つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

BBSH Year1では何を学ぶのか④〜プロフェッショナル・プラクティスⅠ

BBSHでは何を学ぶのかシリーズ4回目です。

これまでの内容はこちら↓

1回目:ブレナン・ヒーリング・サイエンス

2回目:サイコ–スピリチュアル・デベロップメント

3回目:クリエイティブ・アート

 

今回はプロフェッショナル・プラクティスです。

いつもと同じくスクールカタログ2010~2011より。 

プロフェッショナル・プラクティスⅠ

履修時間:17時間

プロフェッショナル・プラクティス・コースでは、クライアントとヒーラーの関係や、プロのヒーラーとして果たすべき責任について学びます。グループ・スーパービジョンと呼ばれる専門知識を有するリーダーによる少人数制のグループ・ワーク※1では、学生がヒーリングをするにあたり問題になっている事柄や、それに関連した個人的な問題を解決するサポートをしていきます。またプロフェッショナル・プラクティスのカリキュラムでは、有効的なヒーリング・チームの編成の方法、他の代替療法、医療関係者にどのようにブレナン・ヒーリング・サイエンスのワークについて伝え、コミュニケーションを取るかのついて話し合われます。

 

クラス内容:

  • プロとなる為の準備
  • グループ・スーパービジョン
  • 学生と教師のミーティング
  • コミュニティーの構築

 

 

つばき洞註:

※1

約10人の年間固定グループが作られ、これをスモール・クラスと言い、スモール・クラス・ティーチャーによってリードされます。

対して、学年全体のグループをラージ・クラスと言います。ラージ・クラスはイヤー・ディーン=学年主任によってリードされます。

 

スモール・クラス・ティーチャーをリーダーとして、学生が共有したいケースをグループ内で論じたり、ラージ・クラスでヒーラーとして独立した時に役立つ実習を行います。

 

グループ・スーパービジョンはグループ・プロセスに展開することが多いのでこのクラスもどきどき。

 

1学年は、イヤー・ディーン、スモールクラス・ティーチャー(生徒10人あたり1人くらい)と、場合によってはティーチャー・トレイニー(=ASBIW3で先生見習い)が生徒をサポートします。

引退したとはいえバーバラというカリスマがいて、シニアファカルティーのリサ、ローリー、ドナがいるけれども、

学年全体、スクール全体はあくまでも先生たちと事務局のメンバーそして生徒たちのチームワークによって運営されています。

 

誰か1人が「絶対神」になりにくいところがチームのいいところだと私は思っています。

 

 開催が決まっているイベントはこちらから↓どうぞ。

tsubakidoh.hatenablog.com