つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

満杯です

職場に年間かなりの頻度でお持ち込みいただく作品があります。

 

2枚一組の大きな和紙に染色された絵画です。

 

どうやら縁起物らしく、

2枚1組で機能するもののようです。

 

1枚は邪気を吸い取り、

もう1枚が良い気を発する、とのこと。

 

今の職場に入ってから一体何組扱ったことか。

私が扱っただけでも数え切れないくらいで、

他のスタッフが扱ったものも含めればかなりの数になります。

 

相当に有名らしく、

職場以外の知人に話してもすぐに、

「ああ、あれね!」

とリアクションがあります。

 

私自身は失礼ながら特に関心もなく、

一つの作品としてご注文をお受けするに止まっていました・・・全く趣味じゃない絵なので。

 

先日、

またこのひと組の絵画が持ち込まれました。

 

同じ作品とはいえ微妙に大きさが違うこともあります。

改めて採寸をするために、

丸められていた紙を作業台の上に広げました。

 

広げた瞬間、

 

これはあかん・・・

 

と思いました。

 

同じ絵柄のはずなのに明らかに様子がおかしい。

 

退色や破損ではなく、

 

もう、

 

見ているだけ、

そばにいるだけで気分が悪くなる。

 

2つの絵柄のうち、

どちらが「邪気を吸い取る方」かは存じ上げませんでした。

 

しかし、

開いた瞬間にわかりました。

 

一方がパンパンに吸い取っていましたから。

 

あの「縁起物」は一定の効果があるとわかりました。

 

夏の夕べにちょっと不思議なお話でした。

 

しかし、私にとってはリアルです。

 

快方に向かっていた第4レベル案件の皮膚炎症が再び悪化を始めましたから。