つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

異例

お正月2日からはこれで8年目!の新年祈祷奏楽をさせていただきました。

 

8年か・・・この8年の間に色々あったけど、あっという間でした。

この神社にお邪魔するようになったきっかけはとても不思議で、

それについてはこちらに↓ちら、と書きました。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、例年とは色々と異なる部分がありました。

例年は、ご祈祷は50分間隔と決まっていましたが、

今年はお申し込みがあり次第開始に変更。

拝殿に多くの方がお入りになるのを避けるためです。

 

境内の人出はいつもの4〜6割。

それでも警備員さんたちによって極力、人同士の間隔をとるように誘導がされます。

いつもは入場制限がかけられることもしばしばでしたが、今年はなかったかな?

それくらいに人出が少なかったということです。

 

人出が少なかった証拠に、いつもお昼をいただきに出かけるお店にすぐに入ることが出来たり、あるの種名物・神社周辺道路への路駐の群もぐっと少なかったです。

人が多くても少なくても、伶人のすることはそう変わらないのですが、人が少なければ疲労感は低め。

 

異例づくしのお正月でした。