つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

BBSH Year1では何を学ぶのか③〜クリエイティブ・アートⅠ

BBSHでは何を学ぶのかシリーズ3回目です。

これまでの内容はこちら↓

1回目:ブレナン・ヒーリング・サイエンス

2回目:サイコ–スピリチュアル・デベロップメント

 

3回目はクリエイティブ・アートについて、

これまたカタログからご紹介します。

 

クリエイティブ・アートⅠ

45時間

クリエイティブ・アートⅠでは、第1〜第3チャクラ※1から自己の感覚を深めていきます。学生は様々な芸術様式を試み、それを自己発見や自己表現の道具として創作活動を行います。

クラス内容:

  • ヒーリング・アート
  • アート・プロジェクト※2のプレゼンテーション
  • ムーブメントを通した心と身体、スピリットの体験

 

 

つばき洞注釈:

※1 Year1=1年生では第1〜3チャクラとそれに対するオーラフィールドの第1〜3レベルを扱います。Year2で第4チャクラと第4レベル、Year3で第5〜7チャクラと第5〜7レベル、Year4はオーラフィルドより深いところに存在するハラレベルとコアスターのレベルを扱います。

 

※2 「アート・プロジェクト」はアート作品の展示か全校生徒の前での発表を選ぶことができます。必ずどちらかの形で提出する必要がある課題を言います。

 

つばき洞感想:

アートの時間は楽しかったですね。絵を描いたり、詩を吟じたり、粘土をこねたり。

私はもともと絵を描きますし音楽をやってきましたが、どれも「頭でする」ことが多かったので、BBSHでのアートへのアプローチは新鮮でした。

上手下手は問題ではないし、とりあえず理論、技術的なものはすっ飛ばして良い。

各自の創造性をより発露させるための回路を体感をもって学ぶ感じです。

 

なぜヒーリングスクールで「アート」なのか?と思われるかもしれませんね。

その理由としては、

創造性はヒーリングを組み立てる時に大きな役割を果たすことになりますし、

私たちは人生の創造者なのですから、「創造性の発露を促してより良い人生へLet's go!」な意味が含まれているからと思われます。

 

アート=人為ということは、人間誰しもアーティストなのだ!