが、

BHS、BIWセッションでは今のところ出番はなさそう。

tsubakidoh.hatenablog.com

 

尊重する

前回のクラスは犬子の腫瘍摘出(2箇所)と避妊手術直後の参加で、

加えて出発時点では腫瘍の病理検査結果が知らされていませんでした。

1箇所については50%の確率で悪性。

もう1箇所は急激な変化から悪性と判断せざるを得ませんでした・・・実際は悪性度が極めて低いものではありましたが。

 

f:id:tsubakidoh:20190922185707j:plain

そんな心境で参加したクラス中に私がプロセスの深いところに行くか行かないか、

の選択をする場面になったとき、

私は「行かない」選択をしました。

 

私がここで深いプロセスを経験することによる変化がたとえポジティブなものであろうとも、

万全ではない体調の犬子に影響を及ぼすことを良しとしなかったからです。

 

どんな影響も物質的な身体には負担であることに変わりはないからです。

これがBBSHにいることは体力勝負、と言われる理由の一つです。

 

 

私の願いは、

 

今はただ犬子に穏やかに過ごして欲しい

 

そう思ったからの「プロセスをあえてしない」選択をする、

とグループに伝えました。

 

ひょっとしたらそれは私が痛いところを見たくないゆえの決断かもしれません。

その可能性は否定する気はさらさら、ありません。

 

それでもしかし、グループは私の選択を尊重してくれました。

 

普通なら、押すところですよ。

「いや、今その問題が出てきているのだからワークスべきだよ」

と。

 

結果的にはそれは私が本来の自分に戻るのを遅らせることになるかもしれなくても、

それをわかっていても、

私の選択を「強さ」とさえ言ってくれました。

 

こういう経験があるから、

グループへの愛着が湧くのだろうな、

と思う出来事でした。

 

どんなしんどい要素がそこで提示されても、

このグループだったら委ねることができる。

 

BBSHでのつながりがかけがえのないもの、と言われる所以がここにあると、思いました。

 

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

なに由来の気質か?

「間違いなくイギリスの方が向いているよね」

と言われつつも、

同級生の

 

アメリカ人・・・無理」

 

のコメントを聞いて、

私は結構、いや、かなり、

アメリカ人に囲まれていて楽しかったと実感しました。

 

日本人ゆえの受容性?

関西人気質?

もっと細かく、伊勢人気質?(古くからの観光地ゆえ、適当にうまくやれる)

 

BBSHの日本校、フロリダ校、ヨーロッパ(バッドイシュルではなくオックスフォードですが)校を経験してみて、

結局、「みんな違う」し、同時に「人類皆同じ」な心境です。

 

 

まだまだ絶賛、募集中です。 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

どんどん便利な時代

2009年にBBSHに入った頃、

先生たちがレクチャーで用いるスライドを学生たちは必死で書き写していました。

 

見るに見かねて先生が、

「スライドを書き写す必要はありません。」

と言っちゃう始末。

 

ノートをとる作業は時に「感じる」ことを阻害するから、

特にキャラクトロロジーのレクチャーでは書くことに気を取られないよに、と。

 

時代は変わって、

いまはスライドをスマホでパシャ!

 

これだけでも便利になったな〜、と思っていたのに、

さらにGoogle先生はこの写真から英文を読み取って翻訳してくれちゃう。

 

ええ時代や〜。

 

もちろん、細かいところは直して読む必要がありますが、

おおよその構造はわかります。

 

かと言って英語学習を怠る理由にはならず、

 

語彙力増強

リスニング力アップ

アウトプットの練習

 

は意識してやっていかないとね〜。

 

復学1年前からアルクヒアリングマラソンのintermediateコースからの本科(?)をやっていました。

intermediateはなんとかこなせたものの、本科はなかなか厳しかったのですが、

最近、またやり直したら、

結構、すっとできるようになっていました。

 

それでも、スクールにいるとダメダメ英語なんだけどね〜。

 

今期朝ドラの十代田八郎役の方、

海外ドラマ・ベルサイユのルイ14世弟役の口元がそっくりよ。

英語の種類はよくわからないけれども、

あのドラマで聞く英語が今の所一番好きです(ドラマの舞台はフランスなのだが〜)。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

酒の肴?

ようやく、十二国記の新刊を堪能しているところです。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 久しぶりに小説を読みます。

読まなきゃいけないものが多すぎて小説を読む余力がなかったのがここ数年です。

 

それほど読書が好きではないのでしょう。

 

私の場合、小説のお供はお酒です。

むしろ、酒の肴が小説。

 

夜に、全てが終わってからちびちびお酒をいただきながら文字に、世界観に没頭するのがなんとも楽しくてつい夜更かししてしまいます。

 

次は、遅ればせながらのハリーポッターシリーズを肴にする予定。

 

 

ああいう世界観、好きなんだよね。

 

 ただいま募集中です↓

tsubakidoh.hatenablog.com

 

はんぶん

自室改造計画はいまだに進行中・・・年内に終わらない気がしてきた。

 

涼しくなってきたのと、

今週はボス不在のために自室で作業することが多く、

作業の合間に計画を進めた結果、半分は作業が完了しました。

 

あえて背の低い書棚を設置して気に入りのものを飾ります。

 

同級生がくれた古いハーモニカ、

同じく、元・同級生(1年休学した)がBBSH卒業のときにくれた手編みの作品、

BBSHのセレモニーでもらった数々のシンボルたち、

長い付き合いの天然石。

 

この時期は暖かい光が欲しくなるね〜。

・・・まだ雑然としていますがじょじょに整えていきましょう。

f:id:tsubakidoh:20191126205949j:image

何年か前、BBSHJ撤退直後くらいに、元・BBSHteacherのオープンレクチャーに参加しました。

 

