つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

性格構造のルブリクス化

目下、Projectに取り組んでいるところです。

 

やってみたいテーマが2つあってどちらかに決めることができなかったので、

同時進行で資料を集めていたのですが、

結局は、

ホメオパシーと性格構造学」に落ち着きました。

 

このタイトルだとくくりが大きすぎますので、これから方向性は絞っていこうかと。

 

「やってみたいこと」があったのでまずはその作業を完成させましょう〜(完成はないので暫定的な結論ですな)。

 

というのが今の段階であり、

これができたら8割方終わったようなものですよ。

 

Projectに対しても、

今の自分の手に余るような「最高のもの」を設定してしまっていたので苦しかったと気づきました。

 

よくよくProjectのガイドラインを読んでみると、

自分がいかに「理想の自己像」にしがみついていたのかがわかったという、BBSHらしいオチ。

 

いやはや、

私のシミリマムレメディーは「理想の自己像」に突っ走りやすいのね〜、

と改めて認識いたしました。

 

少し前にMacを乗り換えてからMacRepertoryもReferenceWorksも使っていなかったので、

シナジー(MacRepertoryとReferenceWorksのライセンスを所持している会社)のスーパー優しいサポートシステムに助けられて両ソフトの再インストールからはじめることになるという、怠け者のホメオパスでございます。

 

ホメオパシーの勉強をしばらくサボっていたので良いルブリクスが思い浮かばず悶々としながら、

最初に習うキャラクター「スキツォイド型性格構造」のレパートライズを。

 

次に習う「オーラル型性格構造」をやっていくうちに調子、出てきたよ〜。

 

f:id:tsubakidoh:20190304180411p:plain

そして、何よりも良いことに、

 

だんだん楽しくなってきた!

 

この作業自体は楽しいに決まっている、と思ってはいたけど、

予想以上に楽しいよ。