つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

全員パス

前回のスクーリングが終わった時点で、

 

「あなたは卒業できないですよ」

 

と言われていた同級生は4人いました。

これはクラスの5分の1の人数に当たります。

f:id:tsubakidoh:20190626112627j:plain

そのうちの3人は今回のスクーリング直前にパスが決まって、

一人がno passのままスクーリングは始まりました。

 

3日目の今日、

残りの一人もpassが出て、

これで今学年は全員で卒業できます。

 

Year1の時点では40人ほどがいた学年のようですが今は19人にまで減りました。

Year2になるときに学校に大きな変化があって、

大量の先生が辞めると同時に生徒たちも離れていきました。

 

そのあとの2年間は校長のアン・ホイが架け橋になって、

そして今年度からはリサ、ローリー、ドナの3人ディーン体制になり、

昔からの先生たちも戻って来始めています。

 

オックスフォード校が出来、

来年度はYear1に限って、カリフォルニア州ニューヨーク州での開催が決まり、

新しくHOLワークショップリーダートレーニングが始まったり、

卒業生向けの臨床に特化したワークショップが開催されています。

 

昨日、今日と、授業の新しい試みとして、

レギュラーで習うヒーリングとは別のスキルを、そのワークショップ参加者とともに習いました。

 

先祖代々や文化として継承されてきたものをヒーリングするスキルと、

生きている人、亡くなった人との関係性を癒すコードヒーリングです。

 

どちらもとても興味深くてパワフルなヒーリングです。

 

f:id:tsubakidoh:20190626112605j:plain

私もYear2になるときに突然のスクール閉鎖を経験しているので、

今の同級生たちとは同じような不安や怒りを感じる期間を経験しました。

 

2年、3年の間にスクールを去った同級生や、

休学していまは3年生にいる同級生もあります。