つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

エッジ

結婚式の奏楽でいつもの神社に行ったらば、

ソメイヨシノが咲きそうになっていました。

 

一昨日はずいぶんと暖かかったからね、一気に蕾が膨らんだのでしょう。
f:id:tsubakidoh:20180317201447j:image
(うーむ、ピントが石灯篭にあっておる)


f:id:tsubakidoh:20180317201435j:image

駐車場の蕾もピンク色になっている。

木がうずうずしているのが伝わってくる。

 

今日はいつもとちょっと違うメンバー構成でした。

 

地歌ではここまで「同じ曲」を違った「相手」と演奏することはないから、

人によってここまで違うのかって、びっくりします。

 

笙吹きとして篳篥の気持ちが知りたい、

と思ってときどき篳篥を吹く自分は、

やはり根っからの篳篥キャラクターではないのだな、と思った次第で。