「自分の部屋が自分のパワーチャージさせる場所になっているか否か」

 

そういう問いかけがあったと記憶しています。

 

自室の「中心」はどこか、感じて欲しいと。

 

振り返れば当時の自室は到底そんな状態ではなく、

ただ睡眠をとるだけの場所でした。

長らくその状態は続き、

そういう意味合いを持った自分のスペースを確保するどころか侵犯さえ経験し、

今になってようやく自分が安らぐことができる場所を構築しつつあります。

 

これを可能したのは、

「自分はこうありたい」とわかる(以前はわかりませんでした)のと同時に、

主張できるような環境で自分を保つことができるようになったからです。

 

この感覚を自然に得たのは、

自分の中でコアスターとコアスターヒーリングが身についてからなのではないかと思います・・・あのYear4のYear DeanのOKサインが証明書だったな。

 

今の時点での私の理解では、

アスター・ヒーリング、最強。

 

このヒーリングに至るまでは段階を踏む必要があるようですが(year4のいっちばん最後で習得するのを許される)、

その段階の踏み方を我々(定義はさておき、所謂日本人と日本の文化背景を持っている人)はよく識っている。

 

だからこそ、の弊害もあるけれども、

「識っている」ことの強みに変わりはない。

 

一番近いところにいるけれども一番遠いところにいる。

 

ハラとコアスターの関係は(も)パラドキシカルだな、と思うこの頃です。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

 

セッション予定《12月》と年末年始のお知らせ

 

 

BHSセッション(有料)、BIWセッション(学生によるセッションのため無料)のお申し込みを受け付けております。

f:id:tsubakidoh:20190903184315j:plain

この秋より、お選びいただける日時に幅ができました。

・ご希望のセッション(BHSかBIWか、BHSの場合はご希望のコース)

・BHSご希望の場合はセッションを受けていただく場所(名古屋・千種駅付近か桑名駅付近)

・ご希望日時の候補を3つほど

 

お知らせくださいませ。

 

このブログのメールフォームをお使いいただくのが便利です。

あるいは、

tsubakidoh@@gmail.com

まで(@を一つ、外してください)。

 

BHSセッションについてはこちら↓対面セッションです。

tsubakidoh.hatenablog.com

 BIWセッションについてはこちら↓対面あるいはスカイプなどを用いたセッションです。

tsubakidoh.hatenablog.com

 

12月の足音が聞こえてまいりました。

 

毎年言っているけれども言い飽きない「もう年末!?」

いやいや、この間お正月でしたやん・・・。

 

*年末年始のお知らせ*

 

休業:12月30日〜1月4日

 

正気の紅葉狩り

リクエストにお応えして紅葉狩りへ。

 

地元では紅葉で有名な古刹です。

 

f:id:tsubakidoh:20191127175358j:image

もうそこまで山が迫ってきています。

 

f:id:tsubakidoh:20191127175411j:image

紅葉が映る池とか。

f:id:tsubakidoh:20191127175441j:image

真っ赤な絨毯とか。

 

禅寺なので定期的に座禅の会が開催されているようです。

 

ASのClass1で、

日本人というだけで座禅っぽい姿勢をやってみたら、

そこからメディテーションをリードする展開になりましてん・・・座禅なんてやったことないのに〜。

 

茶席での掛け物にはしばしば禅語が登場するし、

茶道自体が禅要素に溢れていて(鶏が先か卵が先かって話になりますが)、

全く知らない世界ではないのだけれども、

これくらいの距離で触れることができるのなら参加してみようかしら?

 

紅葉といえば、

上村松園の「花筐」です。

 

美しさと狂気のはざまの甘美な誘惑。

 

口腔ケア

前回のスクーリング最終日の朝、

いつものようにフロッシングをしていたら、

 

ぱりん

 

という音とともに歯の欠片のようなものが歯茎に刺さっていました。

 

・・・ついにこの時が来たか、と覚悟を決めた瞬間。

f:id:tsubakidoh:20191019174344j:plain

私は長らく、歯医者さんにかかっていません。

もともと、歯が丈夫なのです。

母は子供の頃、親子でエントリーする良い歯のコンクール的なもので2年連続、日本一に輝き、ランドセルを手に入れました(記念品がランドセルだった模様)。

一緒に日本一に表彰された伯父は

「きちんと歯を磨くの?(だから綺麗な歯を維持しているのだろう?)」

とインタビュアーに聞かれて、

 

「磨かへん」

と即答したという・・・クウキヨメテナイヨー。

 

そう、

習慣ではなく、歯自体が丈夫なのです。

エナメル質が分厚く、歯根がぶっとい、ついでに歯自体もでかい。

 

毎食後の歯磨き

毎日一回のフロッシング

舌磨き

 

これらは単に自分が気持ち悪いので続けている習慣。

あと、吹く楽器を演るので楽器を持つ前には歯磨きをします。

 

特に痛いところもない。

歯がぐらつくとか、

歯茎が腫れる、とかもない。

 

それでも、

あまりに放置しすぎなのことは気にはなっていたので、ちょうどいい機会と歯医者さんへ。

 

結果、

欠けたのは歯石で、今日の処置は歯石の除去。

そのほかの問題は「大したことがない虫歯」の部分の詰め物がとれていること。

ここは後日、詰め直しをして、終わり。

 

歯は、親知らずまで全部あって、

その親知らずも奥の方にあるのでさしあたって何かする必要はない、とのこと。

 

確かに、

いつだったかのある瞬間に、

今回歯石がとれた場所に「何か」が誕生したことには気付いていました。

 

そしてその歯石が除去された今、

なんか変な感じです。