つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

作品のピーク

 小さい作品も大きい作品も、

大体いつも下地を作った後の一回めに色を置いた時が一番評判がいい。

 

「このまま出しちゃえば?」

 

自分はまだまだこれから、って段階なのにそう言われる。

 

今度の作品も同じく。

 

ジェッソを2回塗ったキャンバスにモデリングペーストとシェルを混ぜたものを置いていく作業の後に、

下塗りのつもりで色を置いたら、

 

「もうこれ以上触らないほうがよくない?」

 

って話になった。
f:id:tsubakidoh:20171124183505j:image

 それが、これ↑。

 下書きの木炭を消すために白を塗って、

いじっているうちに先生の評価は芳しくなくなる。

 

まだどれほども描いていない。

 

どれほども塗っていない。

 

それは作品の良し悪しとは関係ないのだけれども、

もうピークを迎えてしまった(あるいはピークを超えた)のかと思うと、

微妙な心持ち。