つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

笙吹きが篳篥を持った時のつぶやき

先日は珍しく、篳篥でのお月次祭奏楽でした・・・2回目だね。

 

体調も良くなかった前回に比べれば、だいぶとマシだったのではないかと。

 

普段は笙を吹いているのでどうしても笙の音は気になります。

 

 

笙が上手ければ篳篥はとても楽に吹くことができるし、

むしろ普段よりも上手くなった気にさえなります。

 

逆の場合は・・・推して知るべしです。

 

個人的には雙調は涼しげに感じられるので夏はついつい、選んでしまいます。

 

 

 8月ご予約可能日です↓

tsubakidoh.hatenablog.com