つばき洞生活ノート

BBSH(バーバラ・ブレナン スクール オブ ヒーリング)の学生の日記です。

鷗游舎・体験マルシェ

先日の4月12日に、

三重県菰野町の古民家・鷗游舎(重盛邸)で開催されたマルシェに参加してきました。

f:id:tsubakidoh:20180412214030j:image

 これ、大伯父がモチーフに使った門だったと思う。

 

10年くらい前の今頃、私は会場となった大広間で「古道成寺」のアストラル界のドロドロ世界観を展開していたんだから・・・

というのは、京地歌メインでまさかの単独演奏会という無謀極まりないイベントを2回もさせてもらったんですね、それも前途有望な従姉妹の作品展とともに。

 

私、「道成寺」「富士太鼓」「鉄輪」などの怨霊系の曲が得意なんです。

曲調も音程もノリも全部私向きなので、

「ここ一番!」ってときは怨霊系なんですわ。

 

ちゃんと(?)バランスをとって、その演奏会では「浦安の舞」を子供たちに舞ってもらいました。

 

・・・閑話休題

まさかここでヒーリングでイベントに参加するとは・・・人生何が起こるかわかったもんじゃない。

 

しかしその種は私がどこかで蒔いたものなんだろうな。

 
f:id:tsubakidoh:20180412214016j:image

 会場は20畳の大広間は、

関東の大工さんが作ったから畳の大きさとか雪見障子とかのいろいろが関東風なんだって。

 

近くのブースだった主催者のマジェンタ 美奈子さんや、はるばる遊びに来てくださったBBSHの先輩が呼び込みをしてくださって、

結局、10人!もの方にヒーリングを体験していただきました。

 

ちょっと前なら3人で限界だっただろうところ、

日頃のスクワットのおかげと、

途中に受けた出店者のお一人の大塚先生

の整体で私の太ももはなんなく乗り切った!

 

大広間には他のブースのあるので、

気を遣っていただいて衝立を借りましたが、

それほどプライベートな空間は確保できないのでキレーション(全身のエネルギーの流れを整えるスキル)をメインのメニューにしました。

それでも、エネルギーの満ちかたや身体感覚からの情報と、

その方の言葉で教えてもらう情報で自分のなかに多くの症例が増えました。

 

で、

おいしかったのが、これ!

f:id:tsubakidoh:20180412214041j:plain

山小屋カフェ・ピーターパンの森キャンプ場さんのベジ弁当。

空腹を極めた私が車麩のフライとご飯を一口食べた後の図。

 

これ、作るの大変よ〜。

車麩のカツ、大豆肉の甘酒味噌炒め、干し大根のトマト煮、酒かす豆乳クリームペンネ、大豆と里芋のごまクリーム和え、干し大根葉の混ぜご飯、ベジ海苔巻き。

 

鈴鹿の「I inside」さんの自家製天然酵母パンも、

酵素ドリンクもとても美味しくて、

AGE(終末糖化産物)について知ったり、

トールペイント

英語でポジティブマインドな講座 と盛りだくさん。

 

こういうイベントを主催することの大変さ、

宣伝の仕方など諸々がとても勉強になりました。

主催のマジェンタ 美奈子さん、

会場提供の鷗游舎さん、

その他の出店者の皆さん、

会場にお運びいただいたみなさん、

本当にありがとうございました。

 

あと、大塚先生の施術を受けて、

やっぱり自分は勉強がまだまだ足りないな〜、と。

 

自分が体感したもの、

クライアントさんと共有したものを言語化するための知識が欲しい。

内観も大切だけれども、

外に出て知識を貪欲に獲得しなきゃ。

それがクライアントさんの、いまここにある不快症状を少しでも改善する可能性を秘めているのなら手を伸ばさなきゃいけない。

 

 最後に、マジェンタ 美奈子さんのブースで龍神カードセッションを受けたときに引いたカードの一枚。

リミテッドエディションにのみ入っているカードなんだってさ。

カードの引きがいい!っていろんな占い師さんから褒められるんですよ、の証左がまたここに・・・。

f:id:tsubakidoh:20180412214053j:plain

レアカードだそうな。