つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

大人と子供

DLM6と、同時に提出が定められていたProjectについてのフィードバックがありました。

 

DLMに表現されているのは多大な痛みに苦しむ子供で、

一方、Projectでは希望にみちた大人のプレゼンスがある。

まるで別人が書いたようだ。

 

Projectのタイトルは、

 

Homeopathic Analysis of Five Character Structures(仮)

 

BBSHで学ぶ性格構造学の5つの分類についてホメオパシー的分析を試みるという壮大なテーマでございます。

用いたホメオパシーのメソッドは周期律表。

 

でもさ〜、

私、

性格構造学(キャラクトロロジー)も

周期律表も、

 

嫌いなんだよね〜。

 

f:id:tsubakidoh:20190301223145j:plain

そんなに人間、単純やないって。

 

性格構造学に至っては、

 

「私はスキツォイドだから〜」

 

「誰それはリジット強いから〜」

 

みたいに、

決めつけっていうか、Judgementの手がかりを作り出しているようで好きじゃないんだ。

 

じゃあ、なんでそれらを1つだけではなく両方ともProjectのテーマに選んだのかっていうと、

 

嫌いだから

 

なんだよね。

 

嫌い、ってことはそこには何かあるから。