つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

季節は進む

訳あって料理当番な最近です。

 

料理は好き。

 

数日分の同時進行で作っています。

今日のメインを作る間に明日、明後日の分の下ごしらえをする。

こういう段取りを考えるのが好きですね〜。

 

一昨日のクリームシチューは明日のラザニアの一部になるし、

ラザニアを茹でている間に明後日のねぎ焼きのネギを刻んで、

いつか使うほうれん草の下ゆでをしておく。

 

家の外では季節が進みます。

去年の花の後にきちんと肥料をあげたら、

今年はこんなにも立派な蕾がつきました。

芽かきをすればもっと大きな花になったのでしょうが、その機会を逸しました。

 

f:id:tsubakidoh:20200414174739j:image

 うっすら花弁の色が見えていますがまだまだ咲きません。

牡丹の咲き始めは「揉み出す」と表現するらしいのです。

ほんとうにその通りで、

花蕾が刻一刻と、それはそれはダイナミックに変化していきます。

f:id:tsubakidoh:20200414174751j:image

こちらは別の株。

まだまだですね。

 

この時期は水分を大量に必要とするらしく、

昨日1日あんなに降雨があったのに、

昼前には蕾が首を垂れていました。