つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

「神聖さ」とは?

Year4の卒業セレモニーで私は

 

ハラヒーリングコメディーパート生徒役その3

ゾンビ

セレモニーのクロージングでなんかの楽器演奏

 

をすることになっています・・・多分。

 

今回はスクール後にも旅程が組んでありますので繊細な楽器の持ち歩きはしたくないのが本音。

 

よって、

笙は候補からはずれます。

 

同じ理由で三絃もボツ。

撥の持ち出し手続きもややこしいし・・・プラ撥ならなんの問題もないのですがいかんせん、弾きにくい。

 

事情を鑑みて篳篥に落ち着き、

目下、選曲中です。

f:id:tsubakidoh:20190529183220j:plain

しかし、

雅楽の曲で「神聖な曲」といえば、、、どれもだよ。

シチュエーションは、

セレモニーのサブテーマである「我々の先祖」に関する写真をプロジェクタに映し出している、どちらかというと静かな雰囲気。

 

だから、あまりノリノリな曲では合わないよねぇ。

 

いっそ、雅楽の曲からはずれてもいいかも、

と発想を変えて、

 

スコットランド民謡の蛍の光

アイルランド民謡のThe Sally Gardens

Amazing Grace

テルーの唄

 

あれ?

神聖さからまた外れてしまっているかも。

オーガナイザー役の子に相談してみよう。